スポーツ

「試合で勝てる」バレーボール戦術

「試合で勝てる」バレーボール戦術



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

「試合で勝てる」バレーボール戦術

■商品詳細:

バレーボールで初級から絶対優位に立ち、「試合で勝てる」バレーボール戦術

なぜ、バレーボール初心者の37歳主婦がわずか41分
で複雑な“攻撃パターン”を理解できたのか?

全国大会出場者を含む「東京バレーボールアカデミー」の
ノウハウを凝縮
バレーボールの指導者として延べ、1193人の愛好家を指導した実績

ゲームの中での“動き”に悩む選手・指導者のために
「勝てる」攻撃パターンとスパイク&サーブを全てDVDに収録

“1球目のミスが多い”“試合中の動きがわからない”
人でも上達できます。

■商品内容:

バレーボールで初級から絶対優位に立ち、「試合で勝てる」バレーボール戦術

■ジャンル:

スポーツ

■販売価格:

29800円

■販売者名:

株式会社トレンドアクア
★スポーツ☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑


[su_accordion]
[su_spoiler title=”「試合で勝てる」バレーボール戦術” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]
「試合で勝てる」バレーボール戦術
《ついに公開》バレーボールで初級から絶対優位に立ち、「試合で勝てる」バレーボール戦術
これは【初心者がバレーボールの戦術を理解】するために
最適なDVDになります。
個人技術は上達しても、試合になるとどう動いていいのか分からず、
なかなか勝てない選手は多いようです。
ですが、もう心配いりません。
このバレーボール戦術法があれば、今まで届かなかったボールが楽に拾えるようになり、
勝てなかったチームよりもワンランク上のチームにさえ勝てるようになるでしょう。
戦術でゾウをアリが倒すこともできます。
榎本剛 様  経歴:ジャパンクラブカップ出場ベスト16・新日本スポーツ全国大会出場
このDVDでは、バレーボールを知る・上達するということに
必要な要素が詰まっています。バレーボールはチームプレイが大事だと言われますが、そうは言っても個人の集まりです。
その個人個人がどう意識をして動くか、動けるかが勝負のカギとなります。
個人の動き方やプレーの質をあげることはもちろん大事ですし、基礎なくして応用はありません。応用にいきなり取り組んでも上手くいきません。
しかし、その先を見据えた基礎に取り組まなければ応用も生きません。
このDVDでは基礎(初級)からどうやってステップアップすれば良いか悩んでいる
プレーヤーの方には打って付けの内容だと思います。
長年バレーボールを毎日毎日取り組んだ人が、なんとなく実感していることが
全て分かりやすく解説されています。
バレーボールは個人の能力以上のものが発揮できる、
それによってゾウをアリが倒すこともできるスポーツです。
その面白さ、醍醐味を味わえる近道を通るような内容だと思います!
初めまして、東京バレーボールアカデミーの斎藤利です。
現在私は、バレーボールを教えてもらいたい人のために指導の場を広めるべく、多くの活動を行っております。
簡単に私がどのような事をやっているのかを紹介すると…
東京バレーボールアカデミー 代表一般社団法人バレーボール検定協会 代表理事
プロフェッショナル専門サイトのAll About (オールアバウト)に
バレーボール専門家として掲載中
全国でのバレーボール講演活動バレーボール指導者の派遣雑誌『熱中!バレー部!』に毎号連載中
産経ニュースサイト『イザ!』に『VIVA!バレーボールライフ!』を執筆
など、ジャンルは多岐にわたります。
今回私が、なぜこのページを立ち上げたのか?
それには理由が二つあります。
長年お世話になり続けたバレーボール業界への恩返し
私自身が下手くそプレーヤーで苦労した
身近な所に教えてもらえる場所がない
この三つの力が私の心の中で熱い思いを呼び起こし、こういった公の場でも情報を発信して行こうと思ったからです。
「基礎打ちやゲーム練習をしっかりやっているのに…」
「自分の実力は上がっているはずなのに…」
「一生懸命、チームの息が合うように努力をしているのに…」
なぜ、思ったように試合で勝てないのでしょうか?
なぜ、いつももう少しで届きそうなボールに届かないのでしょうか?
これは決して、あなただけの悩みではありません。
多くのプレーヤーが抱える悩みなのです。
私も、最初はあなたと同じように、ゲームのコンビネーションに悩むプレーヤーでした。
だからこそ、チームの息を合わせるにはどうすれば良いか、
これまでたくさんのことを試行錯誤してきました。
あなたも同じく、これまで色々と試されて来たことでしょう。
しかし、なかなか結果が出ないのがチームプレーの難しい所です。
何度体育館で基礎打ちやゲーム練習を繰り返してみても、
試合になるとお互いのポジショニングが噛み合わず、
空いたコートに打ち込まれて結局は負けてしまう。
また、年齢による体力の低下も、社会人プレーヤーには年々重くのしかかってきます。
いかに効率よく動くか・・・、みんな悩むことは同じです。
しかし、そんな悩みを知っているからこそ、私は今日、あなたにお伝えしなければならないことがあるのです。
正直に告白しますと…飛躍的に上達し、基礎を習得することが出来るようになったのは、
バレーボールを初めて10年以上経ってからのことでした。
大人になり、練習時間もあまり無い中で、機械工学が専門だった私は
力学的にバレーボールを考え、
力学的に自分で工夫して自主練習に取り組むようになり、
飛躍的に上達して強いチームに入り、全国大会に出場するまでなんとか達成したのです。
そのときに、欠かせなかった、とても重要なポイントがあります。
そして、あなたが今まで勝てなかったライバルチームに絶対に勝つために、
あなたのプレーを激変させるためのポイントでもあるのです。
一つ目のキーワード。それは、「サーブ」です。
もしここで「なんだサーブかよ」と思ったあなたは、
もしかして「サーブ」の大切さを、誤って理解しているのかもしれません。
サーブは単にゲームの一球目というだけでなく、
サーブ次第でその後のゲーム展開が決まってしまいます。
しかも当たり前のことですが、ボールが止まっている状態で打てるのは試合中、
サーブの時だけです。
それほど打つ側が有利なはずのサーブなのに、
私の運営するスクールに初めて来る生徒の9割以上が、
ほとんど、サーブの打ち方や習得方法の指導を受けたことがなく
知識も少ないことに驚くことが多いです。
二つ目はスパイクです。
「選手全員がこのスパイクをしていたら怖いですね。」
トップクラスの選手がそう言うこのスパイクをマスターすると、
一気に勝てるチームへと近づきます。
論理的、単純明快。ただ知ってやるだけ。
このDVDに詰め込まれているスパイクのポイントをマスターすれば、
それだけでスパイクの強いチームを作る事が出来ます。
つまり、これを見れば点の取りやすいチームが作れるという事です。
私が出会った生徒さんで飛躍的な成果を上げた方は何人もいます。
Nさんは、初めはなかなか上手くいかずに「自分にはバレーボールは向いてないのかな」
と思って挫折しそうになっていました。
そんなNさんに、私は「ある方法」を指導しはじめました。
以下はNさんから頂いたメッセージです。
斎藤さんの指導を受けて変化がありました。
きちんと意味を考えてバレーボールをするようになったのもこの頃からで、
「サーブやレシーブ」は単なるゲームの始まりではない・・・。
そこで1点取れることもあれば取られこともある、とても重要なストロークである、
ということを意識し始めるようになりました。
そして、”ゲームの開始から点を取りにいく試合”をするようになってからは、
徐々に試合に勝てるようになってきてバレーボールが段々と楽しくなっていきました。
当時は趣味でやっていたとはいえ、
やはり勝負事なので、勝つほどに嬉しくてどんどんバレーボールにのめり込んでいきました。
そして試合では徐々に頭角を現し、
始めて2年目にはついに念願だった地域大会で優勝することができたのです。
バレーボールの試合になると
本来の自分の実力が出せないまま地域大会の1回戦2回戦で
敗退してしまうこともしばしばでした。
ゲームが始まって最初のうちは
良いのですが、
5回以上ラリーが続くともうパニックです。
自分がどこに行けばいいのか?
ボールが飛んで来たからとりあえず返したけど、
その後、私はどう動けばいいの・・?
どんなポジションングをすればいいのか分からずに、
分からないから今度は足が止まってしまう・・。
そして、私が入るべきところに穴ができて、
そこに打ち込まれて・・・・ジ・エンド。
練習では上手くいくのに試合だとうまくいかない・・。
試合が本当に嫌いになりそうになりましたが、
それ以来、試合で勝つためにプロアマ問わずバレーボールのスペシャリスト達を
徹底的に研究し始めたのです。
今まで苦手意識があったので、あまり試合を
まじまじと研究することはなかったのですが、
プロの試合やアマでも上位の人達のプレーを見ていると、
今まで自分がうまく行かなかった理由がハッキリと分かり、
それと同時にどうすれば試合で勝てるかがおぼろげながら見えてきました。
「後衛にいた人が前衛に来るのはこういう意味があったのか。
そしてその時の、前衛の動きは・・・」と、
それまで全く理解しようとしなかった動きが徐々に分かってきたのです。
試合で研究の成果が現れて勝ち始めると、
バレーボールをやるのが楽しくて楽しくて仕方なくなりました。
徐々に試合で勝てるようになってきたある時、
試合中にうまくいった一つのプレーで何かがカチッと噛み合った音が聞こえました。
それは今まで何年掛けても解けなかった謎・・・
「バレーボールの動き」というパズルのピースが、全てハマって一気に謎が解けた瞬間だったのです。
私は宣言どおりに、地域大会で優勝することができました。
そして、バレーボール戦術の答えとは・・・
その答えはたった「ある攻撃パターン」にありました・・。
「攻撃パターン」と聞くと、いろいろな決め事を覚え切れなくて、
結局試合になると使えない、というプレーヤーが多いようですが・・・。
しかし、一見複雑な試合中の動きも「●●●●」を覚えれば簡単なんです。
これなら、誰でも分かりますし、
判断基準が単純なので、試合中にパニックになることもなくなりました。
Nさんの事例はいかがでしたでしょうか。
たしかに私も最初はそう思っていました。
このバレーボール戦術を多くの人に教える気もなかったですし、
この動きは長年真剣にバレーボールを研究して勉強してきた私だからこそできるんだ、
と本気で思っていました。
ですが、以前に初心者の中学生を個人指導する機会を持つようになってから、
事情は変わってきたのです。
当然そこでは、バレーボールの基礎から教えなければなりません。
私は自分が研究し試行錯誤を繰り返してきたバレーボールの戦術の極意を
生徒のレベルに合わせて徐々に教えていきました。
中には部活では上手くいかず移籍してきた生徒もいましたが、
「バレーボールの戦術をここまで分かりやすく説明してくれたのは
斎藤先生が初めてです」と嬉しいことも言ってもらいました。
そうこうしているうちに私の教え子の学校で選抜チームメンバーの
発表がありました。
経験者が大勢いるなかでは難しいと思っていましたが、
なんと40人いる中から、10人の選抜チームメンバーに私の生徒が
6人も選ばれたのです。
しかも、その内3人がレギュラーという私自身も驚くべき結果が
得られたのです。
彼らにはまだ基本的なパスとサーブ、
そしてスパイクしか教えていませんでした。
ただ、バレーボールの戦術については基礎打ちとは別メニューで
入会当時から教えていたので、攻撃パターンの意味を理解して、
なんとか動けるようにはなっていました。
初心者なので当然空振りやアウトなどは多いのですが、
追いつかなくてボールに届かない、ということは試合中に一度もありませんでした。
戦術ができるようになることの一番の利点は、
次のボールへの動きが速くなることにより、今まで打てなかったボールが打てるようになったり、
取れなかったボールが取れるようになって、攻撃のバリエーションが広がることなのです。
この初心者の彼らも、戦術の動きだけは身につけていたので、
ボールの落下点に素早く入り、打ち方はぎこちないまでも相手コートに返し続けました。
その結果、経験者が大勢いる中にも関わらず、
なんと!3人がレギュラーを獲得してしまったのです。
その時、嬉しさの中で私は確信しました。
バレーボールは戦術を覚えることで勝てる確率がグンっと上がるようになる、ということを。
考えてみると、以前私は
どう動いていいかが分からないので、
ボールの落下点に素早く入ることができないでいました。
すると相手からチャンスが返ってきても、下から拾いにいくことになってしまい、
逆に相手へのチャンスになってしまうなど、
ゲームの展開がドンドン不利になっていきました。
結局、打つ練習だけでは、動ける相手には勝てないということです。
そして、この考えの正しさはこの初心者の生徒を筆頭に、
その後次々と地域大会や市民大会で
勝ちあがっていった私の教え子達が証明してくれました。
それは同時に、この方法は私でなくても、誰でもできる方法だということも
証明してくれることになりました。
基礎打ちはもちろん大切ですが、どんなに基礎打ちがうまくなっても、
試合中はなかなか練習したフォームで打てることはありません。
それどころか、ボールの落下点に素早く入れなければ、
崩れた体制で打つしかなく、せっかく練習したフォームも無駄になってしまいます。
つまり、ここでも戦術を先に身につけるべき、
ということが証明されています。
私はよく生徒から「斎藤先生のフォームはきれい」と言われますが、
これは素早く落下点に入ることによって、余裕を持って打てているからだと思います。
いかがですか?
あなたも、戦術をマスターして
私や私の生徒のように試合で勝ちを量産したくはないですか?
今回の上達法は、初心者~中級者向けに開発された指導方法ですので、
あなたもその内容をすぐに理解できるはずです。
そして実際に、あなたがこの方法を実践することが出来れば…
落下点に早く到達できる。
ミスをしないようになる。
フォームが美しくなる。
バレーボールがもっと楽しくなり、もっと好きになる。
勝てなかったチームに勝てるようになる。
大会の上位に進めることが出来る。
上手い選手のやっている事を自分もできるようになる
1点を確実にもぎとるスパイクがマスターできる
選手たちの上達が目に見えてわかる
選手たちが楽しんで練習に取り組むようになる
周りの指導者たちから、指導法を聞かれる
選手一人ひとり持っている運動能力を引き出せる
など、色々なメリットを手に入れる事でしょう。
あなたが今まで戦術のことで悩んでいたことの答えを
この上達法ならすべて答えることができるでしょう。
本来であれば、このバレーボール戦術は、私が指導者として所属する
東京バレーボールアカデミーのレッスンを受けなければ手に入りません。
もし、あなたに時間的な余裕があり、また、東京のスクールに通える距離に住んでいるのであれば
直接通って頂く事がベストです。
しかし、実際にお仕事の都合や住んでいる場所の都合により、
通いたくても通えない方が多いと思われます。
場所が遠ければその分、交通費も時間もかかりますし…
誰もが通えるわけではないと言う事は、私も分かっています。
そこで、私が教え子に教えているバレーボールで勝つための戦術を
今回 すべての【勝てる戦術】を分かりやすく、DVD5枚:320分に収録しました。
あなたは今回紹介した私が研究し自分と生徒が結果を実証したバレーボールの必勝法を、
もっとも分かりやすい動画で手に入れることができるのです。
それでは、そのDVDの中身の一部を御覧ください・・・
練習も「試合も」一定して”得点できる”
スパイクをわずか9分で理解させ、
バンバン力強い打球を打たせる方法
アタッカーには、ブロックをかわしたい、強い打球を打ちたい、決定率を上げたい
という三大欲があります。しかし、同時にそれらを妨げる要因もあります。
それは、「つっこみすぎてしまう」、「肘が下がる」、「手首がかえらない」という三大悪です。
これらの要因を解決して、アタッカーの三大欲を実現するのが、
東京バレーボールアカデミー流スパイク理論です。
東京バレーボールアカデミー流スパイク理論を詰め込んだこのDVDを見ることで、
ドライブが、かかるスパイクへ
確実にとらえるスイングをマスターすることによって、力強いスパイクを打てるようになります。
スムーズなスイングできる!
スイングをスムーズにすることで結果は大きくかわります。
その違いをお話します。
スパイクを打ち分けるレベルを上げる!
上位にいくほどスパイクのパターンは多彩です。様々な打ち分けかたをすることで
ブロックで、あなたを止めるのは難しくなります。
スパイクでつっこみすぎた場合の修正方法
スパイクの助走の位置はどうするか?歩数はどうするか?
など、自己修正するためのポイントを教えます。
どうやったらブロックがかわせるのか
オープンスパイクでは通常2枚つくブロックをどうやったら1枚にできるのか?
助走を極める
どんなトスでも上手く入れる助走を覚えることが重要です。
低いトスなら、こうゆう風に助走をとる。
高いトスなら、こうゆう風に助走をとる。
それぞれのパターンについてわかりやすく説明します。 
また、上手い人は、自分の助走だけでブロッカーを一人ふることもできます。
その方法についてもお話します。
なお、これらはDVDの中に詰め込まれている情報のほんの一部です!
圧倒的に勝つための戦術とは・・・
前半はどう攻撃するのか?後半はどう攻撃するのか?
攻撃パターンは、どう組み合わせたらよいか?
効果的な組み合わせ方を中心にお話します。
どうやって楽に点をとるか?
駆け引きが大切です。
例えば、序盤に強打のスパイクをブロックに当ててもよいから2、3本
打って、そうゆう選手だと思わせてから、効果的な戦術を組み当てるのも効果的です。
その方法をお話します。
コンビ攻撃の極め方
コンビ攻撃は、サーブカットからの攻撃と、レシーブからの攻撃の2パターンしかありません。
コンビを有効に使えるかで勝率は大幅に変わってきます。
1回失った流れを取り戻す方法
誰が中心となってサインを出すのか決めておくのが重要です。
例えば、センタープレーヤーがAとBとCを打てる場合、センターがAと出したら、それに合わせて前衛が自分のもっているスパイクの中から、どうゆう風に組み合わせるか考えてサインを出します。
それを見てセッターがOK、NGの判断をします。
こういったところをサーブカットからの練習では徹底してやるのが、重要です。
レシーブからの攻撃を確実にマスターする
レシーブからの攻撃は、チャンスボールからの攻撃と、相手がスパイクを打ってきたときの2パターンです。
相手がスパイクを打ってきたときは、大抵くずれているので、チャンスボールからの攻撃をしっかり練習するのが大事です。
相手の行動を逆算して考える。
自分たちの戦術に対して、相手のブロッカーが、どう動くのかを考えば、実はブロック陣営を簡単に突破できます。具体的な考え方をお話します。
Aクイックとレフトの組み合わせが駄目な理由とは?
Aクイックを覚えただけでは、もちろん勝つことはできません。
覚えたAクイックを一番有効に使う方法を教えます。
Aセミを覚えるのが有効な理由とは・・・
このときにも、相手のブロッカーがどう動くのか考えます。
ブロッカーをかわす、勝てる戦術が身につくのと、
考えることで、答えが自然とわかる方法をお教えします。
序盤にクイックを見せておくのが有効な場合とは?
どんな攻撃パターンのときはクイックが有効か?
どんな攻撃パターンのときはクイックが無効か?
無駄な攻撃にならない効率的な方法をお教えします。
AクイックとCセミで得点を量産する方法とは?
得点を量産にするには、鉄板の攻撃パターンをもつことも重要です。
AクイックとCセミの具体的な効果的方法をお話します。
Bクイックとレフトの組み合わせが効果的な理由とは?
Bクイックを効果的に使うためにはレフトが有効です。
事例を交えてお話します。
絶対的なエースがいる場合は、そのエースをどういかすか?
エースへボールが集まる問題点は、後半に得点ができなくなることです。
攻撃パターンを読まれてしまいますし、エースも疲れて成功率も下がってしまうからです。
エースの活かし方を知ってください。
対戦相手の特徴を素早く知るためには?
対戦相手の特徴を知ることは勝利において必ず役に立ちます。
相手がどうゆうミスが多いのか?どんな攻撃パターンが得意か?
チェックするポイントお話します。
自分のチームに流れをよぶ方法
何より、自分のチームのペースをつくるのが大切です。
試合が終わったあとに、相手のチームに合わせてしまった・・・
相手のペースに巻き込まれてしまった・・・
と思ったことはありませんか?
ガンガン打ってくるチームはよいけど、
ゆっくりしたチームはやだなあ・・・
具体的な解決方法をお話します。
サーブスエースで大量得点するには?
一番は誰を、狙うかが重要になってきます。
一番は、カットインミスが多い選手を狙うことです。
それ以外にも、カットインミスが多い選手をカバーしようとしている選手の逆側を狙うことも効果的です。
意識がカバーに向かっていますので、決まりやすいです。
また、スパイクをミスしたばかりの選手を狙うのも効果的です。
メンタルが弱い選手ですと、普段できることが、できなくなっている可能性が高いです。
その他にもポイントを解説します。
チャンスボールを相手に返すポイントとは?
普通に返したのでは、もちろん良くありません。
一番の狙い目は、セッターが一歩、後ろに動いて移動しなければ
とれないところを狙うことです。場合によってはピンチをチャンスにかえることもできます。
フォーメーションを研究する
相手のフォーメーションとどうやって1試合を戦うか考えるのも重要です。
具体的な考え方をお話します。
ワンランク上の練習をするには?
スパイクレシーブの避け方を身に付ける
スパイクレシーブをした後の動きは、とても重要です。次のプレーを予測して移動するのと、しないのでは、上達の差が格段に広がります。
クイックアタックをブロックする練習とは?
クイックアタックをブロックするには、先に飛んでおくか、上がってから飛ぶかしかありません。
リードブロックとコミットブロックの練習方法についてお話します。
イン、アウトのジャッジの精度を上げる練習法とは?
まず、誰が扱うべきボールなのかをジャッジをすることと、見えない部分を伝えてあげる練習をするのが重要です。最も効率的な練習方法とは?
レシーブの技術を上げる練習とは?
更にレシーブ力を上げるには、アタッカーの手を見て反応する能力を上げるか、腰を落とすしかありません。
重心が後ろにいっていた場合の理由を考えることで答えは見えてきます。
これはこのDVDのほんの一部にすぎません。
その内容の多さと濃さに驚かれましたか?
でも大丈夫です。
あなたが想像しているような面倒なことは一切ありません。
あなたはこの全てを身につける必要はありません。
一度、DVD全体に目を通して頂き、
あなたが自分の、もしくは自分のチームの弱点だと思うところを
集中してトレーニングするだけで、効果はすぐに出てきます。
そうすると、今まで気にしていなかった、
初球から絶対有利になる為のサーブとスパイクを打てるようになり、
どうしても穴ができてそこを突かれていたのが、自然と体が動き、
今までとは逆にゲームをコントロールできるようになることでしょう。
そしてあなたは自分のレベルアップに喜びを感じることができるようになります。
私の理論は、サーブ、攻撃パターンともに、
長年研究し社会人として下手くそプレーヤーから全国大会に出場した経験を基に私の技術を、
実際に初級者、中級者に教えながら構築してきたものです。
おそらくあなたは、今まで試合で勝つためには、
攻撃パターンとは名ばかりの窮屈な役割分担と、
基礎打ちを繰り返すことで精度を高めることが勝利への道、
というイメージを持っていたかもしれません。
ですが、実際には役割どおりの試合展開になるのはまれですし、
基礎打ちの時のようにキレイなフォームで打つためには、
前提として早めのポジショニングがなければ「絵に描いた餅」になってしまいます。
このDVDの内容は、もしあなたが伸び悩んでいるならば、
ぜひ今すぐ取り組んで頂きたい内容です。
バレーボールをプレーし、勝つことで得られる喜びを、
このDVDなら楽しみながら手に入れることができます。
そしてあなたは、このDVDを手に入れる事により、
プレー時はもちろんバレーボールに携わる中で、このような上達を実感できます。
緊張せずにサーブが打てるようになります。
レシーブは常に相手が嫌がる場所に落とせるようになります。
最短の動きで理想のポジションに素早く移動できるようになります。
チームメートと息を合わせようとしなくても、自然にお互いのやるべきことが理解できるようになります。
前衛が苦手、後衛にいてもどう動いていいのか分からないなど苦手意識を持っていたことが信じられなくなります。
ポイント取得率が着実にアップします。
自分がミスをしていつも迷惑を掛けてしまうという後ろめたさがなくなります。
今まで勝てなかったチームとの実力差は全く感じなくなります。
バレーボールスクールやサークルに通う楽しさが倍増します。
バレーボール仲間から一目置かれる存在になれます。
今までのレベルからもうワンランク、ツーランク上のレベルで
バレーボールをプレーすることができることで、
さらにバレーボールの奥深さを楽しむ事が出来るようになります。
今までまったく勝てる気がしなかった上位チームに勝てるようになります。
生涯の趣味として、バレーボールを楽しむことが出来るようになります。
しかも勝つ楽しみを常に味わいながら。
いかがでしょうか?
思いつくだけでもこれだけの喜びを得ることができるようになります。
あなたはこのDVDに収録されている技術を実践する事により、
「技術がないから・・・」
「動けないから・・・」
「才能がないんだよ・・・」
という状態でも、今よりもワンランクもツーランクも上を目指す事ができるのです。
そして、あなたが悩んでいた試合で勝てない悩みを、
最短コースでかつ、楽しみながら解決する事が出来るのです。
想像するだけで、ワクワクしてきませんか?
DVDは合計で5枚あります。
このDVDは本来、制作費を考えたら、37,800円でお渡ししなければなりません。
ですが、今回私がこのDVDの作成を決意したのは試合の勝ち方で悩む全国のバレーボールを愛するプレーヤー達の「勝ちたい」「うまくなりたい」という強い気持ちにお応えするためです。
そこで、今回のDVDセットは可能な限りプライスダウンをして29,800円でお譲りすることに致しました。
これは【初心者がバレーボールの戦術を理解】するために
最適なDVDになります。
※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
●お電話でのお申し込みはこちら
(電話注文は営業時間 平日9:00 ~ 18:00 )
当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
効果には個人差があります。
※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい 。※当商品は、お客様都合による返金は一切認められませんので、ご了承くださいませ。
<発送について>
〇注文確定日の翌営業日に神奈川県から発送致します。
 (日曜、祝日、夏季休暇および年末年始を除く)
 お届けまでの日数は、発送後2日から4日です。
 (一部地域を除く)
〇配送はクロネコDM便です。
 ポストに投函・配達となります。
 発送方法の変更はできません。
 予めご了承ください。
〇申し込み集中につき、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
 その場合は順次発送となります。
さらに今ならこちらの追加特典を差し上げます。
お時間の都合がつけば私の開催するスクールにも来てください。
DVDだけでも十分にわかる内容になっていますが、分からない部分を直接
聞いてもよいですし、他の練習をしても結構です。
※1回60分のスクールに無料招待になります。場所は都内体育館です。
今回ご購入いただく皆様へ
当会の方針は教材を購入して頂いて終わりではなく、ここからが始まりです。
私は別にDVDは販売したい訳ではありません。
バレーボールの上達や指導法でお困りの方を手助けしたいのです。
なので、これをご縁に出来る限りの協力をさせて頂きます。
DVDを御覧・実践になって不明な点、練習法、お悩みなど、
ご相談をお受けいたします。
サポート期間:ご購入日から90日以内
サポート回数制限:無制限
サポートの利用方法:購入後にご案内いたします。
※メールのみのサポートとなります。
SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
●お電話でのお申し込みはこちら
バレーボール初級者ですが、本当に上達できますか?
可能です。むしろ変な癖がつく前に、この技術指導を受けられるという事は、私からみてとてもうらやましい事です。
なぜなら、あなたは私がしたような余計な回り道をせず、上達できるからです。
ラケットすら握った事のない全くの初心者でなければ、どのレベルの選手であっても着実に上達できる内容です。
中級者でも役に立つ内容になっていますか?
どこからどこまでが中級者かという疑問もありますが、もしあなたが今、壁にぶつかっている、うまく勝てない、というならこのバレーボール戦術DVDはきっとあなたのお役に立てるでしょう。
あなたがどこで行き詰っているのか、そしてどうすればそれは解消できるのか、その答えを明確に示し、ワンステージ上でのプレーが可能になるでしょう。
バレーボールの経験の無い私でも選手に指導出来ますか?
指導出来ます。もちろん指導者様の努力は必要になりますが、練習に熱心な方であれば、DVDを何度か見て頂いて、練習も重ねて頂ければスムーズな指導が可能になります。
今回のDVDはそういった指導経験の無い方にも向けて作られていますので、安心してご参加ください。
教えられたことは。すぐに取り組む事が出来ますか?
もちろんすぐに取り組めます。このDVDに収録されている上達法を実践するのに時間は必要ありません。DVDを見ながら、すぐにでも始める事ができます。
教材はいつ届きますか?
発送に関しまして、発送日から4日から8日でのお届け予定となります。
(※ただし、日曜祝日は除きます。)
わからない事があれば、どうすればいいですか?
ご連絡下さい。販売事務局というサポート体制を整えております。
指導者として経験した事を交えて親身にお答えいたしておりますので、是非ご活用下さい。
お問い合わせ方法はメールのみ(回数無制限・90日以内)となります。
本当に生徒は上達しますか?
スパイクの安定しなかった選手が、わずか数分で力強いスパイクが出来るようになっています。
これはスイングを指導した事によるものですが、同じようにサーブレシーブ、攻撃パターンもレベルが上達するように作られています。
実質、全国レベルの上達の要素が詰まっているとお考え下さい。
これは【初心者がバレーボールの戦術を理解】するために
最適なDVDになります。
SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
●お電話でのお申し込みはこちら
このDVDパッケージは、全国大会出場者を含むプロ指導集団「東京バレーボールアカデミー」の
圧倒的に勝てる、スパイク・攻撃パターンの全てを、まとめにしたパッケージです。
全国で勝利を収めてきた選手のノウハウを聞ける機会は中々ないものですが、
このDVDパッケージを利用することで24時間、DVDプレーヤーとテレビさえあれば、
あなたの好きな場所とタイミングで見る事ができます。
スパイクをマスターするためには、ここにポイントを置く。
…というように様々なシーンでメソッドを活用することが出来ます。
選手の方は、もちろん役に立ちます。
更に、今まで指導をされた経験がない指導者様も、この教え方をご覧いただければ、
「どのように教えれば選手が理解できるか」が瞬時に理解できます。
指導法の違いを実感してください。
少しずつチームが変わり始める事に気付くはずです。
選手の将来を変える可能性すらも秘めているこのDVDです。
「明日でいいや」
「今は忙しい」
「今日も練習で疲れたから…」
などとは言わずに、無くなってしまう前にまずはご覧頂きたいのです。
DVDを手にしてリモコン片手に見てみて欲しいのです。
お疲れでしたら10分単位でも構いません。
今すぐ、実践できる内容です。今日から1週間。そこで学んだことを普段の練習に追加するだけでもチームの機動力は大きく変わってきます。
そうやってこのDVDを使って欲しいと思っています。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ここまで読まれているあなたはバレーボール選手・指導者としてすごく熱心な方なのだと思います。
様々な指導書を読んだりした経験があるかもしれませんが、
生で1000人以上の生徒を指導し続けてきた指導者の指導法はそれとは一線をかきます。
「事実を述べる」
これはとても簡単で、誰にもできることです。
例えばスパイクの3大悪。
「つっこみすぎてしまう」、「肘が下がる」、「手首がかえらない」
これをただ単に、「つっこみすぎるな!」、「肘を下げるな!」、「手首をかえせ!」と
言ってしまうのは、正しい事でもありますが、間違ったことでもあります。
上手い監督は、
「どういう風に伝えれば選手が自然と理解できるか?」
「どういう風に伝えれば、体が自然と動くか?」
これを日々考え選手に指導をしています。
その「教え方」をあなたも知ることができます。
そしてそれを使ったとき、選手一人ひとりがどのように成長していくか・・・
ここまで本当に長い間お付き合い頂きましたが、
あなたのバレーボールチームが大きな成果を残し、
「優勝できました!」「フォームが治りました!」「スパイク力が上がりました!」
などの連絡をいただける事を心待ちにしています。
それでは最後になりますが、ありがとうございました。
東京バレーボールアカデミー代表
一般社団法人 バレーボール検定協会 代表理事   斎藤利
特定商取引法に基づく表示
Copyright © 東京バレーボールアカデミー監修 「試合で勝てる」バレーボール戦術 All Rights Reserved.
[/su_spoiler]
[/su_accordion]
[su_accordion]
[su_spoiler title=”「試合で勝てる」バレーボール戦術” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]
バレーボールのスパイクについて質問です。自分は今中学二年生で身長が163で最高到達点が2m70cmです。ジャンプ力は65ほどです。僕の通っている学校の部活では二年生が25人いて、スパイク練習の時は二番目くらいにスパイクが上手いと顧問の先生に言われました。そのスパイク練習だけだったら一番上手い人と並べるかなくらいなのですが、試合になると打てることは打てるのですが、いいスパイクが打てません。練習ほどのは試合では打てないのは知っています。しかし、もうすこしできると思うのでアドバイスよろしくお願いします。ちなみに試合中はブロックがいないものとしてアドバイスお願いします。ブロックがいた時のアドバイスもなるべくならほしいですが泣。
練習で打てて試合で上手く打てない原因というのはミートが悪いから。ドライブ回転が少ないためにブロックがいたりトスが離れたりすると安定したスパイクが打てないからです。練習の時はドライブ回転が少なくても自由に下に打ち付けることが出来る。従って練習の時は1番上手い人と同等に打てているように思うのです。なのでこれから練習すべき事はブロックのかわし方云々ではなくミートとドライブをしっかりする事となる。ボールに強い回転が掛かればスパイクは直線的ではなく弧を描いてボールが落ちるのでどのコースへ打っても安定してコート内に入るようになる。逆にこれが出来ていないとボールは直線的にしか飛ばないので打点と打ちつける角度によってボールの落下点が限定されてしまう。つまり離れたトスやブロックがいる場合などは余程良い条件がそろわないと強いスパイクは打てない。要は今の君の状態という事です。なので再度言いますが、ミートとドライブの強化が必須です。これさえしっかりできる様になれば自在にスパイクを操れるようになります。これは1流アタッカーの条件でもありますので是非意識してものにしてください。元、Vリーグコーチ
バレーボールのスパイクで質問です。最近、本格的にライトスパイクを打ち始めたのですが、レフトスパイクと違いトスが低いのでタイミングが取りづらくボールと体の位置関係が分かりません。うまく打てる打ち方を教えてください。今は身長は175センチあって、右利きです。最高到達点は285センチくらいです。補足高校一年の男子です。部活でバレーボールをしています。
右利きの人には慣れないとどうしてもライトからのスパイクは難しく感じてしまいます。ですが、助走の切り込み方でもかなり改善できます。つまりコースに打ち分けたりするときのように、セッターから広く開いてサイドラインから出るくらいの場所から切り込めば、右利きの人でもクロス方向へスパイクが打ちやすくなります。トスに対する助走の切り込み角度はとても重要です。大きく開けば相手からのチャンスボールをダイレクトで打つ状態と近くなるわけですから当然打ちやすいです。逆にセンター側から助走して切り込む時は、自分がレフトでスパイクを打つ時と同じように考えると打ちやすいです。レフトでスパイクを打つ時と同じように、ただボールの落下地点に合わせて切り込みます。そうすると、ストレート方向に打ちやすいはずです。しかし、切り込み方でコースを限定されていてはなかなか通用しなくもなります。なので慣れてきたらどの切り込み方だとしてもどのコースにでも打ち分けることができるように練習することが大切です。・・・ライトからの強烈なストレート方向へのスパイクはかなり効果的なので極めてください。
バレーボールのカットについて中2女子バレーボール部員です。今日練習試合がありました。そのとき、サーブカットやスパイクカットが全く上がりませんでした。構えが高くて低いボールを取れなかったり、足が追いつかなかったりしています。しかし、私は右膝に脱臼癖があるため、膝をしっかり使うことが出来ていません。それに、元々下手なのでひどい状態です。どうしたら上達するでしょうか?サーブカット、スパイクカット、チャンスカットなど、それぞれについて教えて頂けると嬉しいです。たくさんの回答お願いします補足そもそも、膝をあまりもしくは全く使わずキレイにボールをセッターに上げることは可能なのでしょうか?もし可能ならば、詳細に教えて頂きたいです。
おなじくバレー部です。膝を壊すとほんとバレーするの大変ですよね!結論から言って膝を使わないでカットするのは、難しいとおもいます。膝はボールの勢いを弱くしたり、落下点に入る動作を支えたりしてるので。私もそんなにレシーブ上手くないかもしれませんが、私が意識しているのはレセプションは腕を早く組みすぎないで、ボールが来たところにスッと腕を出して面をつくる。最短ルートで腕を持ってく!というイメージです?普段の練習で意識的にやってます。またジャンプサーブとか縦回転のかかったボールのときは気持ち腕を引く感じでやると綺麗に上がります。ディグはスパイカーの打つ癖を分析していくことも大切だと思います。コースの見極めというやつです。技術面では、なんというか説明しにくいので、ユーチューブで「自然体バレー愛華サンバ」や「自然体バレーカタリナサンバ」といれれば参考になる動画が出てきますよ!じゃ、お互いに部活頑張りましょう(^^)/膝、お大事に?
バレーのスパイクについてです。中学の三年間はセッターをやり続け、そして現在高校1年でバレー部に入って23ヵ月がたつわけですが、バレーボール部の顧問が対人のドライブをかけるのが上手いということから僕をセッターからスパイカーに変えました。そして早速、今日スパイク練習をしたのですが案の定、アウトネットの連発…。入ってもひょろひょろのものばかり。ネットからはある程度、手はでているので技術さえあれば打てるはずなのですが。中学の三年間は全くスパイクの練習をしていないわけですからスパイクに関しては初心者とそう大差ないのです。地上ではドライブをかけれても空中になると…。そこで、改めてスパイクの打ち方などを確認したいのです!ポイントや「自分はこれが原因でスパイクが打てず、ここを直したら打てるようになった」などあったら是非お願いします。補足みなさん心強い回答ありがとうございました!「セッターはセンスがあるからすぐに上達する」という、優しい言葉をかけてくれた方もいたのでやる気もでてきました!頑張って打てるようになりたいと思います。ありがとうございました
地上と空中の一番の違いは、分かると思いますが「自分が落ちている」という点です。アウトやひょろひょろはボールの芯を捕らえられていない(ボールの下を叩いている)、ネットにかかるのは逆に意識しすぎか、トスが高い=落下速度が速い=自分で思ったよりボールが下に行くという現象なのでは?あまりボールが落ちてこない、平行やセミ気味のトスの方が打ちやすいこともあるかも知れません。そこで感覚を掴んで、少しずつ高いトスに慣れていくのもよいのでは?
中2になったばかりの、バレー部女子です。矛盾していますが、部活に行くのが嫌です。でも、楽しく部活をやりたいです。私が部活に行きたくない理由は、三つあって、1バレーボールができない。2喘息持ちですぐに苦しくなってしまう。3すぐに怪我をしてしまう。なにか治ったら、必ずまた怪我をします。私もできる限りやめたくないです。楽しく、みんなとバレーボールをやりたいです。そして、私はバレーが下手ですが、うまくなって、大嫌いな顧問を見返してやりたいです!そして、私は目が悪いのにも関わらず、親がコンタクトを買ってくれません。それで、ボールは見えるっちゃ、見えるのですが、読めません。私の先輩は全員優しいのですが、ほとんどが目が悪く、コンタクトをしていています。1年生の時にレギュラーに出ていた、素人の先輩も相手の行動をちゃんと読んでるから、レギュラーなんだと思います。でも、私はサーブカットとスパイクカットが嫌で、怖いです。どうしても目をつぶってしまったり、弾いてしまったり、オーバーをして、突き指をしてしまったりします……。ボールの落下点がわからないので、尚更です。怪我については、腰の疲労骨折、突き指10~15回(すべて練習で、怪我をしすぎてあまり出ていません。)、複雑骨折?手術をして2ヵ月半で完治。現在も突き指をしています。特に相手の読みのコツ、サーブカット、スパイクカットの時、セッターにうまく返すコツ、スリーメンの時の相手の読み、について、アドバイスをもらいたいです。私は必死で、部活をやりたいです。喧嘩を売る、下手だと嘲笑うようなコメントはお断りしていますが、バレーボールのことについて、まだまだ甘い!などのコメントはお待ちしております!アドバイス、コメントをお願いします!長文失礼しました。
カテゴリマスターバレーボールは楽しいですよね。私も大好きで50歳の今でも筋トレしながら続けています。しかしながら、どんなに有能なプレーヤーでも怪我が多いと実力を発揮できません。どうして怪我するのか?下手だから?いやそうじゃない。おそらく練習への望み方に問題があるんじゃないかな。例えば突き指をしたときどうして突き指してしまったのか・・・ボールに触れる瞬間の感覚を思い出して考えて欲しい。飛んできたボールが誰がどんな強さで打ってきたものなのか、そのボールをオーバーで上げるには何が必要なのか。視力の問題もあるようだから判断が困難かもしれないけど、怪我するにはきっとそれ相応のわけがある。そのわけを知ることで次は怪我をしないような工夫が出来る。痛い思いをタダでしてたらもったいないと思います。問題は視力や喘息だとおもいがちだけど、そこはある程度はしょうがない。でも考え直す余地はありそうです。体力つけるのは自主トレでもできるし、けがをしない工夫ももう少し出来ないかな?技術的なことではレシーブは本来次のプレーヤーが上げやすいボールを運ぶことなので、運びたい方向にレシーブ面を向けること。レシーブ面とは両手を組んだ時にできる三角形の面のことです。あとは、飛んできたボールの強さに応じて力加減を調節する。レシーブは予測が大切です。予測は相手の動作や流れから状況判断するしかないので慣れが必要です。でもほとんどが予測はずれとなり逆をつかれることが多いので、逆をつかれたときにいかに挽回できるかがポイントです。ツーメン・スリーメンもその逆をつかれた時の練習だと思ってやってみてはどうだろうか。まずは練習前の準備運動・アップをしっかりやること。関節・筋肉を温めてから練習する。帰宅して入浴後、体の筋肉を伸ばすストレッチ・柔軟をやることで体のケアをする。これを続けてみて欲しい。とにかく体が資本です。自分の身体は自分で守ってください。

[/su_spoiler]
[/su_accordion]