先物取引その他

【日経225ライド・ザ・トレンド】

【日経225ライド・ザ・トレンド】



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

【日経225ライド・ザ・トレンド】

■商品詳細:

プロの戦略―最大利益を生み出す『新規注文・利益確定・損切り』のルールを完全マスター
・流れを掴み、トレンドに乗りさえすれば、利益は誰でも出せる

■商品内容:

【日経225ライド・ザ・トレンド】はプロの戦略で日経225先物を攻略、利益を追求するマニュアルです

■ジャンル:

先物取引その他

■販売価格:

19800円

■販売者名:

株式会社グロースアドバイザーズ
★先物取引その他☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

【日経225ライド・ザ・トレンド】
日経225ライド・ザ・トレンド/投資顧問会社グロースアドバイザーズ
プロのアプローチを武器に利益を生む〝波〟に乗れ。
日経225ライド・ザ・トレンド
「プロの戦略」――最大利益を生み出す新規注文・利益確定・損切りのルールを完全マスターする
『日経225先物』で勝てる《9つの習慣》を無料でマスター!!
「勝ち組225トレーダーが必ずチェックしている」 《9つの習慣》(25ページレポート)を無料プレゼント中!
ご入力のメールアドレス宛に送信!
無料購読
「日経225mini」の登場によって、個人投資家にも親しみやすい存在となった日経225先物取引ですが、取引ルールがシンプルで簡単なため、現物株中心の一般投資家の間でも人気の高い商品です。加えて、
日経平均という、あくまでも"平均値の指数取引"であるため、予期せぬ倒産・上場廃止などの不安なし!
現物株と違って「企業に投資するものではなく、銘柄選びが不要」なため、特別な専門知識がなくてもOK!
2016年6月19日より、大阪証券取引所が「ナイト・セッション」として取引時間を5時30分まで延長!(従来は3時00分まで)
こうしたことも背景に、新たな個人投資家の大量参入が実現しただけでなく、大規模な資金を安定運用する機関投資家たちからも熱い視線が注がれています。加えて、特筆すべきは後者のイブニング・セッション改め、『ナイト・セッション』の時間延長。これまで昼間に先物取引を行えなかった一般サラリーマンたちの「夜間参戦」が、期待されていた以上の大反響!
今、日経225先物取引は、注目の『儲かる市場』なのです!!
先物という言葉からは、「何となく敷居が高い」「素人が手を出しても失敗する」「とにかくハイリスク」「中身を知り尽くした投資家しか勝てない」といった、マイナス要素を思い浮かべる投資家の方が大半ではないでしょうか。実際、先物取引全般においては、確かにこうしたイメージを払拭することはできません。しかし、こと『日経225先物』に関してならば、半分正解、半分不正解といえます。
『日経225先物』は超高額の資金を運用するディーラーからは根強い人気のある投資商品です。その大きな理由は、
予測不能な乱高下が極めて少ないこと。
安定した資金運用が容易なため、100億規模の大口運用に向いている。
先物だけでなく、現物株と連動させてのW収益効果が高く期待できる。
中でも、1.と3.については、特に強調すべき点だと私は思います。投資の世界では、何をするにしてもトレンドを正しく見極めることが必要不可欠。上げなのか、下げなのか、天井なのか、底なのか……。こうしたトレンドを掴むにあたって、『日経225先物』はある意味、現物取引以上に分かりやすい構造となっているのです。そして、一度構築されたトレンドは多少の違いはあれど、比較的安定した動きを続けた後、ある特定の時点で転換――。これは、今も昔も変わらない、揺るぎない"特徴"なのです。だからこそ、
冒頭に挙げた「半分正解、半分不正解」とは、こうした真実があるからこそ――。正しい知識で臨めば決して「ハイリスク」ではありませんし、中身も外見も複雑ではないので「敷居が高い」こともありません。ただし、緻密に計画・計算した上で利益を出すので、マグレ狙いの何も知らない「素人が手を出しても必ず失敗」します。その上で、トレンドを含め全てを知り尽くした「本物の投資家だけが勝てる」のです。
本書『日経225ライド・ザ・トレンド』には、プロが実際の現場で駆使している投資手法から、自身の利益を最大限に膨らませる錬金術、さらには文字通り、トレンドの乗り方・掴み方が詳細に描かれています。これから『日経225先物』を始めたいと思っている方、すでに始めているものの結果を残せていない方におかれましては、是非一度本書をご覧になって、今後の実りある投資生活に向けてお役に立つことができれば幸いです。
『投資家にとって最高の商品』とは――。プロアマ問わず、投資の世界で長い間生き抜いていくには、何が必要だと思いますか? 「儲けること」――当然ですよね。では、あなたは"儲け"以外に何を求めていますか?
「投資家として生涯生きていく」ということは、決して簡単なことではありません。いかなる時代・時世においても、常に収益を上げ続けなければならないのです。言い訳などできません。だからこそ、儲け続けるためには「ラクすること」が必要なのです。
そこで浮上するのが日経225先物なのです。
注目すべきは『日経平均株価』のみ! 通常の株取引と違って銘柄選択が一切不要!!
手間も時間も大幅削減、シンプルだからこそ『ラク』に投資生活をエンジョイできます!
下落相場における猛スピードの垂直大暴落は莫大収益のチャンス!
指数先物は「売り」からでもOK! だから一発大儲けのチャンスは2倍!!
日経225miniなら6万円?10万円の証拠金だけで、取引額は日経平均の100倍!
投資も100倍、利益も100倍、少額資金でも『100倍ラク』に超絶大儲け!!手間も時間も大幅削減、シンプルだからこそ『手軽』に投資生活をエンジョイできます!
上げなら「買い」、下げなら「売り」――唯一無二の攻略法はコレだけ!
トレンドに乗るだけで、あとはどんなに手抜きをしても勝手に儲かります!!
たとえ儲かるといっても、そのシステムが複雑であったり、手間や時間がかかったり、あるいは高額な資金を用意しなければならないとなると、それを続けていくのは大変なことです。誰だって、「キツイ思いをして儲ける」よりも「ラクして儲ける」方がいいに決まっています。
もちろん、それは一般の個人投資家だけでなく、日々膨大な資金を運用するプロディーラーにとっても同様。むしろ投資に限った話ではなく、ダイエットにしても・スポーツにしても・禁煙にしても、何事においても「ラク」なくして長続きすることはできませんよね。
10万円でも全然勝てる! テコの原理で、一日も早く独身貧乏を卒業します!!
地元で販売業をしていますが、正直給料は多くありません。だからこそ、副収入というか、もう一つの収入源を求めて、投資の世界に入りました。で、先物を始めたのは同い年の友人が証券マンで、『日経225miniなら金持ちじゃなくても勝てる』と言われたことがきっかけです。
最初にビックリしたのは、そのレバレッジですね。10万ぐらいしか用意できなかったのに、実際には100万円以上の取引ができるとは思ってもいませんでした。もちろん、取引額が10倍になれば、利益も10倍、損失も10倍になることもその時初めて知ったんですが、これなら貯金ゼロのオレでもガッチリ儲けられると、一気にヤル気が沸き出しました!
しかし、すぐに収益が上がったわけではありません。
最初は負けっ放しで、ヤル気も資金も徐々になくなっていきました……。
そんな時出会ったのが「日経225ライド・ザ・トレンド」です。
これに出会ってから、だんだん勝率も上がるようになり、ヤル気も回復してきました(笑)。今では月に平均10万円ぐらい(の利益)ですかね。それでも、給料の3割近い額ですから、贅沢はいえません。
ちなみに、計上した利益の半分くらいはそのまま証拠金口座に残して積み立てています。今後も投資規模をどんどん拡大していこうと考えていますので、毎日が本当に楽しいです。やがては、『10万円から飛び出した1億円プレイヤー!』なんて言われてみたいですね(笑)。
全てにおいてシンプル・イズ・ベスト! この黄金コンビ、最高です!!
昔からモノ覚えが悪くて、特にスポーツのルールとかを覚えるのは本当に苦手でした。なので、投資の世界で私が求めたのは、とにかく簡単で、誰にでもできるような分かりやすいノウハウがあるコト。
そんな中、この『ライド・ザ・トレンド』と『日経225先物』を勧められたんです。やることは至って簡単、ノウハウに沿って相場を確認し、相場に従って買い(または売り)を入れるだけ。あとは、定められたポイントで手仕舞いすればいいとのことだけなので、二つ返事でチャレンジしてみることにしました。
『日経225先物』とは何か? そんなもの、当時も今も全く興味ありません(笑)。
私にとって投資で必要なのは、シンプルで・分かりやすくて・自分の手を煩わせないこと。つまりは、私をイライラさせずに、ソコソコ安定した利益を出してくれればOKなんです。『日経225先物』と『ライド・ザ・トレンド』のコンビは、私にとってまさに最高の相棒。これからも末永く付き合っていきたいですね。
外国為替よりも有利!? 下落相場で大勝ちするのがたまりません!
30過ぎたあたりから外国為替をやっていますが、円安よりも円高に振れる時のスピードが速いのは皆さんもご存知だと思います。で、同様に『日経225先物』でも上げ(値上がり)よりも下げ(値下がり)の方がより急激に動くと、自ら経験することで初めて分かりました。ただ、先物にはスワップ(ポイント)がないので、為替よりも有利ではないでしょうか。
為替では円売りから入ると、日々の金利差(スワップポイント)を支払わなければならないので、心理的に『損した感覚』を持っていました。一方、先物では売りから入っても、買いから入るときと対等の関係。日々代償を払わずに、大儲け(大暴落)のチャンスを窺えるのはいいですよね。
もちろん、上げ相場でも儲けるために、トレンドに見合った投資を心掛けていますが、個人的にはやっぱり下げ(相場)で大きく稼ぐ方が気に入っています。まぁ、一番の理想はトレンド転換点をちゃんと見極められて、上げでも下げでも両方キッチリ儲けることですがね
先物取引とは思えない簡単ルール、高額資金の安定運用、専門知識不要、取引時間拡大――。何から何までイイことずくめだけに、これなら何だか、初心者でも簡単に儲けられそうですよね。
あなたも日経225先物、今やってみたいと思いませんでした?
『ちょっと待ってください!』
多くの投資家に対して敷居が低くなったことは間違いないものの、だからといって素人でも簡単に儲けられるワケではありません。先述したように、日経225先物市場は個人投資家が増えたことにより、市場規模は大幅に拡大しています。言い換えれば、何も知らない「カモ(一般投資家)」が「ネギ(投資金)」を背負ってウロウロしているワケです。こんな状況、プロの証券ディーラーが黙って見過ごしていると思いますか?
酷な言い方ですが、欲と希望に満ち溢れていた「カモ」の方々は、ほぼ100%ボコボコに打ちのめされた「惨敗」を味わったことでしょう。仮に利益を出せたとしても、投資期間が短いための一過性のものか、マグレでたまたま少しだけ儲かったかのどちらかだと断言できます。理由は簡単、トレンドを知り尽くしたプロディーラーたちが、彼らの貴重な資金を簡単に奪い取っているからです。
見せ玉・見せ板・ショートの売り・ショートカバーなどで毎月SQでの獲得利益1億円超!
急躍進する日経225先物市場で、現物市場における年間運用益50億円をついに突破!!
四半期収益2億円をクリアしたことで現物株限定の大口顧客を説得、投資枠拡大に成功!!
命懸けで投資を行う兜町の証券ディーラーにとって、ある意味、日経225先物は現物取引以上の"エサ場"。現物との"二刀流"を巧みに使いこなすことが、プロ投資家としての一種のステータスともいえるでしょう。
では、こんな危険な日経225先物取引なんて、やっぱり個人投資家はやらない方がいいのでしょうか?
数ある証券銘柄の専門知識もいらず、市場のトレンド(流れ)に乗れば上げ(相場)でも下げ(相場)でも簡単に儲けられ、その上少額資金でも十分なリターンが狙える『日経225先物』。ここまでお伝えしたことは全て事実であり、証券関係者であれば誰もが認識している常識です。こうした巨大なるメリットが嘘や偽りではないからこそ、年々取引量は右肩上がり、取引参加者も総取引額も増え続けているのです。
あなたの想像している通り、『日経225先物』は極めて有益で投資効果に優れた逸材です!
とはいえ、こうしたメリットの数々は、当然プロディーラーも熟知しています。特に、ここ数年は取引される資金量が急激に増えていることからも、一流の大口機関投資家たちが巨額マネーの運用先としてこの『日経225先物』を抜擢したといえます。
全てを知り尽くしたヘッジファンドやプロディーラーが大いに闊歩する先物市場です。だからこそ、何も知らない一般投資家が勝ち続けることはまず「至難の業」。しかし、目の前にある数々のメリット、手を伸ばせば届きそうな巨額の利益を、みすみす逃がすのももったいない……。
投資家なんですから、そう思うのも当然です。では、どうすれば健全なあなたの欲求を満たすことができるか考えてみましょう。まず、ここまで兜町にアジトを構えるプロの強さ、億単位の資金を転がす機関投資家の恐ろしさを説明してきました。もちろん、これらは事実であり、ヘタに対抗しようものなら、徹底的に喰い潰されて投資の世界から叩き出されるのがオチです。ですが、だからといって、プロじゃないと勝てないワケではありません。言い換えれば、プロだから絶対に勝てるというワケでもありません。勝つには、勝つための"理由"があるのです。ですから、全ての一般投資家が、勝てないワケではありません!
負ける投資家がいるということは、それだけ勝つ投資家もいるのが市場の鉄則。素人個人投資家の多くが負け、豊富な資金力にモノを言わせた外資や、百戦錬磨の一流ディーラーが勝ち続ける――。となれば、その「勝ち組」であるプロと同じ「戦法(投資手法)」を取ることができれば、個人投資家といえども絶対的な"利益"を上げられる可能性はありますよね。
今さらですが、日経225先物が急激な値動きをしない金融商品というのは、あなたもご存知ですよね。一流の225銘柄が持つ安定性に加え、値幅制限・サーキットブレーカーなどの安全弁も完備。市場全体の大まかな流れさえ把握していれば、先物取引とは思えないほどローリスクで、長期的に安定して収益を上げられるワケです。つまり、日経225先物取引において、勝つ投資家はいつでも例外なく市場のトレンド(流れ)を掴んでいます!
ちなみに、投資の世界ではしばしば「トレンドに乗る」という言葉が出てきますが、「トレンドに乗る=順張り」ではありません。「トレンドに乗る」ことができれば、短期であれ、長期であれ、順張り、逆張り、どちらでも着実に利益を出すことができるのです。
では、『日経225先物』で大いなる勝ちを掴むための「トレンドに乗る」には、どうすればいいでしょうか? 過去の事例を徹底的に研究する? 無数の指標・チャート分析を駆使して判断する? 証券関係者と友達になる? あるいは、あなた自身に隠された第六感を信じてみる?
いいえ、そんなことをしても時間と努力のムダです。何をやったとしても100%の信頼を得ることなどできませんし、仮に一時的な利益につながったとしても、根本的な解決にはなりません。
はたして、『日経225ライド・ザ・トレンド』には何が描かれているのか……。その詳細は、後ほどタップリお話しするとして、その前に「トレンドに乗ることが本当に重要なのか?」、簡単なシミュレーションをやってみましょう。これが現実の世界で実際にあったとして、あなたなら、どうやって儲けてみせますか――?
「トレンドに乗れば本当に儲けられるのか?」――その答えを探すべく、図の期間についてちょっと検証してみましょう。早速ですが、あなたならこの状況、どのように売買すれば一番多くの利益を生み出せると思いますか――。
「トレンドに乗ることが本当に重要なのか?」シミュレーションチャート
1日目 10000円(A)
2日目 9800円(B)
3日目 9700円(C)
4日目 9500円(D)
5日目 9900円(E)
6日目 10000円(F)
7日目 10200円(G)
8日目 10500円(H)
9日目 11000円(I)
10日目 10600円(J)
もちろん、正解は(A)を売りで入って(D)で買い戻し。さらには(D)で買って(I)で売り抜け。そして最後に、その(I)で"ドテン売り"して直後の(J)で買い戻し……。こうすれば、(A→D)500円+(D→I)1500円+(I→J)400円でトータル2400円の利ザヤを稼げますよね。これが、いわゆる『最大利益』。他のどのタイミングで売買したとしても、これ以上の利益を上げることはできませんよね。
「そんな夢物語、できるワケないだろ。不可能だ!」と思いませんでした? そう、普通に考えれば不可能です。ましてや、予測不能な突発的ニュース1つで株価がフラフラするような現物株などでは、絶対にできない夢物語でしょう。ですが、前にもお伝えしたとおり、『日経225先物』は予期せぬ大騰落の少ない安定商品であり、取引量が多いため不可解な値動きも連発することもありません。「今週末まで上げ」「明日が売りのピーク」などと、一定の予測を立てることが可能なのです。言い換えれば、自らの予測通りにその後のチャートが動いていく――それこそが「トレンドに乗る」ということであり、トレンドに乗り切った投資家だけが、文句ナシの"最大利益"を掴めるのです!
とはいえ、ここで重要なのは、トータル2400円の"最大利益"を計上することが難しいということだけではなく、それ以上に"負ける"確率が極めて高いということです。というのも、(A)の時点で仕掛けていれば、(B)(C)(D)(E)のどこで買い戻しても利益が発生し、最悪(F)まで持ち続けたとしても損益は±0。ですが、この時点で手仕舞いをしておかないと、その後の (G)(H)(I)(J)では、どこで売り抜けても損失を被ってしまいますよね。(チャートを参照する)
ちなみに、最も悲惨なケースもご紹介しましょう。まず最初、不運にも値上がりするだろうと(A)で買い、底を打った(D)で泣く泣く売った挙句、下げ相場だと勘違いして(D)で新たに売り。そして、そこから続く上げ相場を恐怖に怯え続けた結果、(I)で限界MAXのロスカット。ついには……って、もう十分ですよね(苦笑)。"最大利益"とは正反対であるトータル2400円の"最大赤字"。このケースだって、十分に起こりうる最悪の事態であり、誰だろうと例外なく陥る可能性はゼロではありません。つまり、トレンドを見誤れば、どんな投資家でも確実に奈落の赤字へ転落するのです!
さて、"最大利益""最大赤字"と両極端のパターンを取り上げました。あなたは、どちらのパターンがいいですか? などと馬鹿らしい質問はしませんが、ここで補足を一つ。これらはあくまでも仮の世界で起きたシミュレーションですが、マグレや偶然、ましてや「運が悪かっただけ」などとは絶対に思ってはいけません。
現実の世界において、概ね"最大利益"を掴むのはプロディーラー、そして"最大赤字"を被るのは個人投資家、それも経験の浅い初心者になる傾向がありますが、これらは単に経験、知識、資金量でプロディーラーが優れているからではありません。「トレンド」を把握したプロが、市場の流れに従っただけで自然と利益を叩き出し、「トレンド」を把握できなかった個人投資家が、負けるべくして"勝手に負けた"のです。
それでは、先ほどの例題に戻ります。一連の値動きは「(A)から下げ相場で、(D)で底値を打ち、(I)まで上げ相場、そして(J)まで急直下の下げ」というトレンドです。このトレンドに確実に乗ることができれば、"最大利益"2400円をゲット。一方で、(C)が底値だと判断した場合、(A)→(C)=300円、(C)→(I)=1300円となり、トータル1600円のプラスとなります。さらには、(I)ではなく(J)が天井だと判断した場合だと、(A)→(C)=300円、(C)→(J)=900円で、トータル利益は1200円となってしまいます。(チャートを参照する)
トレンドに乗り、その転換点をも素早く掴むことで、儲かる確率も、儲けの金額も爆発的に変わります!
このように、投資をする上でトレンドを正確に把握することがどれだけ大切で、必要不可欠で、それでいて大変難しいことであるか、お分かりいただけたと思います。もちろん、未来のことなど誰にも分かりませんので、神様でもない限り100%いつでもトレンドに乗ることなど出来ません。どんなに凄腕の超一流ディーラーであっても、100戦100勝で確実に"最大利益"を掴むことなど不可能です。
ただ、確実に言えることは、一流のプロとタダの個人投資家との間ではトレンドの読み方も、どれだけ"最大利益"に近い利益を上げているのかも、天文学的な開きがあるということです。それこそ、ベテランの腕利き気象予報士と、何も知らない素人の一般人が空模様だけで天気を予想するようなもの。どちらが正しい結果を出し続けられるかなど、もうお分かりですよね。
現在、トレード手法としては個人の裁量で行う「裁量トレード」と、裁量を一切排除し、システムに従った「システムトレード」の2つに大別されています。システムトレードには「安定性」という長所があるものの、運用に足るシステムを構築するためには膨大な時間とデータ量が必要になるのが最大の欠点です。
もう一方の裁量トレードは、知識と経験をもとに投資決定を行います。経験に裏打ちされた「技術」がベースとなりますから、経験があるほど有利となり、そうなると初心者には裁量トレードは難しいという結論になってしまいます。
では、プロの証券ディーラーはどのような手法でトレードを行っているのでしょうか……?
通常、一般の個人投資家は本業の仕事と掛け持ちで投資を行っている方も多いため、手軽に利益を上げられるよう、簡素化されたシステムトレードを行う方が多いものです。一方、莫大な資金を運用する証券ディーラーはというと、システムトレードと裁量トレード双方の欠点を補いつつ、シストレの長所と裁量トレードの長所を"いいとこ取り"。いわば、「システム」でも「裁量」でもない、いかなるトレンドにも対応できる「バランストレード」!
資金も、経験も、時間も豊富なプロの投資家にとって、どちらか1つのトレード手法に固定するメリットはありません。結果を残しているほとんどのディーラーは、あらゆる戦略を織り交ぜた上で、自分のスタイルに最も合致した、簡単に着実に利益を生み出すトレード手法を構築しています。
それでも、トレンドを完全に手の内に入れるということは、プロディーラーにとっても簡単なコトではありません。特に、潮目が大きく入れ替わるトレンド転換点を的確に予測できるのは、プロの世界でも一握りともいわれています。中には、トレンド転換点が近いと判断した時点で取引を中止し、トレンドが替わったと確信してから勝負を再開するディーラーも少なくありません。
テクニカル指標、チャートパターンからトレンドを把握し、利益計上のためのあらゆる「仕掛け」を放つ。その上で、トレンドが入れ替わるタイミングを狙って、最大限の"限界利益"を叩き出す――。プロの世界においても、「トレンドの転換点」を的確に掴めるかどうかが、いわば「プロの一流ディーラー」か「ニセモノディーラー」の境界線ともいえるでしょう。
【日経225ライド・ザ・トレンド】は日経225先物を対象とした投資ノウハウです。それは市場において圧倒的アドバンテージを有するプロのディーラーに臆することなく、トレンドに乗り利益を積み重ねていくことを目指すものです。
【日経225ライド・ザ・トレンド】ではその「プロの戦略」――最大利益を生み出す、新規注文・利益確定・損切りのルールを完全マスターしていただきます。
理想の投資商品を目の前に、"栄光の利益"を上げるか? それとも"プロの餌食"となるのか? その鍵は一歩を踏み出す、あなたのほんの少しの勇気です。【日経225ライド・ザ・トレンド】はあなたの勇気にお応えします。
【商品購入方法】
商品はオンライン及び電話でのご購入が可能です。
【日経225ライド・ザ・トレンド】をオンライン注文する
【日経225ライド・ザ・トレンド】を電話注文する
商品はデジタルコンテンツ(主にPDF)または冊子形式の2とおりから選べます。■デジタルコンテンツ(PDF)版:98ページ ■冊子版:98ページデジタルコンテンツ形式は、ご入金の確認が取れ次第、インターネット経由でダウンロードしていただき、閲覧が可能です。冊子形式はご入金の確認後、ご登録住所に送付いたします。手数料3,000円を販売代金に加えてご負担いただきます。上記リンク先でご希望の方を選択してください。
【お支払い方法】
以上の方法のお支払いが可能です。
本文、当商品は、投資の参考となる情報の提供を目的としております。投資にあたっての意志決定、判断は、あくまでもご自身の責任でお願いします。情報の内容に関して万全を期しておりますが、これを保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねます。当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。株式等有価証券の取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。株式等有価証券の取引には取引業者の売買手数料がかかります。
日経225ライド・ザ・トレンド
発行者株式会社グロースアドバイザーズ 関東財務局長(金商)第2117号
価格19,800円(冊子版は22,800円・ともに税込)
媒体
pdfデータ及び冊子(各98ページ)
URL
http://www.kabutomato.jp/(「株とまと」グロースアドバイザーズ株式情報サイト)
ご購入日経225ライド・ザ・トレンド商品詳細
商品お届けについて
【ダウンロード版の場合】決済確認後すぐにpdfデータのダウンロードが可能になります。
【冊子版の場合】決済確認日から5営業日以内に発送いたします。
【ご注意】以下の場合は、お届けにお時間をいただくことがありますのでご了承ください。お届け先の入力内容に確認が生じた場合ご注文が混み合っている場合年末年始、ゴールデンウィーク、夏期休業など休業日が続く場合
『日経225先物』で勝てる《9つの習慣》を無料でマスター!!
「勝ち組225トレーダーが必ずチェックしている」 《9つの習慣》(25ページレポート)を無料プレゼント中!
ご入力のメールアドレス宛に送信!
無料購読
『日経225ライド・ザ・トレンド』をご購入いただく皆様は、本質的に株式にご興味がおありである、または実際に株式投資を行っているという方々ばかりだと思います。
そのような個人投資家、そして投資家予備軍のために、資産運用をサポートするための各種特典をご用意しました。
発行元の当社、株式会社グロースアドバイザーズ注目の銘柄について、5銘柄以上を推奨理由と共に無料公開いたします。ご購入後、2営業日以内に当社から「銘柄公開webページ」のアドレス、閲覧のためのログインID・パスワードをメールにてお送りします。
プロのアナリストが分析した市況ニュースをお届けします。特に、国内外の政策決定に対する市場への分析については定評があります。明日の注目セクタも随時配信。個人投資家必見のメールマガジンとなっています。
何から何まで知らないことばかり、これまでの基準が180度変わりました!
現物市場で少しでも有利な状況に立ちたいと思ったのが(日経225先物を始めた)きっかけですが、当時は先物について深く考えてはいませんでした。何というか、自分の"勘"みたいなものでトレンドを予測していたぐらいですから。そもそも、現物でしっかり利益を上げられるのであれば、先物で多少失敗してもいいと簡単に思っていたので……。
そんなんじゃ、成功するワケありませんよね。
結果、天井付近で高値を掴まされたり、底値で売り払ったりと、投資成績は散々。頼みの現物市場にも大した影響を与えることができずに、失敗を重ね続けていました。そんな中、出会ったのがこの『日経225ライド・ザ・トレンド』。これを見た瞬間、納得しましたよ。
今までの自分は負けて当たり前だったんだ、と。
市場のトレンド、儲けるために必要なノウハウについて、自分は全くもって何も知らなかったんだと、愕然としました。ホント、今までの自分が恐ろしくなりましたよ。もちろん、これまでの失敗で損失を抱えていたワケですが、むしろこの程度の失敗で済んで幸せだと感じたぐらいです。
きっと、世の中にはまだ昔の自分と同じ投資家の方々がたくさんいると思います。悪いことは言いませんから、一度は絶対にこれを見ておくべきです。投資をする上での姿勢というか、考える基準が180度変わりますから。ちなみに、先物で勝てるようになってから、現物でもかなり勝てるようになりました!
待ってるだけでは勝てません、『負けないこと』が大事なんです!
投資をしている人なら誰でも経験していることでしょうが、自分の予想が外れることは当たり前ですよね。私もその一人で、これまで半分以上は市場と正反対の投資をしてきたと思います。でも、このマニュアルを見て救われたというか、目の前が明るくなりました。
100%勝たなくてもいい、『大負けしないこと』が大事なんです。
以前、先物取引をやり始めたぐらいの時に、こんなことがありました。しばらく上げ相場になるだろうと12000円で買い注文を入れたものの、相場のトレンドは不運にも下げ相場。しばらく11000円台前半でもみ合っていたんですが、その時はまだ、待っていれば、そのうち回復する……と勝手に思い込んでいたんです。
その後、自身の期待とは裏腹に、価格は回復することなく、下に抜けてしまいました。そして、さらに悪いことに、私は多額の損失確定を嫌ったがために、完全に損切りのタイミングを逃がしてしまい……。最終的に、『もうこれが限界』という10000円でジ・エンド。最初のもみ合いの段階で損切りしていれば数十万円、下に抜けた直後でも100万円程度の損失で済んでいたのに、結局は200万の大損となってしまいました。
100%読みが当たることはあり得ません。ただ、先物で勝つためには、トレンドに乗ることが必要不可欠です。それ以前に、市場全体の大きなトレンドにムキになって反発してはいけません。今でこそ過去の教訓として、この大失態を乗り越えることができましたが、出来れば……もっと早く、この本に巡り会いたかったですね(苦笑)
『投資の神様』がくれた、奇跡の"最大利益"に感動しました!!
『日経225ライド・ザ・トレンド』に出会うまでは、現物市場しか経験していなかったので、期待半分・不安半分の気持ちで先物取引を始めました。もちろん、このマニュアルが私の背中を押してくれたんですが、まさか、生涯初めて『月収1000万円』を超えるとは……。
この歳になって初めて知る事実もたくさんありましたが、とにかくこのマニュアルに従って買いのチャンスをずっと見極めていました。今でも鮮明に覚えています。株価が6910円まで下がった時に買い注文を入れたところ、予想通り株価は反発。その後も順調に値上がりを維持し、あとは売却するタイミングだけをずっと窺っていました。
そして、忘れもしません。買い注文から約半年後、10740円で売る決断を下しました。利益は3830円。この三ヶ月足らずで、3000万を超える収益を獲得できたんです。もちろん、この結果に不満などありません。ただ、それ以上に私が感動したのは、6910円で買って以来、売り抜けるまで一度も6910円を下回らなかったんです!!
今から思えば、あの瞬間がトレンドの"転換点"だったんですね。後にも先にも、こんな100点満点の"最大利益"を上げられたことはありません。もしかしたら、50年近く現物株で頑張ってきた私に、投資の神様がご褒美をくれたのかもしれません(笑)。
もうこんな歳ですから、十分すぎるぐらいの儲けをいただきました。現状に何一つ不満はありませんが、今でも趣味みたいな感じで日々のチャートをチェック。もう一度、あの奇跡を味わえたら幸せだなぁ……と充実した毎日を過ごしています
さて、プロにはプロの「バランストレード」がありますが、当然ながら個人投資家にそのテクニックを要求することはできません。何せ、「裁量トレード」において最も重要な「経験」が決定的に不足しているワケですから、うかつに体得しようとしても大ケガをするだけでしょう。
医学書を読んでも、医者にはなれません。ルールを覚えたからといって、プロ野球選手にはなれません。投資のプロフェッショナルも他業種と同様、多かれ少なかれ「経験」を積んだ上で一流の投資家となりえているのです。年齢・肩書き・血筋が限りなく同じであっても、プロと一般市民は決定的に違います。しかし、一般の個人投資家が、プロディーラーに100%勝てないワケではありません!
本書には、「システムトレード」の観点から珠玉の「プロのアプローチ」が凝縮されています。テクニカル指標などに潜む、「誰にでも判断できる利益直結サイン」を見逃すことなくチェックすることで、可能な限りプロに近づくことができるのです。
新規注文・利益確定・損切りの全てを明確に定義づけし、どなたでも実践できるようにマニュアル化してあります。重要なのは、本書をマスターすることで日経225先物におけるルール、トレンドの流れを覚えること。その上で、日々のトレードに邁進することです。
本書で培った自慢の獲物を操り、無数の投資経験を積むことで、名実ともにプロのディーラーへと変貌を遂げてください。そうすれば、自ずと相場のトレンドを知り、トレンドを把握し、トレンド転換点すらも、手に取るように判断することができるでしょう。
「あなたが持っているダイヤモンド、今なら100万円で買い取ります」
突然ですが、あなたと簡単な心理ゲームをしましょう。今、あなたの手元には1カラットの素敵なダイヤモンドがあります。そのダイヤを、地元の質屋さんは市場価格の100万円で買い取りたいと言ってきましたが、同時に「明日になると買い取り額は80万円になります」とも付け加えてきました。
さぁ、どうしましょうか? 全く同じダイヤがたったの1日で20万円も値下がりするようです。となれば、あなたの選ぶ選択肢は2つ。「今すぐ100万円で売る」か「明日以降も売却せずにしばらく持ち続けて様子を見る」のどちらかになるでしょう。では、
「明日以降は在庫が大幅に増えますので、今週中の買い取り限度額は80万円になります。来週は、それよりもっと下がるかもしれません」
こうなると、あなたの頭には「今すぐ100万円で売却する」選択肢しかなくなると思います。「1円でも多く儲けたい」「たった1円でも損したくない」というのが人間の"性"ですから、こうした反応は実に本能的で常識的なものといえるでしょう。
ダイヤモンドを100万円で売却する――。一般的には、この選択肢がベターな決断でしょう。では、一般的な個人投資家とは違うプロディーラーなら、どうすると思いますか? 答えは、「明日まで待って、ダイヤモンドを大量に買う」です。
実は、このゲームで重要な点は、「来週は、それよりもっと下がるかもしれません」という質屋さんのコメントにあります。質屋さんは「下がるかもしれない」と言っただけで、「絶対に値下がりする」とは一言も言っていません。言い換えれば、「値下がりしないかもしれない」のです。
さらにもう一つ、ダイヤモンドの価格変動にも注目してみてください。100万円の価値が1日で80万円になったからといって、1週間後に70万、さらには60万円になると思いますか? ちなみに、ダイヤモンドは現物資産。株券や先物手形などと違って倒産・不渡りの不安もなく、その資産価値がゼロになることは絶対にありません。その点から見ても、たったの1週間で4割も価値が下がり続けるなんて、現実的ではありませんよね。
今よりもっと値下がりする"かもしれない"、今すぐ売らないと損する"かもしれない"という心理的なプレッシャーは、想像以上に強力な影響力を持っています。じっくり考えれば余裕があるハズなのに、いつの間にか『今のうちに行動しないと』という不安が芽生え、やがて『絶対にしなければならない』という危機感が脳裏を支配する――。
投資家にとって、一瞬でも不安を抱くと『可能性』が『絶対』になってしまいます!
投資の世界で生き続けるプロディーラーたちは、そうした投資家心理をガッチリ手の内に入れています。不安に駆られた個人投資家が衝動的に行動するのを待ってから、大量の資金を投じて行動に移ります。先のゲームにおいても、80万円以下に下がったところで膨大な買いを入れれば、市場原理に従って「需要が増える=値上がりする」ことになるでしょう。つまり、ココを境に"上昇トレンド"が生まれるのです。
プロディーラーが動くだけで、トレンドが変わる――。信じられない方も多いでしょうが、これが相場における"常識"。超大口機関投資家、外資系巨大ファンド、大物証券ディーラーたちは、それこそ毎日のように10億・100億単位の大金を動かしています。正直、個人投資家何百人・いや何千人分もの影響力を持っているワケですから、文字通り彼らが動けば相場も動いてしまいます。だからこそ、彼らが『相場の支配者』と呼ばれているのです。
もちろん、表立って公認されているワケではありません。市場操作は犯罪行為ですし、そもそも日々膨大な取引が行われている相場を綿密にコントロールすることなどできるハズがありません。しかし、そのあまりにも強大な"力(資金)"を誇示する彼らからすれば、意図していようといまいと、相場は勝手に動いてしまうのです。そして、相場が動けば、それに関わる投資家もまた、動かざるを得ないのです。
あなたが投資を行っているのは、儲けるためです。それと同時に、いやそれ以上に、損をしたくないですよね。100万円の価値が80万円に目減りすると分かっていれば、最低でも100万円を獲っておきたいハズです。さらに、今よりもっと損をすると思ってしまえば、その気持ちはより強固なものとなるに違いありません。
『日経225先物』は、世界に冠たるすばらしい商品です。流動性があり、ボラティリティもある。コストも安く、ネット上ではリアルタイムに情報も見られます。銘柄選びに悩む必要も無く、余計な不安や労力を費やすこともありません。日経225先物の値動きだけに集中していればいいのです。
まるで「儲けてください」と言わんばかりのメリットが凝縮された、珠玉の商品が目の前にあるのです。
ライブドアショックで現物の新興市場で失敗し、新興市場から現物株の信用取引に手を出して、サブプライムローン問題で失敗し……という投資の「負け組」が数多く存在します。そして、その「負け組」となった方々は、"自己責任"という一言で社会から突き放されてしまいました。残念ながら、それを否定することはできません。しかし、「市場で負けたのならば、別の市場で取り返す」――その場所が、『日経225先物』です!
日経225先物はゼロサムのゲームです。勝っている人がいれば、それに見合うだけの負けている人がいるのも事実。その上、勝つ投資家は勝つべくして勝ち、負ける投資家は負けるべくして負ける……さらに言えば、トレンドに乗れば勝ち、乗れないから負けるのです。
運も偶然も、遠慮もいりません。トレンドを掴み、ただひたすらに勝ち続けましょう。
多くのプロディーラーは『日経225先物』で大きな利益を上げています。ただし、それはプロだからではありません。この世界、プロにはプロの事情もあり、時には"勝ち"を目前としながらも、あえてそれを手放すこともあるのです。
トレンドに乗って自由自在に売買可能、あなたにしかない『武器』を最大限に活かすのです!
プロディーラーにはない"武器"を持って勝負ができる環境、それもまた個人投資家の方々に『日経225先物』を勧める理由でもあります。機関投資家の縛られたポジションのなかをうまく泳いで、漁夫の利を得るのです。
繰り返しますが、『日経225先物』は究極かつ理想の投資商品です。味わい、吟味し、堪能して、どうか栄光の勝利を掴んでください。そして、最後に余計なお世話だと知りつつ、一言添えさせていただきます。
【日経225ライド・ザ・トレンド】はこちらから入手できます
【日経225ライド・ザ・トレンド】をオンライン注文する
【日経225ライド・ザ・トレンド】を電話注文する
日経225ライド・ザ・トレンド
発行者株式会社グロースアドバイザーズ 関東財務局長(金商)第2117号
価格19,800円(冊子版は22,800円・ともに税込)
媒体pdfデータ及び冊子(各98ページ)
URL
http://www.kabutomato.jp/(「株とまと」グロースアドバイザーズ株式情報サイト)
ご購入日経225ライド・ザ・トレンド商品詳細
商品お届けについて
【ダウンロード版の場合】決済確認後すぐにpdfデータのダウンロードが可能になります。
【冊子版の場合】決済確認日から5営業日以内に発送いたします。
【ご注意】以下の場合は、お届けにお時間をいただくことがありますのでご了承ください。お届け先の入力内容に確認が生じた場合ご注文が混み合っている場合年末年始、ゴールデンウィーク、夏期休業など休業日が続く場合
『日経225先物』で勝てる《9つの習慣》を無料でマスター!!
「勝ち組225トレーダーが必ずチェックしている」 《9つの習慣》(25ページレポート)を無料プレゼント中!
ご入力のメールアドレス宛に送信!
無料購読
【日経225ライド・ザ・トレンド】トップ
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
ご利用規約
有価証券等にはリスクがあります
「株とまと」は、株式会社グロースアドバイザーズが運営する株式情報サイトです。
Copyright©GrowthAdvisorsAllRightsReserved.
日経225ライド・ザ・トレンドご紹介メニュー
ページトップ
『日経225先物』の勝ち方
プロディーラー公認!『日経225先物』だけの究極の[儲]ポイント4ヶ条!!
日経225ライド・ザ・トレンドとは?
システムトレード&裁量トレードの組み合わせがベスト!
「プロのアプローチ」と「正しい投資経験」で誰でもトレンドは掴み取れる!!
『日経225先物』で勝てる《9つの習慣》を無料でマスター!!
ご購入詳細を見る
特別価格で提供中!
商品概要・購入手続き
【日経225ライド・ザ・トレンド】
ダウ理論のトレンド崩壊後についてダウ理論を勉強しています。トレンド崩壊後の判断で一つ分からないことがあります。画像の黒◯で囲っている部分は下降トレンドですか?よく分からなかったのが、☆の部分で下降トレンドが終了した後、その流れで上昇トレンドに入りたければ、青◯から一旦下げた後青◯の戻り高値を上に更新し押し安値としなければならないと思うのですが、下降トレンドに入りたい場合も赤◯の押し安値を下に更新し戻り高値としなければならないのでしょうか?例えば、この画像で下降トレンドが終わった後、仮に上昇トレンドが一旦できていれば、その後下降トレンドに行きたい場合はその時にできた押し安値を下に更新し戻り高値とする必要があると思うのですが、今回のようにトレンドができていない(できていないで当たってますよね?)場合はどのように判断するのでしょうか?分かりにくいとおもいますがよろしくお願いいたします。
とても素晴らしい質問ですね。☆の部分で下降トレンドが終了した後、その流れで上昇トレンドに入りたければ、青◯から一旦下げた後青◯の戻り高値を上に更新し押し安値としなければならないと思うのですが↑その通りです。青丸は戻り高値ではありませんが、上昇トレンドへ移行する認識は合っています。下降トレンドに入りたい場合も赤◯の押し安値を下に更新し戻り高値としなければならないのでしょうか?↑これは違います。まず赤丸は押し安値ではありません。どうやら質問者さんは押し安値、戻り高値の認識が間違っているようです。押し安値、戻り高値というのは後付けで、あくまでもトレンドの中にあります。トレンド発生もしくはトレンド継続中に直近の高値または安値を更新するきっかけになった魅力ある価格が押し安値、戻り高値となる訳です。下降トレンド終了後、Hの時点では緑のAとBの間はトレンドレスゾーンです。Aを抜けたら上昇トレンド、Bを割ったら下降トレンドです。なお、Bを割って下降トレンド再開して初めてHが戻り高値と認識できます。質問者さんが書いたフォーメーションはボトムがフェイラーせずに一発で戻り高値を抜きにきているので、解りづらいのかもしれませんね。
スーツのトレンドについてですが、知恵袋では、最高のスーツはイギリススタイルで、シンプルでがっちりしてて濃いグレーや濃いネイビーこそスタンダードであり、軽くて明るく柔らかいイタリアはチャラい、しょせん見せかけだけの使い捨て、という風潮があるように感じます。イギリスはスーツの本場だし、サヴィルロウはまさにそのメッカなので、すごくわかる気がするのですが、私のファッション師匠は、日本のそうした風潮は一部に誤解がある、それに古い、と言います。というのも、ファッション後進国の日本がイギリスを手本に勉強してきたことは良いが、さすがにもう時代は変わったし、今のトレンドとは別の話、とのこと。テイラーの技術の高さは今でもサヴィルロウは世界のトップではあるが、作るスーツは決して昔と一緒ではないと。イギリスのスーツはイギリスの気候の中で生まれた文化で、分厚くてごつくて地味なスーツがスタンダードだったのは昔の話で、もちろん格式のある場ではそういうスーツを今でも着ることはあるが、どこに行っても冷暖房完備されている今の時代、日常のビジネスなどでは今のイギリス人はもっとライトにお洒落だと。「ワイシャツは下着だから必ずジャケットをはおる、公衆の場でワイシャツ姿はマナー違反」なんてのも、格式のある場だけでの話で、今のイギリス人はオフィスで普通にジャケットを脱ぎ、暑ければ平気で袖まくりで仕事していると。ビジネススーツのトレンドもライトで明るい色のスーツが流行り、イギリスのネイビーは日本のネイビーよりずっと明るいし、今のイギリスではイタリアの生地の輸入量が圧倒的に多く、昔ながらのイギリスの生地メーカーは衰退していて、一部の世界的ブランドを除くともはや危機的状況にあると。今でもスーツの王道は昔ながらのイギリスの地味なスタイルだと言うのは、それは、アメリカ人が今でも日本人のフォーマルのスタンダードが紋付き袴だと誤解しているようなもの、と。(ゼロではないがスタンダードではない)また、日本人が、そうした地味でシンプルな姿が最高と思いたがるのは、イギリスがどうだというより、単に、奥ゆかしさや調和を貴しとする、日本人的な感性がそうさせているだけだと。もちろん、それ自体は日本人なんだしおかしいことではないが、世界のスーツのスタンダードを語る上では適切ではないと。それは時計などでも同じで、グランドセイコーが、技術的評価は高くても海外で売れないのはそのためだと。自分はファッションに精通しているわけではないので、一部解釈や表現を誤っているかも知れませんが、実際のところどうなんでしょうか?ちなみに、ファッション師匠というのは業界人というわけではなく、ただのファッションマニアですが、商社マンでヨーロッパを行き来した経験から言っているようです。
カテゴリマスターイギリスが最高でイタリアがチャラい?イタリアにだって世界最高クラスのテーラーはたくさん存在しまし、サビルローにもイタリア系の職人が多数存在するそうです。イタリアだって北部で厚めの芯を使った英国に近いスーツをつくります。生地もイタリア製より英国製を好んで使用します。
むやみにトレンドを追おうとするのは痛い目みるものでしょうか??
無暗に追いかければね!大損する奴ほど損切が出来ないし損切が出来ても切り替えられなくて損切の繰り返しそんな人に限って損切後に戻られて後悔を繰り返す次に一方的なトレンドで損切が出来ずに大損また後悔損切して後悔、損切しなかった後悔を無限に繰り返す(笑)ポンド円なんて60分足を見れば乱高下上昇トレンドかと思えば馬鹿ほどに落ちるこんなのまだ簡単な方上がる時は上がる下がる時は下がるちゃんと損切と切り替えが出来れば大損なんてしません5分足で追い掛ければ5分足で損切を決めろってこと利確が10~20なのに損切が50や100ではお話になりませんそれを5銭以下でする人がいるから怖いよね
トレンドマイクロのServerProtectionの契約満了、更新手続きの案内が来ていますが、サーバーがたくさんあり、どのサーバーか分かりません。案内には、ライセンスID、お客様IDが記入されていますが、サーバーから確認できますか。確認できれば確認方法を教えて下さい。
トレンドマイクロのホームページにあなたのサイトがあります。そこで確認して下さい。
FXのトレンドラインについて。ある程度の経験者のかたに質問です。FXをしてまだ数年ですが、トレンドラインがいまだによく分かりません。意味ではなくて、引き方です。過ぎてしまえば、ラインも引けるんですが、途中段階でどことどこの最安値若しくは最高値を結べば良いのでしょうか?どの時間足でどの辺りでトレンドラインが引けるようになるのでしょうか?調べても、過去の過ぎ去ったチャートにラインが引いてあるのは、よく観ますが、これからトレンドがくるよっていうポイントが分かりません。点と点を結べば良いのでしょうが、その点と点がどのくらい離れているのか、離せば良いのかが全く分かりません。得意な方、ぜひレクチャーお願いしますm(__)m
・最低で2点以上。・途中で傾きが変わった時は新しいラインを引く。・終値,始値には掛からないように少し離す。・ヒゲはあまり気にしない。以上