FX

カウンタートレンドFX2012 ユーロ円版

カウンタートレンドFX2012 ユーロ円版



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

カウンタートレンドFX2012 ユーロ円版

■商品詳細:

このたびは弊社のFX教材「カウンタートレンドFX」に興味を持っていただき誠にありがとうございます。本教材で紹介するロジックはIFO注文を利用した逆張りのデイトレードです。非常にシンプルなロジックで、1日に要する時間は数分程度です。そのため、忙しい方や、初心者の方でも継続的に取り組むことができるのが大きな特長です。
今まで、精神と時間を消耗し続けながらも、年間ベースで勝ち越すことができなかったトレーダーの方に読んでいただきたいFX教材です。

■商品内容:

PDF形式212ページ、エクセルによる簡易計算表、エクセルによる基本データ

■ジャンル:

FX

■販売価格:

4980円

■販売者名:

合同会社あゆみインベストメント
★FX☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

カウンタートレンドFX2012 ユーロ円版
カウンタートレンドFX2012 ユーロ円版
カウンタートレンドFX2012 ユーロ円版               投資助言・代理業 北海道財務局長(金商)第37号
こんにちは。このたびは当サイトへお越しいただき誠にありがとうございます。
私は、合同会社あゆみインベストメントの 小幡和枝(おばたかずえ)と申します。
北海道で投資助言業の会社を経営している者です。
このたび「カウンタートレンドFX」と題して、FXの教材を販売することとなりました。
この教材は、弊社が数多く持っている「FX定時エントリーロジック」の1つを
紹介したものです。
定時エントリーロジックに興味のある方、
忙しくてチャートに向かい続けることができないトレーダーの方に、
ぜひ読んでいただきたい内容となっております。
本教材を販売するにあたり、弊社は北海道財務局にて、
投資助言・代理業の登録を受けております。
登録番号は北海道財務局長(金商)第37号です。
また本教材を販売するにあたっての、弊社のポリシーは次のとおりです。
弊社は、短期的に販売をあおるような派手な宣伝をするつもりは全くございません。
長期的にお客様に喜んでいただけるようなFX教材を提供したいと考えております。
本教材に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。
「カウンタートレンドFX」についてのお問い合わせ
トレード手法の概要について説明いたします。
(1)1時間足を用いた逆張り手法です。
   逆張りのことを英語で「カウンタートレンド」といいます。
   そのため本教材を「カウンタートレンドFX」と名付けました。
(2)使用するテクニカル指標はロウソク足のみです。
(3)直近過去24時間の中の、最高値または最安値に「壁」があるかどうかを確認します。
  (図1参照)
(4)「壁」があると判断した場合には、その値段に指値注文を入れます。
   すなわち、最高値に「壁」があると判断した場合には、
   その値段に「売りエントリー注文」を入れます。
   それと同時に、リミットとストップの決済注文も入れます。(図2参照)
(5)また、最安値に「壁」があると判断した場合には、
   その値段に「買いエントリー注文」を入れます。
   それと同時に、リミットとストップの決済注文も入れます。(図3参照)
(6)このように、注文を入れる際はIFO注文(イフダンオーシーオー注文)
   を利用する形になります。
弊社では、本教材の第3章以外の部分を、無料プレゼントとして公開しております。
本教材のトレード手法について、より詳しい内容を知りたい方は、
無料プレゼントを手に入れて、お読みいただければと思います。
本手法における過去2年間のトレード結果をまとめました。以下にご紹介いたします。
なお、専門用語の意味は次のとおりです。
●「トレード回数」とは、実際に約定してポジションを持った回数のことです。
 「IFO注文を入れたけれども約定しなかった」場合は、回数に含まれていません。
●「PF」とは、プロフィット・ファクター(Profit Factor)のことです。
 検証期間における「獲得pips数÷損失pips数」の式で算出したものです。
●「合計獲得pips数」は、検証期間における「獲得pips数-損失pips数」の式で算出した
 ものです。
●「最大ドローダウン」とは、検証期間におけるトレード結果の、最も大きな落ち込みを
 表したものです。
通貨ペア
ユーロ円
検証期間
2010年1月~2012年2月
トレード回数
67回
PF
1.95
合計獲得pips数
    +944 pips
最大ドローダウン
    -323 pips
本教材は、第1章から第5章までの構成となっております。
各章の項目は以下のとおりです。
教材本編 PDFファイル 72ページ分
1.FXとは何か
2.FXにおける利益の出し方
3.通貨ペアについて
4.ピップスとは
5.スプレッドとは
6.ロットとは
7.レバレッジとは
8.ロスカットとは
9.マージンコールとは
10.スワップポイントとは
11.FX業者の選び方
12.口座開設のやり方
13.外為ジャパンFXの操作方法
14.DMMFXの操作方法
15.最初に覚えておきたい取引方法
16.成行エントリー
17.成行決済
18.IFO注文
19.OCO決済注文
20.トレーリングストップ注文
21.資金管理について
22.FXのメリット
23.FXのリスク
24.FXと生活のバランス
教材本編 PDFファイル 40ページ分
1.トレード手法の概要
2.本手法における「壁」の定義
3.直近過去24時間をいつにするか
4.本手法における「壁」の考え方
5.本手法の長所と短所
6.リミットとストップの設定について
7.起点とする時間について
8.通貨ペアについて
9.バックテストの組み合わせについて
10.検証結果の紹介
11.ベストパフォーマンスのための組み合わせ
12.自動売買ソフト(EA)について
教材本編 PDFファイル 40ページ分
1.トレード手法の概要
2.本手法における「壁」の定義
3.直近過去24時間をいつにするか
4.本手法における「壁」の考え方
5.本手法の長所と短所
6.リミットとストップの設定について
7.起点とする時間について
8.通貨ペアについて
9.バックテストの組み合わせについて
10.ユーロ円の検証結果
教材本編 PDFファイル 18ページ分
1.EAを使う方法
2.チャートを利用する方法
IFO注文情報簡易計算表(エクセル形式)付き
エクセル97以降のバージョンで動作を確認済みです。
               IFO注文情報簡易計算表(見本)
教材本編 PDFファイル 42ページ分
1.EAの利用方法
2.自動売買ソフトとして利用する方法
3.IFO注文情報取得ツールとして利用する方法
4.ロジックの検証ツールとして利用する方法
※ ただし、この教材にはEA自体は付いていません。
本教材を購入することで、あなたが得られるメリットをご紹介いたします。
ドローダウンの少ない、優位性のある定時エントリーロジックの実際を知ることができます。
このロジックを忠実に実践することで、年間ベースで勝つ確率の高いトレーダーに
なることができます。
トレードに要する時間は1日5分から15分程度です。
そのため、トレードに要する時間的な負担を大幅に軽減することができます。
チャートを見続ける必要のない手法です。
そのため、為替相場の上げ下げに一喜一憂することがなくなるので、
精神的な負担を大幅に軽減することができます。
チャートを見続ける必要のない手法のため、「プロスペクト理論」の罠(わな)に
かからないで済みます。
「プロスペクト理論」とは、利益はできるだけ早く確定したがり、
損失はできるだけ先延ばしにしてしまおうとする心理的な働きのことです。
多くのトレーダーの方は、このプロスペクト理論の罠にかかることで、
最終的に負け越してしまうと言われています。
本教材のロジックであれば、この罠にかからないで済むというわけです。
弊社が本教材を作成するにあたり、特に読んでいただきたいと考えているのは、次のような方です。
以下にチェック項目を示しますので、あなたに該当するものがあるかどうか
確認していただきたいと思います。
 □ 今まで特に約束事もなくトレードをしていて、年間ベースでは負け越している。
 □ 今まで約束事はあったが、トレードを行ううちにその約束事があいまいになってしまい、
   最終的には年間ベースで負け越している。
 □ 自分で優位性のあるトレード手法をなかなか見つけられなくて困っている。
 □ 日常の生活リズムを崩すことなく、FXトレードを続けていきたいと考えている。
 □ 日々の生活を大切にしながら、FXトレードで勝てる投資家を目指したい。
 □ FXトレードは好きだが、長時間チャートを見続けることは忙しくてなかなかできない。
 □ 損失が膨らんだ状態でチャートを見続けるのは、精神的な苦痛を伴うのでいやである。
 □ 今まで幾度となく口座資金を溶かしており、もう怖くてFXトレードはやりたくない。
   けれども一方で何とかリベンジしたいという気持ちもある。
上記の項目の中に、あなたに該当するものがありましたでしょうか?
もし1つでも「ある」と答えた方は、本教材から得られるものはかなり大きいと自負しております。
無料プレゼントだけでも結構ですので、ぜひ一度、お読みいただければ幸いです。
本教材の第3章以外の部分、すなわち、第1章、第2章、第4章、第5章については
無料でプレゼントしております。
あなたが無料プレゼントとして受け取ることができる教材は、以下のとおりです。
教材本編 PDFファイル 72ページ分
教材本編 PDFファイル 40ページ分
教材本編 PDFファイル 18ページ分
IFO注文情報簡易計算表(エクセル形式)付き
教材本編 PDFファイル 42ページ分
 ※無料プレゼントにはEA(Counter Trend FX.ex4)は付きません。
本教材は第1章から第5章までで、総ページ数212ページとなっております。
そのうちの172ページ分、割合で言うと8割以上の部分を
あなたに無料でプレゼントさせていただきます。
理由はいたってシンプルです。
あなたがいきなり本教材を購入して、「こんなはずではなかった」ということになってしまったら、
ご迷惑をおかけしてしまうことになるからです。
あなたが本教材を購入する場合は、必ず先に無料プレゼントを手に入れていただきたいと思います。
そして無料プレゼントの部分、すなわち本教材の8割以上の部分をよくお読みになった上で、
本教材を購入するかどうかを決めていただければと思います。
料金のお知らせをする前に、あなたに知っておいていただきたいことがあります。
そのため、バックテストを行って最適なパラメーターを探し出す作業は、
やる気さえあれば、あなたにもできます。
わかりやすく言うと、過去の相場の動きと照らし合わせて「いつ注文を入れるのか」
「リミットとストップの値をどうするのか」についての最適な値を探し出す検証作業は、
やろうと思えばあなたにもできるということです。
過去2年間の相場の動きから、最適なパラメーターを探し出す検証作業は、手作業で行う場合、
1つの通貨ペアにつき2ヵ月以上かかると思います。
5通貨ペアであれば1年程度かかることでしょう。
 
ここまで説明すれば、賢明なあなたであれば理解できると思います。
この教材を購入するということは、「時間をお金で買うこと」に等しいということです。
すなわち、この教材を購入するということは、数ヶ月もしくは1年単位の時間と労力を、
お金と交換する行為に等しいということです。
あなたもご存知のように、成功者の方たちが大切にしている習慣の1つに、次のような習慣があります。それは、
あなたが本教材のロジックに興味があり、どうすれば一番勝ちやすいのかを短時間で
知りたいと考えているならば、ぜひ本教材を購入することを強くおすすめします。
それが「時間をお金で買う」という行為だからです。
ただし、すぐには購入しないでください。
必ず次のステップを踏んでから購入していただきたいと思います。
ステップ1
本教材の無料ブレゼント、すなわち本教材の第1章、第2章、第4章、第5章を手に入れる。
ステップ2
手に入れた無料プレゼントをよく読んだ上で、あなたに合うトレード手法なのかどうかを確認する。
ステップ3
あなたに合うトレード手法であることを確認した上で購入する。
弊社では、本教材の販売をあおることは一切いたしません。
じっくり無料プレゼントをお読みになった上で、購入するかどうかを決めていただきたいと思います。
最後になりますが、本教材「カウンタートレンドFX2012 ユーロ円版」の価格は、
以下のとおりです。
決済方法は次の5種類です。
●クレジットカード
●銀行振込
●郵便振替
●コンビニ決済
●BitCash(電子マネー)
最後までお読みいただき、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。
トップページに戻る │ お問い合わせ │ 特定商取引法に基づく表記
Copyright2012 (c) Counter Trend FX 2012 All rights reserved
キャリアアップ
カウンタートレンドFX2012 ユーロ円版
FXで勝てる方法を教えてください!FX格言「FXとは損を楽しむ大人の遊戯である」byロバート・J・ウィリアムズ著名な方の格言らしいですが、やはりFXは、個人が損をするための投資なんでしょうか?FXで勝ちまくってる方!そのテクニカル手法をお教えくださいませ!※「そんなの教えるわけないやろ!」とか「夢ばかり見てないで働け!」等に付随するアホな冷やかしや説教じみた人生論の回答はいらないです!もう1度言います!アホな冷やかしや説教じみた人生論の回答はいらないです!大事な事なので2度伝えましたよ!補足【お願い!】この質問は大喜利ではありません!そんでもって私はツッコミ役ではありませんので、的を外した回答はご勘弁ください。
いやある程度わかってるなら教えてもいいけどまったくの初心者に教えるのめんどくせえんよじゃあ試しに教えてあげようか?さわりからまずトレードで利益を出すのに重要とされてるものは一般的には①手法②資金管理③メンタルやけど自分のトレードは手法が9割資金管理は手法の中に組み込まれるつまりどう仕掛けるかで何処LCどこ利食いどれだけ資金をいれどういう風に入れるかは全部別であり手法は10種類以上それを局面で使い分ける1割はメンタルではなくHOWTOTHINKINGどう考えるかつまり思考力順張り逆張り両方使い分けるし多くは逆張りから順張り乗せか順張りから逆張りフォローするが自分のいう順張りの定義はトレンドフォローすることではなくラインブレイク技法を逆張りはカウンター技法を意味しているOK?さあここから目次に入るよ?
パクリルールを、コピペします。使えないルールは有りますか?■ボリバン3σにタッチしたら反転狙う■手を出してはいけない相場の時には絶対にポジらないこと■確実に5割以上の確率で勝てる自信のある時以外は絶対にポジらないこと■トレンド発生中に無理なカウンターは狙わないFXにおいて最も無意味なもの、それは逆行中の天に祈る時間結局、敗因は損切り。逃げ遅れ。手法とか覚えてもここを改善しないとダメ■心理的抵抗になる21MAはSMAとEMA両方同時表示がよい一方抜けてももう一方が抵抗になったり■真ん中を狙うな、絶対しぬ!!週足で売買方針を決め日足でタイミングを計り4時間足で撤退すること■自分の予想通りにならなかったら取り敢えず切っといたほうがええ理由がない勝ちはあるが、負けには必ず理由がある。二度とするな。学習しろ■不利なポジションは出来る限り早く解消する必要がある両建てでも含み損なら糞ポジ含み益の目減りを防ぐためなら、場合によっては良いかも程度■動き出すまで待て自分の得意なパターンになるまで待てメインのトレンドラインは1時間足・4時間足で引くこと5分足は使うな以上スインガーの独り言■トレンドがはっきりと反転したのを確認しなさい。それからボジション建てろ■絶好の買い場と思っても、そこから一度ヌルリと落ちるまで買わない■FXはハイレバが可能であるため、利益率はかなり高い、よって、焦って儲けようとする必要はなく、焦点を絞っていけば加速度的に増えるので、安心するべき■自分のモチベーションの維持方法を考える(自分へのご褒美など)■負けた理由は思いつく限りノートに書き出せ、そしてそれを二度とやらかすな■「上がる・下がる要素」など存在しない、ファンダメンタルや指標の数字を過信するとHFに殺される■相場の動きだけが相場である、自分の経済の知識を捨てろ儲けているトレーダーは予想した動きが実際に始まってから仕掛ける儲けているトレーダーは予想した動きが実際に始まってから仕掛ける■AUD/USDの取引は、金相場と関連性があるから、ある意味主要通貨的な強みがあるで、実は、流通量が多いEUR/USDとの相関率が高い結論からいうと、上昇、下降に関わらず、ユロドルの後追っかけ値動きが確認されるので、このふたつのチャートを見比べての短期売買は成功確立が高い
すこしは成長してるかと思ったけど何も変わってませんね。このリストにはほとんど抽象的なことしか書いてません。こんな曖昧な表現で「手法」とか言えるんですか?aajさんがやってみようと思った時に>「手を出してはいけない相場の時には」これ、どうやって見分けんの?>「真ん中を狙うな、絶対しぬ!!」真ん中かどうかって後からわかるんじゃないの?どうやって中段かどうか見分けんの?>「自分の予想通りにならなかったら取り敢えず切っといたほうがええ理由がない勝ちはあるが、負けには必ず理由がある。二度とするな。」100%勝てる作戦とか相場に存在しません。1回負けたら二度とやってはいけないなら数日で作戦がなくなりますね。>「FXはハイレバが可能であるため、利益率はかなり高い、よって、焦って儲けようとする必要はなく、焦点を絞っていけば加速度的に増えるので、安心するべき」焦点でハイレバ出動を考えているようです。焦点っていつ?>「ファンダメンタルや指標の数字を過信するとHFに殺される」ヘッジファンドの資金力をウルトラスーパー過剰に考えてます。「養分の証拠」です。>自分の経済の知識を捨てろいっけん正しいですが前後の事情からこの人ニュースチェックすらしないようです。「手抜き」です。自分の能無しを棚に上げて他人にも自分の間違ったスタイルを押し付けてます。「馬鹿丸出し」です。>「AUD/USDの取引は、金相場と関連性があるから、ある意味主要通貨的な強みがあるで、実は、流通量が多いEUR/USDとの相関率が高い結論からいうと、上昇、下降に関わらず、ユロドルの後追っかけ値動きが確認されるので、」ハイ、最悪です。少し検証すれば事実じゃないことがわかることをまるで検証済みであるかのように語ってます。「妄想と想像とウソ」で構成された作文です。ユロドルとおじドルの関連はどっちもドルがからんでるからです。この2つでアービトラージでカテてる奴今まで見たことない。しょせん全部「養分と初心者」がミーティングしてでた結論に見えます。現実の相場とはかけ離れた話になってます。専業で食ってるように感じる奴は1人も発言してません。こんなサイト読んでる時間は「サボり」してる時間であって「勉強・努力」している時間には入れてはいけません。さぼってたら下手になります。>使えないルールは有りますか?使えそうなのありますか?が正しい。その場合「一つもない」が正解です。
fxのテクニカル分析は一通り勉強したのですが勝てません。エントリーのシグナルが出てからエントリーすると遅くてほとんど含み益がでずロスカットするとしたとたん逆に動くという見事な負け方をします。うまい人がどこでエントリーして利確どこでロスカットしているのかなどをしりたいんですがそういうのを紹介しているサイトなどはありませんか?よろしくお願い致します。
チャートは何分のを使ってますか?なるべく全部見たほうがいいですよ。5分足チャートと1Hチャートで一目均衡表の雲も遅行スパンも基準線もぜんぜん違うトコにいたりします。トレンドラインなども同じです。短い時間足のトレンドより長い時間のトレンドのほうが強いことが多いです。ストップハントの代表例は1分や5分で精密なトレンドラインを引くと1Hなどでは見えないラインがたくさんできます。トレンドライン抜けたと思ったら実はその下にもうひとつトレンドラインなりサポートラインなりがおった。。。というパターンです。1Hなどで引けるラインのそばでは5分足オリジナルのラインは無視されがちです。またサインというのも長い時間ででてるものが強いです。短い時間で先に出てるサインは長い時間であとから出たサインに打ち消されることが多いですが逆は少ないです。1Hに明確なトレンドが出ていたら5分足でカウンターのサインが出てもそれにより1Hのトレンドを終わらせることはまれです。テクニカルは使い方おぼえたらあとは勉強するというより「研究する」が近いと思います。たくさん見ながら使いやすいやつを幾つか複合して「オリジナルな技」をあみだすかんじです。相場の動きはとても紛らわしいものです。他人の技はいくら習っても「職人芸」のようでなかなか自分で使えません。ほとんどは「感覚的」なものです。くっきりはっきりしたものはほぼありません。すべて「慣れ」で解決目指しましょう。
FX心理についてご教授お願いします。為替の世界ではアメリカがベースになっているとよく雑誌などでお見かけしますがデイトレでアメリカで最も良く利用されているテクニカル分析法はなんでしょうか?10人いれば10人ちがうような気もするのですがアメリカの心理がある程度わかれば予想がつけられやすいんじゃないかと思っております。よろしくお願いします。
基本的なところは日本もアメリカも一緒だと思います。とくにいうなら「ダウ理論」かな。。。日本の個人はカウンターが好きで欧米の個人はフォローが得意と一般的には言われています。欧米では義務教育の科目に経済があって「トレンドに逆らってはダメですYO!」とか子供でも知ってるそうです。でもぼくのプレステ友達ののイギリス人は「そんなんしるか!」ってかんじだったので信憑性は??です。あと、オカルト情報では、、、アメリカのヘッジファンド系は52週移動平均と21日移動平均を重視していて日本では株式からそのまま適用しているみたいなところがあって25日75日200日を重視しているとの未確認情報がアリます。
FXで勝てるわけないすみません、不愉快かもしれませんが愚痴らせてください。もう嫌になる。勝てるわけない。初心者は損切りができない。感覚でトレードしている。ナンピンしているから勝てないといわれているけど・・ポジション持ったらなんですぐに逆に行くんだよ・・底で売って天井で買ってそんなことばかり・・・チャートをコピーしてトレンドラインも引いて平均移動線もゴールデンクロスを狙ってトレードしても全然意味なくて、後で見直しても結果が分かっているからいくらでも負けた理屈は分かるけど、実際にポジション持つときは色々考えてから持つけど結局は逆に行くから意味ないですよね。テクニカル分析なんて本当はしても意味なくて、ポジション持つときにサイコロ振って買うか売るかを決めて持ったほうが勝てますよね。最近はトレードノートも捨ててしまいました。マイナスしかなく、すべてが逆に行き、検証しようにも自分がミスしたことは次回はそうしないようにしたら次はそれが正解だったりします。本当に勝てるわけがないと思います。ずっと相場で殺され続けて疲れてきました。たくさんの時間も失いましたし、すべてが嫌になりました。自分のことも、仕事、私生活も・・勝っている人もいるみたいですが、嘘ですよね。正直に言ってください。勝ってるのは嘘でみんな負けているんですよね。
具体的にどこでなぜ仕掛けたのかチャート張ってくれんとアドバイスできんねあと気になったのはゴールデンクロスやデッドクロスはクロスしたから仕掛けるってやると高値掴みや底投げする行為が発生しやすいんよまたMA交差法(クロスオーバー法)はレンジに弱い習性があるんよリスクを最小化し利益を伸ばすMA交差法の使い方があるいろいろ見ておくべきことはたくさんあるし仕掛けたら逆行ってなのは主に2種類の原因があんのよ①ヘッドフェイク回避方法を知っておく(でも100%回避できるわけではない、あくまでも引っかかる確率が70%くらい減るってだけ30%は引っかかるからその時はロスカット②カウンター大きく上に行ったが速攻一気に下に行くなどBOXカウンターやスタンドバイカウンター、ジャックポットABCカウンター発生する箇所は決まってる