スポーツ

バレーボール上達ドリル VOL.1 レシーブ編

バレーボール上達ドリル VOL.1 レシーブ編



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

バレーボール上達ドリル VOL.1 レシーブ編

■商品詳細:

レシーブが上手くなりたい!と言っても、その土台となるアンダーハンドパスができなければそこにたどり着きません。
パスがしっかり出来てこそ、いろんなレシーブに生きてきます。

「サーブカットが上手くなりたい!」

といって個別指導にご参加いただく方の多くが、パスの段階でサーブカットに向けて取り組めていません。
いくらサーブを打ってもらってレシーブ練習を繰り返したとしても、
それでは「慣れる」ことは出来てもサーブカットの上達ということで言えば効果が薄いのです。
練習のはじめに必ずと言っていいほど行う「パス」ですが、
これを大事にしなければスパイクレシーブやサーブレシーブにつながってこないのです。
その段階から意識を変えていくことで、発展的な練習がより効果的な取り組みになっていきます。
同じ練習を行ったとしても、個別指導では実際に習得していく順序や伝えるポイントは習熟の段階でまったく違ってきます。
このDVDではそれを計算ドリルのように順を追って分かりやすく解説しています。

なぜ上手くいかないのか?

上手くいく人はどうやっているのか?

それを簡潔に、個別指導の現場でも実際に行われている練習方法を中心にお伝えしています。

安心してください。実践・理解するのに難しいことは何一つ含まれていません。

■商品内容:

DVD1枚

■ジャンル:

スポーツ

■販売価格:

9800円

■販売者名:

一般社団法人ライフスタイルスポーツ協会
★スポーツ☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑


[su_accordion]
[su_spoiler title=”バレーボール上達ドリル VOL.1 レシーブ編” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]
バレーボール上達ドリル レシーブ編Vol.1
バレーボールの個人指導 東京バレーボールアカデミー
東京バレーボールアカデミー提供 バレーボール上達ドリル レシーブ編Vol1
お問い合わせは
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-3-2牧ビル201
              
うまいチームメイトにどうやっているのか聞いてみても、あまりしっくりくる返事が返ってこない・・・なんてことないでしょうか。
なにをどうやり始めたら、どう取り組めば良いのかわからないというお悩みを抱えている方、どうぞご安心ください。
個人指導専門の東京バレーボールアカデミーがお伝えする上達ドリルは、
そんな悩みを上達しやすい順に解説し、実践しやすいように収録してあります。
「基礎」とひとことで言ってもそこで終わりではありません。
先を見据えて取り組まなければ、行き詰りはすぐやってきてしまいます。
自分自身の上達ストーリーを描いてこそ、発展はあるのです。
上達ドリルVOL.1では、応用を習得するための基礎をしっかり学べるように収録してあります。
上手くなるためにはしっかり先を見据えた上達が必要不可欠ですが、個人でそれに取り組むのはとても難しいものがあります。
バレーボール個人指導が専門の東京バレーボールアカデミーは、その名の通り個人指導が専門のプロ集団です。
皆様がスムーズに応用編に入っていけるよう、今回のVOL.1では収録メニューにはある工夫がされているので実感してみてください。
レシーブが上手くなりたい!と言っても、その土台となるアンダーハンドパスができなければそこにたどり着きません。
パスがしっかり出来てこそ、いろんなレシーブに生きてきます。
「サーブカットが上手くなりたい!」
といって個別指導にご参加いただく方の多くが、パスの段階でサーブカットに向けて取り組めていません。
いくらサーブを打ってもらってレシーブ練習を繰り返したとしても、
それでは「慣れる」ことは出来てもサーブカットの上達ということで言えば効果が薄いのです。
練習のはじめに必ずと言っていいほど行う「パス」ですが、
これを大事にしなければスパイクレシーブやサーブレシーブにつながってこないのです。
その段階から意識を変えていくことで、発展的な練習がより効果的な取り組みになっていきます。
同じ練習を行ったとしても、個別指導では実際に習得していく順序や伝えるポイントは習熟の段階でまったく違ってきます。
このDVDではそれを計算ドリルのように順を追って分かりやすく解説しています。
なぜ上手くいかないのか?
上手くいく人はどうやっているのか?
それを簡潔に、個別指導の現場でも実際に行われている練習方法を中心にお伝えしています。
安心してください。実践・理解するのに難しいことは何一つ含まれていません。
VOL.1 では、VOL.2以降の基礎から応用に向けての上達を意識した内容で収録しています。
応用をスムーズにマスターするための基礎を意識しなければ、上達はそこで止まってしまいます。
ここではさらなる上達のために、レシーブの第一歩を習得しましょう。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
このドリルを進めていくにあたり、まずはレシーブの上達に向けてどういう意識で取り組めば良いのかを知りましょう。
このドリルの順序に従って練習 – 習得していけば、失敗の原因になりやすいクセが付くのを極力抑えられます。
パスの段階からスパイクレシーブ・サーブレシーブの練習がスタートしているという意識を持てるようになると、この後のドリルがすんなり身に付くでしょう。
パスは単純に続けられれば良いという訳ではありません。
レシーブを自分のものにしていくための練習を行うためにも、パスの動作から気をつけていくことが肝心です。
パス(pass)とは、日本語では「渡す」という言葉です。
そういう風に考え方や見方を変えることでパスの意味、レシーブの役割が見えてきます。
バレーボールにおけるレシーブの役割を知り、どういうことに気をつけて普段のパスやレシーブ練習に取り組めば良いのかを知るだけで、
次からの行動はおのずと変わってきます。
よく 「腕をふらずにアンダーパスをする」 と言いますが、まずその感覚でやり始めることはとても難しいのです。
この呪文のように言われている感覚から入るのではなく、もっと楽にやり始めると習得も早くなることでしょう。
VOL.1では、まずは全てのレシーブの基礎となるアンダーハンドパスの習得を目指しましょう。
順序よく取り組んで、なるべく上達の近道を通りましょう。
スパイクレシーブにすんなりと取り組んでいくためには、
中学の新入部活生であれば最初に経験する「ボール拾い」から練習がはじまっていると意識すると良いでしょう。
ボール拾いもやり方をちょっと工夫するだけで、より効果的に取り組むことができるのです。
いきなり強いスパイクをレシーブすることは無理なので、
順を追ってしっかり安定したレシーブを身につけていけるようにしましょう。
目が慣れ、動作も慣れ、落ち着いてプレー出来るようになることが先決です。
そうすることで、
今後挑戦していくことになる発展的なレシーブ習得にもすんなり取り組むことができるようになります。
特別な練習方法が必要なわけではありません。
すべてのプレーで共通して言えますが、
何をどう意識して適切な練習を的確に選ぶかが重要なポイントです。
ここではスパイクレシーブの土台固めをしっかりおこないましょう。
サーブはスパイクに比べて多様性と個性を持った、それぞれちがった性質のボールが飛んできます。
そしてセッター以外のプレーヤーにとってはプレイ機会がスパイクに比べて多いのも特徴です。
ゲーム開始時以外で相手のサーブを受けているということは、直前に味方は失点しているということです。
それだけに、いかにこのサーブレシーブをセッターに返して攻撃につなげるのかが重要なポイントになってきます。
相手は攻撃のつもりでサーブを打ってきていますので、重要なプレイな上にそれを受けるのはストレスのかかるプレイだと言えます。
重要かつストレスがかかるプレイだと言いましたが、
「そんなの分かってるよ!だから上手く出来ないんだよ!」
と思われる方もいらっしゃると思います。いや、多いと思います。
このプレイでは落ち着いてボールを扱えるようになることが大切なのは、これで余計に分かると思います。
そのためには何をどう気をつけて練習していけば良いのか、
そしてさらなるステップを踏むためにはどういう風に上達していけば良いのかを視野にいれて解説しています。
次のステップに進みやすいように落ち着いてレシーブが出来るような習得を目指しましょう。
これらの悩みはここで一気に片付けられるよう、失敗してしまう原因と克服方法も説明しています。
自分がなぜうまく出来なかったのか、どう解決すれば良いのかを見つけてほしいと思います。
うまく出来ない原因がしっかりと理解できると、次に何をすれば良いのか、どう気をつければ良いのかは自然と分かってきます。
難しいと思っていたことも、ほんのささいなヒントで解決するものです。
まったく知らなかったことを理解するのは大変です。
教えてもらえないというのは、まったく知らないことを自分で知らなければならないということです。
それでは非効率にも程があります。
ここでは個別指導の現場でも実際にみなさんが悩んでいる事例を挙げていますので、上手に活用して効率良く上達していきましょう。
                こんにちは!
                東京バレーボールアカデミー コーチの川越です。
                
                僕は高校のころ、リベロとして頑張っていました。
                今回の 「バレーボール上達ドリル ~レシーブ編Vol.1~」では、
                実際にレシーバーとしての経験をもとに僕も監修に加わりました。
                レシーブは上手くいかないと失点に直結してしまい、
                ゲームでのリズムをつかむのが難しくなってしまいます。
                失敗するとヘコむんです!
                この上達ドリルシリーズを最初から取り組んでいくことで、
                今後はもっと難しいボールにも対応できるようなレシーブを知ってもらえるように、
                まずはパスをしっかり出来るようになっておくと良いですよ。
                購入者特典の質問サポートでは僕も回答させてもらうので、
                一緒に上達していきましょう!
         
※画像はDVDパッケージのデザインイメージです。
 
【特典のお渡しについて】
特典利用のお申込み方法は、ご購入後に購入者様アドレスにメールにてご案内いたします。
【お試しレッスンについて】
場所は東京近郊体育館です。
お申込み方法・スケジュールなど詳細については、ご購入後に購入者様アドレスにメールにてご案内いたします。
タイミングというのは、スポーツにおいて常に「今」しかありません。
なぜなら、大人であれば体力は一日一日低下していくのは当たり前ですし、
学生であれば一日一日引退の日に向かっているからです。
今日を逃すと二度と取り戻せません。練習する機会も同じです。
練習する機会をいつもと同じ練習で過ごしてしまうというのは、上達するチャンスを自分から放棄しているのと同じです。
本気で上手くなりたければ、この上達ドリルを買う・買わないに関係なく、
今日からアクションを起こして頑張りましょう!
どうせやるなら早いに越したことはありません!
ご購入頂いた方には、次のような特典があります。
上手に活用して上達に活かしてくださいね。
DVDをご覧いただき、取り組んでみてなにかご質問があればお気軽にご質問いただけます。
東京バレーボールアカデミーのコーチから直接回答をさせていただきます。
   サポート期間はご購入から60日間 何度でもご質問無料
   東京バレーボールアカデミーのコーチからの回答
特典利用のお申込み方法は、ご購入後に購入者様アドレスにメールにてご案内いたします。
映像でご覧いただくだけでは物足りないという方は、是非一度 実際の指導を受けてみてください。
ご参加いただきやすいよう、本商品をお買い上げいただいた方は 1回のみ お試しレッスンに無料でご参加いただくことができます。
実際のレッスンとDVDではだいぶ感じが異なると思いますので、この機会にぜひご参加ください。
   お試しレッスン(通常1,000円) 無料 
   TVA会員の方は チケット 1回分(50分レッスン) 無料
場所は東京近郊体育館です。
お申込み方法・スケジュールなど詳細については、ご購入後に購入者様アドレスにメールにてご案内いたします。
このページの先頭へ
copyright©2012Tokyo Volleyball Academyallrightsreserved.
[/su_spoiler]
[/su_accordion]
[su_accordion]
[su_spoiler title=”バレーボール上達ドリル VOL.1 レシーブ編” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]
バレーボールを初めて5ヵ月になるのですか、オーバー、アンダー、スパイク、何においても上手く行きません…オーバーは遠くまで飛ばない、親指がつかない、相手のところにちゃんとかえせないアンダーは回転がかかってしまう、力加減が分からない、相手にちゃんとかえせないスパイクはタイミングが掴めず強いのが打てないとのような感じです…。バレー経験者の子にパスの練習を手伝ってもらったり、1人での練習方法を調べてやってみたりしましたが、全くコツが掴めず、上達しません、、家族の中でバレー経験者はいないので、練習に付き合ってもらえず、壁に当てて練習したくても壁がありません(><)一緒にバレー部に入った初心者のこはどんどんパスが上手くなっていって、1人だけ練習についていけなくて、友達・先輩には毎日迷惑を掛けてしまっているし、部長には嫌味を言われたり、いま部活に行くのが辛いです、、でも、せっかく入った部活で辞めたくはないです!バレー本気でうまくなりたいです!文がぐだぐだですみません(><)バレー経験者の方、指導者の方、どうかパスだけでも上達できる方法、やり方を教えていただけませんか?オーバーアンダーのやり方を初心者の私に教えてください!!どうかお願いします。
バレーボールって、初心者を脱するのがとても大変なスポーツだと思っています。小学生中学生とバレー部でしたが、センスが必要だと思いますし、最初の基礎がしっかり出来ていないと成長が本当に難しいです。まず、オーバーですが、親指を使えないということは、手のひらを使っちゃいけない事に焦ってるんだと思います。まずは落ち着いて出来る様に腕から指先までオーバーの形でボールを受け止めてください。返さなくていいんです。この練習はバスケットボールでやるとイメージが、つきやすいですし指がきたえられます。(突き指注意)受け止められる様になったら、一度しっかり受け止めてから相手に返す、を練習してください。受け止めてから返すまでを、だんだんスピードアップしていくと気づいたらオーバーうまく出来る様になってます。(小学生の頃実際に私がした練習です。)アンダーってレシーブの事でしょうか?(アンダーって言ったら私の頃はアンダーサーブの事でした)レシーブは最初は誰かにボールを、投げてもらってラリーはせず相手に返すだけの練習です。レシーブは膝を、使いましょう。最初はキチンと返せなくてもいいです。まず中腰の姿勢で膝を柔らかくし、ボールを組んだ腕に(うまくひょうげんできませんがレシーブでボールを、当てる部分です。)迎えにいくイメージでそのままボールを返したい方向に軽く小走り?にその時顎はひいてしっかりボールが腕に当たるまで目を離さない様に。レシーブはひたすら反復練習です。力を抜いてボールを取れるのをまずめざしましょう。慣れてきてサイドステップが踏める様になれればサーブレシーブは怖くないです。スパイクはオーバー、レシーブがうまく出来る様になってからにしましょうね。バレーボールは基本をおろそかにすると修正が恐ろしく難しいので、(私はレシーブに変な癖があるのですが、治そうとしても結局3年間で直せませんでした。)専門書など買って勉強してみてください。私の母親もバレー部でしたが、母親のアドバイスだけじゃたりず、専門書買って勉強しましたので。
バレーボールでチャンスカットがセッターのほうへ返りません。中2のリベロです。3年生が引退して、2年の代になりました。どうしたらうまくセッターのほうへチャスボールが返るようになるのですか?コツとかあったら教えてください。急いで書き込みをしたので、少し日本語がおかしいかもしれません。補足チャスボールではなくてチャンスボールです。すみません
大学までバレーをしていました。きっちりセッターに返そう思うと、プレッシャーがかかりますよね。セッターらへんに返そうと思ってやるといいと思います。一歩も動かずにセッターに毎回返すのはプロでも難しいことですよね。そう考えると楽になりませんか?相手コートにも返さなければ、セッターがカバーしてくれるはずです。前もって、チャンスの時に緊張するから、すこしブルかもしれないけどカバーしてね!その代わりレシーブ頑張るからさ!とか話しておけば、いいと思いますけどね。レベロだから、ミスをしたらダメなんて思わないことですよ。アタッカーがスパイクをミスすることはたくさんありますよね。同じことですよ。リベロを任されているので、レシーブはみなさんよりは上手かと思います!自信を持ってくださいね!「ディグ(スパイクレシーブ)」一覧https://www.volleyball-school.net/category/practice/dig/「レセプション(サーブレシーブ)」一覧https://www.volleyball-school.net/category/practice/reception/バレーボール練習法&上達テクニックhttps://www.volleyball-school.net/上記サイトには、練習方法などが載っていますので、参考にできるところがありましたら見て下さい!また質問がありましたら、上記サイトのページでもいいので質問してくださいね!練習がんばってくださいね!
バレーボールについてです。レシーブを上達させるには、どんな練習をすればいいですか?中学からバレーを始め、それまではスパイカーでしたが、高校で初めてリベロになりました。レシーブだけに集中したおかげか、ボールにはだいぶ反応出来るようになってきました。でも、あと一歩が出ない時がたくさんあります。ボールが落ちる場所は見えてます。でも身体が動きません。高校でバレーを引退してから、大人のバレーボールサークルに混ざって何回かやってます。男性のスパイクに何も反応できません。これを取れるくらいの力が欲しいです。ひたすら練習あるのみ、でしょうか?スパイク、サーブ、どんな相手の攻撃も数多く、時間をかけて受け続ければ、上達できますか?現在高3の女子です。大学行っても、バレーやりたいです。
「スプリットステップ」を習得しよう。元々はテニスの技術なのだがバレーで使っている人も多い。「足が出ない」「反応出来ない」といった人にはお勧め。簡単に言うと相手が打った瞬間に小さくジャンプすること。ボールが来てから動き出すのではなく相手が打った瞬間に初動を開始する事で動くボールに反応する技術だな。バレーでも使っている人が多いと言ったが、そのほとんどの人は、それがこういった技術だなどという事は知らず自分で自然に身につけた方法なんだよ。あとはスパイクのコース、落下点の予測、これ大事。男子の鋭角なスパイクなんかは予測が無いとまず取れない。しかし逆にコースさえ読めれば強いスパイクだって取れる。ハッキリ言ってひたすらとっても上手くなりません。レシーブ練習って殆どが練習の為の練習で実戦ではほとんど役に立たない。練習では上手いがゲームになると拾えない等という人はたくさんいる。なので拾うためには予測、これが一番大事。それにスプリットステップを組み合わせるというイメージかな。
バレーをしてる中2です。バレー部に入り1年がたったのにも関わらず全く上達しません。自分なりにうまくなろうと同じ部活の子と練習したり、家でも壁を使って練習したりたまに筋トレなどして頑張っていますそれでもサーブカット、スパイクカットが出来ませんどうすれば上手になるんでしょうか?
サーブカットなら打たれてから軌道を読んでボールの下に早く移動する。体の向きはセッター方向に向けておく。スパイクレシーブならブロックとボールとアタッカーの位置関係でコースを読む。ブロックの上や間は捨てていい。フェイントは打たれる前にわかるものは前に詰める。コースを抜いてくる強打はコースに入って待つ。ワンタッチは追いかけて
バレーボールのスパイクレシーブが苦手です。なにか上達方法を教えてください。
スパイクレシーブはむずかしいですよね実際自分もそうでした。自分はまずめでおえるかによります!まずレシーブするかまえでまって他の人にスパイクを打ってもらいます。はじめは慣れないのでなにもできなくてもかまいません!怖がっても仕方が無いです。そして目でボールを追えるようになったらつぎはレシーブするかまえでてを使います!これを繰り返すしかありません!それか実際に試合とか見にいつくかテレビで試合を見てスパイクするとこをずっと目で追ってください。あとはレシーブができるようにがんばってください。

[/su_spoiler]
[/su_accordion]