語学・留学

ビジネス英語ディスクリプション

ビジネス英語ディスクリプション



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

ビジネス英語ディスクリプション

■商品詳細:

英語業界の第一人者として32年間延べ2万人以上に、英検・TOEIC・通訳ガイド・英会話を指導してきた近畿大学教授の石井がビジネス英語の学習法をお伝えします。

■商品内容:

PDF419ページ、解説動画ファイル16本

■ジャンル:

語学・留学

■販売価格:

19800円

■販売者名:

日本英語教育研究所 田中春子
★語学・留学☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

ビジネス英語ディスクリプション
ビジネス英語
ビジネス英語ディスクリプション
いま話題のこの方法で、英語をあきらめた40代のビジネスマンや、30歳になってから英語を始めた
OLさんなど、のべ5,000人以上がペラペラになっています。興味があればぜひ最後までお読み下さい。
あなたはビジネス英語に対して
「気の利いた言い回しや難しい単語をいっぱい覚えなければいけない」
「試験勉強のような難しい勉強をしないといけない」
「私の英語力では到底ビジネスでは使えない」
「英会話スクールとか、お金がたくさんかかりそう・・・」
「若いうちじゃないときっと覚えられないから、30歳過ぎた自分にはもう無理だろうな・・・」
と、こんなとてもネガティブなイメージを持っているかも知れません。
しかしそんなイメージも今日で終わりです。
今から「難しいことを一切せずにビジネス英語が身につく方法」を
お伝えしますので、ぜひそれを試してみて下さい。
グングン英語力が身につき、早ければ3ヶ月程度で、
“仕事で使えるレベル”のビジネス英語を身につけることができるでしょう。
あなたは英語学習でこんな間違いをしていませんか?
とりあえず「聞くだけ」の学習法を試している
英会話スクールに通って、挨拶や日常英会話から英語を学んでいる
使える単語を増やすために、とにかく単語帳を暗記する
分厚い参考書をひたすら勉強
英字新聞を読み続けていればいつか英語が出来るようになる?
ビジネス英語となると、小難しい英語表現を知っておかなければいけない
英語を覚えようとすると、まずこのようなことをやる方がほとんどでしょう。
しかし、それで英語が話せるようになったでしょうか?答えは「NO」だと思います。
もちろん、これらの勉強法が悪いと言っているわけではありません。
でも、私達は日本人。既に日本語が頭に刷り込まれている状態で、
まともに英単語や文法を覚えようとしても先入観が邪魔をして膨大な時間と努力が必要となります。
そしていつしか、「英語なんてもういいや・・・・」と、「挫折」の道をたどる方がほとんどなのです。
「では、どうすればいいのか?」
はい、私がビジネス英語を最短距離でマスターする勉強法を教えます。
“ある方法”を使うことでビジネス英語は短期間で習得できます。
■経歴:
・近畿大学 総合社会学部 教授
・クインズインターナショナル名誉顧問
・フリーランス通訳ガイド
・奈良学生ガイド・ガイドトレーナー
・英語通訳案内士一発合格塾塾長
・英検1級合格塾塾長
・TAC通訳ガイド協会理事長
・英語前置詞普及会理事長
・言語文化学会 会長
・通訳ガイド研究会 会長
■出版物:
英語力はそれほど必要ではありません
私がなぜ、このようなサイトを立ち上げたのか?その理由は簡単です。
英語の勉強に苦労している人があまりにも多いから。
そして間違った英語勉強法を行っている人があまりにも多いからです。
その証拠に、私のところには英語を覚えることができずに悩んでいる人が
毎日のように相談にきます。
いざ外国人と話そうとすると言葉がでてこない・・・
相手の英語が速すぎて聞きとれない・・・
英語のテストはできたのに会話は全くできない・・・
文法はあっているはずなのに全く伝わらない・・・
英語教材を買ってみたものの挫折・・・
などなど、みなさん苦労をしているようです。
しかし、私がある英語勉強法を教えた途端、英語が全くできなかった初心者の方から、
6年以上勉強している方まで、
ほとんどの方が満足のいくレベルの英語が話せるようになられています。
なぜ私が発見した勉強法を実践するとそんなに早く英語を習得できるのか?
実は、ビジネスで英語を使う上で重要なことはそれほど多くありません。
ある事を意識して勉強して頂ければ、外国人とのコミュニケーションはスムーズになるのです。
この事実に気が付いている人は極めて少ないでしょう。
なぜなら、私が10年間英語の指導を行ってきた過程でこの秘密に気が付いたからです。
「日本人が最短で“ビジネス英語”を覚えるには何をするべきか?」
その答えを私は知っているのです。
私が教える、ビジネス英語の秘密さえ知ってしまえば、
小難しい英語表現を覚える必要はありません。
英単語をたくさん覚える必要もありません。
日本人が”ビジネス英語”が話せない最大の理由
さて、短期間でビジネス英語が話せるようになるための勉強法
があるということを伝えましたが、
「ではなぜ日本人はなかなかビジネス英語を習得することができないのか?」
ということについてもお話ししておきます。
実は、巷に溢れる英語勉強法には、なかなか上達しない理由があるんです。
その最大の理由とは…
『日常会話とビジネス英語が同じだと考えていること。』
あなたは、日常英会話の学習法とビジネス英語の学習法にはそれほど違いはないと考えていませんか?
しかし、はっきり言っておきます。
日常英会話と、ビジネス英語は、
ラグビーとアメフトくらいルールが違います。
世間一般的に、ラグビーとアメフトは、同じ楕円球を使っている
似ているスポーツだと思われています。
しかし、実際は、全く別のスポーツです。
ルールや、ボールの形状(大きさ)、プレイする人数
防具、選手交代の違いなどなど、似て非なるスポーツなのです。
だからこそ、ラグビーにはラグビーの練習法があり、
アメフトにはアメフトの練習法というものがあります。
同じように、ビジネス英語には“ビジネス英語の勉強法”というものがあるのです。
ビジネス英語特有の英語の使い方は、日常英会話では学べません。
だからこそ、ビジネスで英語を習得したければ、ビジネス英語に特化した学習法をする必要があるのです。
英会話スクールなどで何時間もかけてあいさつや自己紹介などを学んでいても、
いつまでたっても仕事で使える英語は身に付きません。
では、どうすればいいの?
では、一体どんな勉強をすればいいのか?
詳しく説明する前に、少しだけ私の生徒さんの話をさせて下さい。
全く英語が話せない状態から、たったの3ヶ月でビジネス英語をマスターした
30代のビジネスマンの方の話です。
今から半年前。
彼との初めての出会いは、私が個人的に行っている英語相談会でした。
彼の英語レベルは、読むことは多少できても、
話すとなると全く口から言葉が出てこないといった状態でした。
学生の頃、英検2級を取得して満足したまま
その後は、これといって英語の勉強をしてこなかったためです。
ところが、近年のグローバル化にともない、英語が社内公用語になり、
急に外国人と話す機会が出てきたのです。
彼の所属する部署では、英語に慣れるため、朝礼を毎日英語行うようになり、
会議コメントもすべて英語で話すことが義務付けられました。
ですが、実際に外国人を前にすると、全く言葉が出てこない
相手の言っていることはなんとなくわかってもこちらの意思をうまく伝えることができない。
言いたいことが英語でいえない。
毎日が、苦痛で仕方がない…。
そんな悩みを抱えた状態のなか、
「ビジネスで使える英語が話せるようになりたい。」
「30歳を超えた今からでも、何とか英語で話ができるようになりたい。」
そんな思いが強くなり、彼は、英会話スクールに通うことにしました。
まず習ったのがアイスクリームの注文の仕方。
40分ほどかけて「バニラ」や「ストロベリー」などの発音を学んだそうです。
ところが、「バニラの発音もできないのに、ビジネス英語なんてできるはずがない」
と彼は自信をなくしてしまい、さらに落ち込んでしまいました。
ほかにも、巷に溢れる、”聴くだけで英語が話せるようにな
る”だとか、”700語 さえ覚えれば・・”だとか、“TOEIC650点突破…”だとか。
しかし、そういったメソッドにも挑戦してみたものの、どれを試しても、
あるレベル(あいさつに毛が生えた程度)以上、上達することはなかったのです。
ある秘密を知るまでは…
そんな状態だったにもかかわらず、それから3ヶ月もしないうちに、
彼の英語力はみるみる上達していきました。
会社の朝礼でも自信をもってスラスラと英語でスピーチできるようになりました。
バニラの発音もできなかった彼が、ビジネスの現場でのディスカッションも
「ちゃんとした英語」で自信を持って発言できるようなりました。
いまでは、英語でのプレゼンテーションもカッコよくこなせるようになり
会社では、一目置かれる存在となっています。
たったの3ヶ月で彼に一体何が起きたのでしょうか?
どのようにして、ビジネス英語を身につけたのでしょうか?
答えは簡単です。彼は、ある秘密の情報を手に入れて、
それを徹底的にマスターしたのです。
その情報というのが、私がこれからお伝えする英語学習テクニックです。
断言しておきます。
あなたも、このテクニックを使えば、短期間でビジネス英語を身につけることができます。
もう英会話スクールに通ったり、無理にTOEIC対策の参考書を読んだり
小難しい単語を覚えようとするのもやめてください。
そんな無駄なことをしなくても、私がお教えする“学習テクニック”を知っていれば、英語力がどんどんアップします。
特別な能力は必要ありません。
その情報を知っているか、知っていないか、
たったこれだけの差なのです。
実際、私の英語勉強法を試していただければ、
「今までの苦労はなんだったんだ…」
と思うことでしょう。
なぜ短期間でビジネス英語が話せるのか?
それにはもちろん秘密があります。
では、私達日本人がビジネス英語を覚える為に必要な勉強とは何なのか?
その秘密をこれからお教えします。
英語を話せるようになるために必要な事、
それは教科書通りに「単語」や「文法」を覚えることではありません。
「バニラ」の発音を学ぶことでもありません。
ビジネス英語において、ある重要な部分だけを集中的に勉強するのです。
例えば、ビジネス英語の一番大きな特徴として、
「要点をコンパクトに伝える」という点があります。
日常会話では、「いいお天気ですね」というような挨拶を覚えますが、
実は、忙しいビジネスの場にはそれほど必要ありません。
また何を伝えたいのかが曖昧な表現は、ビジネスには不適切と言えます。
そのため、getやdo、haveなどの、短くて単純な動詞を多用し、要点を明確に、そして的確に相手に伝えることを重視した学習が必要になります。
こうしたビジネス英語特有の英語の使い方は、日常英会話では学べません。
だからこそ、仕事で英語を使う人は、日常会話から始める必要はないのです。
ビジネスで英語が必要なら、ビジネスの英語を学べばいいんです。
「バニラ」を発音することがビジネスにどれほど必要でしょうか?
そんなことばかり学んでいても、仕事で使える英語というものは、
いつまでたっても身につきません。
だからこそ、とにかく私がお教えするポイントだけを集中して勉強してください。
はい、これだけであなたはビジネス英語が話せるようになります。
「え?ちょっとまってよ!」
「部分的に覚えたって話せるようにならないだろ・・・」
こう思いました?
大丈夫です。
私が言う重要な部分だけを意識して学べば、
あなたはビジネス英語の“ある秘密”に気が付くことになります。
そして、この秘密を知ってしまえば中学レベルの英語力で、
ビジネスの現場でも「ちゃんとした英語」を自信を持って発言できるようになるでしょう。
事実、私が今までに英語を教えてきた生徒さんは文法など全く気にせず、
すぐにビジネス英語スキルの向上を実感していただいています。
最も重要な部分さえ押さえてしまえば、すぐにでも英語は話せるようになります。
もう無駄な勉強をしないでください。
冒頭でも述べたように、私の勉強法は他とは大きく違います。
「日常会話なんて学ばなくていい!」 「文法なんか気にしなくていい!」
なんて一般的には非常識なことも言うくらいですから。
しかし非常識ゆえに、
この勉強法を公開すると同業者からクレームが来る可能性もあります。
それでも私はそれを覚悟の上でビジネス英語の秘密を公開することにしました。
なぜなら、「単語」や「文法」を覚えるだけの勉強法にうんざりしているから。
そして、もう無駄な勉強法をしてほしくないからです。
「ビジネス英語って、なんだか難しそう。私には無理…」「ビジネスの場面で使えるほど、英語に自信がない…」
「実際にネイティブに伝わるのかわからない・・・」
「もう諦めようかな・・・・」
あなたも様々な不安がある事だと思います。
でも、もう英語の勉強に無駄な時間を使う必要はありません。もう苦労して勉強する必要もありません。
私が、最短で英語をマスターするためのオリジナルテキストを公開しますから。
これは、巷にあるような、聴くだけで英語が話せるといった類いのものではありません。
これは、実際には英語が話せないような人が、学習法だけ教えているものでもありません。
これは、TOEICの点数を取るための方法でもありません。
これは、高い入会金を払って、英会話スクールにいく必要はありません。
これは、学生時代の英語が優秀である必要もありません。
これは、いわゆる頭の良さを必要とするものでもありません。
これは、毎日英語漬けにして、”英語脳”に変える必要もありません。
あなたがやることは、私がお伝えする“ビジネス英語”で重要な部分だけを意識して学ぶこと!
たったそれだけです。
最初は、ネイティブの英語をすべて理解する必要はありません。
重要な部分さえ理解できるようになれば後は自然と身に付き、仕事で使える英語が話せるようになるのですから。
それでは、私の英語テキストの内容の一部を紹介しましょう。
英語文化の暗黙のルール
外国人と対等に話がしたい?だったら日本文化にはない
”英語文化の暗黙のルール”を知っておいてください。これを知っていれば
外国人を前にしても、自信をもって英語が話せるようになります。
初対面の外国人とも30秒で打ち解ける方法
あいさつの場面で、忘れてはいけない一番大切なポイントが1つあります。
これを使えば、初対面の外国人とも一瞬で打ち解けられます。
アメリカ文化特有の「3つの重要概念」とは?
この概念を知っていれば、英語らしい表現・英語らしい文章が
自然と思いつくようになり、仕事でストレスなく英語が使えるようになるでしょう。
海外でも通用する国際人なら、絶対知っておくべき”ある1つの常識”
これを知らずに、日本語ニュアンスのまま、コミュニケーションをとっていると
あなたは、高確率で嫌われてしまいます。
挫折せずに英語力に磨きをかける”3つのC”とは?
どれだけ頑張っても上達しない?いつも途中で挫折してしまう?
それなら、このポイントを押さえて学習してください。
第六感・思考・ひらめきを有効活用した英語学習法
英語脳活性化日英交流四技能最大活用六感有効利用九段階勉強法とは?
(難しそうな名前ですが、やることはいたって簡単・シンプルです)
リスニングを難しくする4つの要因
なぜ、あなたは英語を聞きとれないのか?
それにはちゃんとした理由があります。その理由とは…
(多くの人が見落ちしがちな重要なことです)
一気に理解力が高まるリスニング攻略法!
ネイティブの英語が速すぎて聞きとれない?
だったら、この方法を試してみて下さい。
リスニング力を上げる方法
リスニング力を上げるには、発音を意識するのが一番ですよね?
残念!実は、発音を意識するよりもっと大事なポイントがあります。
そのポイントとは?(多くの日本人が意識していない、忘れがちなことです)
LとRの不思議なお話し
単語の意味がわからなくても、意味がわかるようになる?!言語学的なアプローチで語る、LとRの不思議なお話。
5つのリスニング勉強法
これでダメならあきらめて下さい!
本当に使えるリスニング力が身につく”5つのリスニング勉強法”
スピーキングを攻略するための5つのポイント
外国人を前にすると、全く言葉が出てこなくなる?
だったら、このポイントを意識してみて下さい。リラックスして話せるようになります。
ディベート思考をやしなう”三角ツリー”
日本人が苦手なディベート…。聞いているだけで自分の意見をしっかり言えなければ、
これからの国際社会では通用しません!ですが、の三角形を意識すれば、
英語で、堂々と自分の意見を言えるようになります。
会話をおもしろくする5つの方法
外国人との会話が盛り上がらない?だったら、ここでお伝えする
会話をおもしろくする5つの方法を試してみてください。
私は、これを使って会話をすると、「こいつ、面白いやつだな」といい印象をもたれ、一目置かれる存在になれました。
実力以上の力を見せ付ける6つの技法
自分の英語力に自信がない人でも、この技法を使えば
不思議と、スムーズに堂々とした英語が話せるようになります。
リーディングに強くなる”8つの秘訣”とは?
ここでは、言語学的視点からアプローチした、英語の本質の部分をお話しています。
小手先のテクニックではなく、本当に使える英語力が身につくので
今後の伸びしろが全く違ってくるでしょう。
難解な英語も意味が理解しやすくなる基本ルール
海外の専門書をスラスラ読めるようになりたい?だったら、この基本ルール
を押さえておいてください。これさえ知っておけば、難解な英語も意味が理解しやすくなりストレスなく英語を読むことができます。
英文2つのタイプの読み方
英文の読み方には2つのタイプがあります。状況にあわせて、この2つのタイプを使い分ければ、より効率的に英語を読めるようになるでしょう。
英文を書くときに必要な4つのCとは?
このポイントをはずすと、あなたの英語は伝わりにくくなります。
ビジネスで英語を使う際には、絶対に外せない重要なポイントです。
アメリカ人が好きな”3つの形容詞”とは?
日本人がよく使う言葉があるように、アメリカ人が好んでよく使う言葉があります。
これを使えば、よりネイティブらしい自然な英文が書けるようになります。
パラグラフ・長文を書くときに使えるテンプレート
このテンプレートの構造に従えば、長文メールも報告書もストレスなく英語で書けるようになるでしょう。
超使える便利な動詞 “makeの使い方”
この動詞の使い方をマスターすれば、小難しい単語を大量に覚えなくても一気に英語上級者になれます
ライティングに磨きをかける4つの勉強法
この勉強法なら、本当に使えるライティング能力が身につくので
あなたの英語力はメキメキ上達していくことでしょう。
ビジネスで役立つ「状況別ライティング表現20」
「業務報告」「アンケート依頼」「顧客への対応」から
「新入生の歓迎会」「忘年会の開催」まで。
あらゆる状況に対応した、使えるライティング表現をお教えします。
外国人と付き合うために必要な2つの視点とは?
上記タイトルの簡易的な説明文を入力します。以下ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト
人を惹きつける話し方、4つの秘訣
会議・プレゼンテーション・ディベートなど、ビジネスの場面で魅力的な話し方ができることは、かなりアドバンテージになります。この4つの秘訣を意識して話を組み立てれば、一目置かれる存在になれます。(もちろん日本人同士にも使えます)
「重なり思考」と「分かれ思考」とは?
日本と西洋の文化的・言語学的な違いなど
双方の違いをさまざまな面からみた、今までになかったユニークな概念。
西洋人と日本人の発想の決定的な違いとは?
ビジネスの場面にかぎらず、プライベートにおいても”発想の違い”からくる誤解や混乱は多々あります。これを事前に知っておくと、西洋人の頭の中がよく理解できるので、
相手の予想外の反応にも、慌てずに対処できるようになります。
警告!これをやってはいけません。
日本人がやってしまいがちな「ビジネス英語の間違い20選」
これを知っておくで、余計な誤解や混乱を避けることができます。
要注意!世界一”気の利かない国”とは?
この国の人とコミュニケーションとる際には、注意してください!
特にわたしたち日本人は、この国の人たちを「冷たい人」と誤解するかもしれませんが、文化的な違いからくるものなので、本当に冷たいわけではありません。
いかがでしょうか?
このテキストを読んで勉強をすればビジネスの場面でも通用する仕事を最短距離で学ぶことができます。
みるみるビジネス英語を習得していくあなたを見て周囲も驚くでしょうし、
なによりあなた自身が驚くことになるでしょう。
以上の内容を、わかりやすい動画(解説動画 16本(再生時間合計:約486分)でも解説しています。
今からあなたはビジネス英語習得の秘密を知ることになります。
あなたは英語を何故覚えたいのでしょうか?
などなど、目的は様々でしょう。
もし、あなたが今も英語の勉強に苦労していると言うのなら、私の英語勉強法を今すぐ試してみてください。
このビジネス英語習得の秘密さえ知ってしまえば、
「ビジネス英語は実は簡単に話せる」という事実に気がつくことでしょう。
もし、あなたがこの英語勉強法を知ってしまうと・・・・
英会話スクールに通う必要がなくなります
ビジネス英語習得の秘密を知ることができ、最短距離で英語を学ぶことができます。
英語教材を買いあさる必要がなくなります。
もうあなたは一人で悩む必要はありませんし、苦労する必要もありません。
なぜなら、私が最短で英語をマスターする方法を徹底的にお教えいたしますし、
なにより楽しく英語を上達できるようにいたしますから。
また、質問などにはすべて私が個別に対応しますので、安心して英語の勉強に取り組んでください。
でも、この英語教材はいくらなの?
はい、正直なところ今回公開する私の英語教材は質にこだわりをもっています。
数十万円を払って英会話スクールに通っても、絶対に他では手に入らないノウハウですし、
最短距離でビジネス英語をマスターできると確信しております。
総製作費用、総制作期間を考えるとどうしても高額になってしまいます。
しかし、私がこの英語勉強法を公開することに決めたのは、
今の英語業界を変えるため、全く新しい英語勉強法があることを世に広めるためです。
ですので、今回は、通常価格39,600円でご提供させていただくことにしました。
ですが、この勉強法は一人でも多くの方にビジネス英語をマスターして欲しい為に公開したものです。なので今回だけお得なキャンペーンをご用意しました。
なので、急いで下さい。あなたもご存知のとおり、こういったキャンペーンでは、
30名なんて、あっという間になくなってしまいます。
だからこそ「本気で英語を話したい!」と考えている人は、ぜひこのチャンスに、
“Business English Super Training”を体験してみてください!
今すぐ以下のボタンをクリックして
これまでにない、新しい英語学習の世界を体験してください。
ダウンロード版 PDF18ファイル 計420ページ
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。
有限会社ティー・キューブ 代表取締役
テクニカルライター 高橋浩子 
なんという戦略!なんという切り口!そしてグイグイ引き込む話の上手さ!!!ヘタな書籍を遥かに超えるテキストの量にも驚きましたが、それよりもなによりも内容の濃さにぶっ飛びました。石井先生の他に誰が、英語と仏教や哲学をシンクロさせ、なおかつ楽しく理解させてくれるでしょうか。ここには小手先のテクニックなど足元にも及ばない、国際舞台でのビジネスに成功するための「成功哲学」がぎっしり詰まっています。こんな風に勉強できるチャンスに恵まれた皆さんは、とっても幸せ者です。思いっきり楽しみながら全身全霊を傾けて学び抜いてください!応援しています。
■著書一覧
イクオス英語学院・茅ヶ崎寝屋川校・英語音読マラソン事務局
北川孝子 KITAGAWA TAKAKO 
みなさんお待たせしました。
理論言語学者で近畿大学教授の石井先生の「ビジネス英語講座」のインターネット配信が始まりました。
英語関連の本をたくさん出版され、ネット上でも通訳ガイド・英検1級・TOEIC満点塾などを指導されている石井先生が、また1つ新しい講座を開設されました。
英語の基本的な勉強法をはじめ、英語そのものの特徴、日本語との違い、更に、ビジネスで英語をコミュニケーションのツールとして用いるための方法、ビジネスにおける基本的な考え方やマナー、異文化理解を深める情報など、多岐にわたる情報と実践的訓練を提供する素晴らしい講座です。
ユニークな視点から、孤独におちいりがちな学習者を励まし、楽しませる仕掛けも満載です。
日本文化にも造詣の深い石井先生が展開される英語で悟りを開き、英語脳を活性化させるための英語修行を一緒にお楽しみいただけます。
最後になりましたが、石井先生には私の主宰する英語音読マラソンスピーチコンテストに、毎年ボランティアで審査員を引き受けていただいています。
参加者は4歳から80歳まで。趣味と実益を兼ねて英語学習を続けているメンバーに、暖かい励ましのメッセージいただき、近著を寄付していただいています。
この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとうございます。
■著書一覧
石原真弓氏 
どんなことでも、目標を定めて、ある程度の成果を得たいと思うとき、まず2つのことが基本的に大切だと私は思います。
「その目標達成のための勉強法の確立」と「その目標に向けた努力の継続」の2つです。
これは石井隆之先生の基本的発想に一致し、これまでの先生のネット上の講座に共通していることですが、本ビジネス英語講座でも、この2つに関する具体的な考え方と勉強の姿勢を詳しく、分かりやすく、そして面白い読み物風にまとめられています。
コンピュータの世界には、ハードウェアとソフトウェアがありますね。
私は、勉強全般には、ハードウェアとソフトウェアに加えてハートウェアがあるという石井先生のお考えに賛同しています。
勉強のためのハードウェアは教材、ソフトウェアは勉強法、ハートウェアは心構えです。
勉強内容そのもので言えば、ハードウェアは知識(what to learn)、ソフトウェアは覚え方(how to learn it)、そして、ハートウェアは動機(why it is learned)です。
本マニュアルは、これら3拍子そろった勉強ができるしくみになっています。
この講座の優れている点で、私が特筆したい点は、2つあります。
1つは、ウェブビデオで基本事項を学んだあと、ビジネス英語能力を高める学習システムがきちんと用意されていることです。
もう1つは、ともすれば単調になりがちな勉強を楽しくさせる工夫として、面白くてためになるTIPSが随所に散りばめられている読み物があるということです。
それではみなさん、頑張ってください。応援しています。
■著書一覧
梶山宗克先生 
ビジネス英語のマスターを目指している皆さん、こんにちは。MK英語学研究所所長の梶山宗克です。
石井先生によれば、教育の「育」という字は、上の「云」の部分と下の「月」の部分の2つからなるとのこと。
「云」の「ム」に見える部分が赤ん坊の頭を表すので、「云」は赤ん坊が頭から生まれていることを示しています。これは、正しい生まれ方なので、「云」の部分は「正しい」ことを表しています。
一方、「月」の部分は、部首としては「肉付き」で、力があることを暗示します。つまり「月」は「強い」ということを表します。
だから、「育」という字は、<正しく、強い>をコアとしています。確かに育てることは、正しさと強さの両面が必要ですね。ビジネス英語も、正しく強い英語であるべきです。間違ったり、弱弱しいものであったりしてはいけません。どちらの要素も必要でしょう。
云(正)—理論/知識 
月(強)—実践/練習
何事においても、その能力を育むには、正しい理論をしっかり学び(=努力の方向を定めること→努力の<質>を向上すること)、学んだことを力強く実践する(=努力を重ねること→努力の<量>を増やすこと)ことが、肝要であると、石井先生は主張されています。
石井先生は、奥の深い「英語指導哲学」をしっかり持って、独自に編み出した方法で、<面白く、ためになり、わかりやすい>指導(=<オタワ>指導)を展開することを心がけておられます。
石井先生の指導のもと、「英語そのものの理解」(=「英悟」)を通し、国際人として必須の知識と智恵を獲得してください。応援しています。
■著書一覧
中川昭先生 
みなさん、こんにちは。初心者向けのTOEIC本でおなじみの中川昭です。
私はいろいろな大学で英語を教えています。
今回、私の師匠でもある石井隆之先生の編み出した、ビジネス英語web講座のマニュアルを読ませていただきました。
「おっ、これは大学の英語教育全般にも通用するなあ!」と思う箇所がいくつかありました。
1つ挙げますと、2つの「ト」と4つの「コン」と4つの「コ」の発想です。
2つの「ト」とは「トキ」と「トコロ」。
4つの「コン」とはConcentration、Continuation、Confidence、Condition。
そして、4つの「コ」とは、「コト」と「コトバ」と「ココロ」と「コツ」の4つ。
この発想をしっかりと持った英語教育が重要ではないかなと私も思います。
授業の場所にとらわれず、いつ、どこで勉強するか?が学生の英語力向上に不可欠ですね。
まあ、簡単に言えば、授業は触媒みたいなもので、授業を機会に別の時間と場所で学生が勉強し始めると英語力が伸びるのです。
トキとトコロは、「時間」と「空間」に関係しますが、勉強する本人はやはり「人間」ということで、人間自体はどうあればよいかとなれば…。
やはり、何といっても大切なのが、Concentration。
Concentrationとは最近の学生に欠けているかもしれない集中力。
そして、それを継続する力、すなわちContinuation。継続は力なり!と言いますね。
集中力を継続させても、Confidence(自信)がないといけません。
そして、Condition(体調)も万全にしておく必要があります。
この体調を向上させる8つの方法があるらしい。これはマニュアルを読んでのお楽しみということにしておきましょう。
ところで、4つの「コン」のうち、最初の3つは、心に関係するので「心則」で、後の1つは体の調子のことなので「体則」と石井先生は呼んでいます。
心と体のどちらの法則も重要ですね。
最後ですが、4つの「コ」の話。
「コト」とは情報のこと、沢山の情報を得て、自らの知識として整理し、教養人を目指す。これも英語教育に不可欠な要素ですね。
「コトバ」は勿論、ターゲット言語としての英語、そして我が母国語である日本語。日本語がしっかりしていないと英語も上手にならないですからね。
そして、「ココロ」がまた大切ですね~。
石井先生は、さっきの心則に加え、2つの「あ」と言って、「あきらめない」と「あせらない」が重要とのこと。
確かに、英語学習にはコトとコトバとココロのどれも欠かせませんね。
最後に、これがまた超重要ということですが、「コツ」ですね。
私もTOEICを教えていて、「コツ」が重要だと常に主張しているわけですが、石井先生が伝授する「コツ」は単なるコツではないですよ。
コト(教養力)とコトバ(英語力)とココロ(精神力)に裏付けされたコツだから、最強です。
これら、英語教育の成功のカギとなる超重要な発想を常に念頭においておられる石井先生の書かれたビジネス英語講座のマニュアルは、国際的なビジネスの場で活躍する真のコミュニケーターを目指す皆さんにとって、十分有益な内容であることを確信します。
思い切って勉強してみたらどうでしょう!
喜多尊史先生 
石井先生とは既に30年近いお付き合いがあります。
若い頃から日本文化の紹介に情熱を燃やし、真の異文化間コミュニケーションを実践してこられました。
それだけでなく正しい英語の勉強方法の普及にも熱心でした。
今度のマニュアルを拝見して石井先生のこれまでの蓄積された知識とエネルギーが溢れ出るのを感じました。
□Voluminous Content
これほどの膨大な情報量を誇る講座は他にはないでしょう。
情報量の点で学習者は充分に満足できます。ビフテキのようなvolumeです。「ビジネス英語マスター講座」といいながら、通常のweb講座の類のものとは次元が異なります。
□Intimate Knowledge
それに加えて読んでいて面白い!国際ビジネスコミュニケーションで留意すべき情報だけでなく、日本語や日本文化に精通した知識も伝授されます。
石井先生は話も楽しい素晴らしい授業をされますが、そのソフトな口調で学習者をして決して退屈させることがないのは話題の豊富さと面白さです。
□Cultivated English
英語に関していえば品のある英語を学べます。
「意味が通じればいいのだろう」というレベルから抜け出して上級の英語力を身に付けたい人に最適です。
英語で世界中の人達と議論・交渉するにも、まず気品が必要です。
□Technical Terms
何と言っても語彙の解説が素晴らしい。退屈な単語の勉強が楽しみの時間に変わります。語源からのアプローチと国際ビジネスと関連させた単語の解説を読むうち専門用語を含め、様々な語彙が自然と身に付きます。
□Organized Lecture
石井先生の講義の特徴は準備の行き届いた内容が順序良く展開される点にあります。この講座は雑学や思い付きの寄せ集めではありません。文法、単語、読解力、作文力、さらには国際人として必須の事項が体系的に展開された講座です。さらには日頃の親切な指導振りが懇切丁寧な解説となって書き込まれています。
□Resourceful Culmination
国際舞台で活躍するのに必要最低限の英語力を高めるための工夫はどうすればいいのか、この講座はまさに汲めども尽きない実例を提供してくれます。この講座に冠するに「無尽蔵な(Resourceful)」という言葉こそ相応しいでしょう。石井先生ご自身の長年の研鑽と研究に裏打ちされた知識の集大成です。
これまでの英語の頭文字をあわせると、VICTOR (勝利者) になりますね。
この講座を活用して、あなたも国際ビジネスにおける勝利者になってください。
This lecture provides you with the ultimate roadmap to victory. Wish you good luck!?
■著書一覧
追伸
最後までお読みいただきありがとうございます。
この教材作成をするにあたって多くの方にご協力をいただきました。
ネイティブによる構成チェック、セミナー映像の録画など
多くの方にご協力を頂き、今まさに公開できたことに心から感謝しています。
あとは、この英語勉強法でより多くの方に
「英語を話すことは実はカンタンなことだ」ということに気がついてもらうこと、
そして、実際に英語を話せるようになっていただければ、指導者として最大の喜びです。
「仕事のスキルアップ」「海外旅行」などなど、英語を覚えたい理由は様々。
あなたの夢がこの教材で叶いますように…。
あなたの成功を心から応援しています。
石井
ダウンロード版 PDF18ファイル 計420ページ
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。
トップページ
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
Copyright © 2012 Business English Super Training All Rights Reserved.
ビジネス英語ディスクリプション
理系の大学で習う英語と文系(経済学部)で習う英語の違いは、理科に関する専門用語を中心に取り扱い、英語の論文にも対応できる読む力を付けるビジネス英語や日常会話などの表現を扱い、英語を使ってのコミュニケーションなどの話す力を付けるこんな感じの認識で合ってるでしょうか?
理系でも文系でも、いわゆる教養科目としての英語は、学校英語の延長のように思います。そして、専門科目としての英語は、ご質問者の考えているとおりでは。ただし、担当教員の専門分野にもよります。
英語の基礎を学び直したい20代半ばの女です。私は外国人と結婚しており、日常会話は支障がなく話せるんですが、ビジネス英語や、文章を作るのができません。今の職場で外国人のお客様と会話したり、メッセージを書いたりすることがあり、今の私の英語力ではあまりにフランクすぎて、お客様に使えません。会話のなかでふと、出てくる英会話も、フランクになります。TOEICも受けましたが、800点取ってる友達より、日常会話はできるのに、点数は400点台です。そこで英語の基礎をつけたいんですが、(文法や、品詞など)性格上飽き性で、一人で学ぶのは向いてません、、、学生のとき行ってたような塾に通いたいんですが、どこかオススメのスクールはありますか?(オンラインでもいいです)ただ、ネイティブの英語で教えてもらうと、微妙な違いや、理解できないことがあるので、日本人の教師、もしくは、ネイティブでも日本語で教えてくれるとこがいいです。どこかあれば教えて下さい。補足文法ではなく品詞、、、?それすらもわからないですがTOEICだとリスニング300点、リーディング100点とかです。日本語訳のついてない穴埋め問題がほんとにわからないです。
品詞というより、文章の基本構造からやり直したらどうでしょうか。・Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル中学レベルからやり直す場合におすすめ。ちょうどいい難易度と分量です。単語は簡単すぎるかもしれませんが、SVOCなどの構造や現在完了と過去形の違いなど、もう一度一からやり直してみると、すっきり整理できるはずです。そのうえでTOEIC用の文法問題集で穴埋め問題の解き方などに入られると理解しやすいと思います。英会話スクールはおもに会話に重きをおきます。文法に特化して勉強したいのであれば、TOEICや英語資格を専門に教えているようなスクールの方がいいと思います。実際にTOEICを受験してきて、英語を頑張って学んできた日本人の講師が教えているところが多いです。マンツーマンや集団型など、いろいろなタイプのスクールがあるのですが、質問者様のペースで学びたいのであればマンツーマン型のほうがカリキュラムなど自由に組めますよ。
英語学習について質問です。ビジネスでも使える英会話力を養うには、どのように学習することがもっとも効率的でしょうか?一般的な単語帳を見て一つずつ覚えるにも、時間がかかりすぎかと感じ、一般的な英語での会話を片っ端から覚えていくのがいいのかななど、悩んでいます。恐らくインプットもアウトプットも必要だとは思うのですが、その割合もどれくらいにすればいいかも分かりません。プロフェッショナルな方々のご指導いただければと思います。
ビジネスで英語を約6から7年使っています。私のか経験から、まずは日常会話を話せるようにする事。そこで、ごく一般的な文法や単語を覚えて下さい。その後に実際に活躍したい業界で英語を使って下さい。文法と当たり前の単語を覚えておけば、ビジネスで使う英語や、ビジネス文書の書き方は覚えやすいです。基礎がなくビジネス英語を学ぼうと思ってもかなり苦労すると思いますし、フランクな会話も出来なくなりますので。あくまでも日常会話をベースにするのが良いでしょう。
英語が覚えられないどうしたら覚えられるのかここ1年間独学で英語を勉強していますしかし中々英語が覚えられません独学で勉強をするからいけないのか、英会話習おうと思ってますが仕事の都合でそんな時間も無く、海外の方と喋る仕事が多少あるのでとても読み取れなくて書く事も言う事も困難です覚えられない自分にも嫌気がさしますですが、ここで仕事を辞める訳にもいかず…暗記力は十分にある方だと思いますが、どうしても英語だけが聞き取れなくて覚えにくいです耳から覚えようと試しましたが全くの他、出来ませんでした。ネイティヴに喋れるのは生まれ育っての特権だと思いますがそこまでは望んでおりません。ある程度相手の方に伝わったり、会話が読み取れるようになりたいです。英語が出来る方は何からどの段階で始めましたか?是非みんなさんの意見から参考にさせて下さい
どんなテキストで勉強してらっしゃいますか?英会話でしょうか?ビジネス英語、ビジネス英会話のテキストを買って、CDがついていると思うので、それをとにかくずっと聞いてる。クルマで移動中は聞き流し、テキスト見れる時は見て、夜寝る時もずっとリピートで流しておきます。最初は何言ってるか、チンプンカンプンですが、何十、何百回もリピートして聞いてると、だんだん聞こえるようになってきます。あと、NHKの夕方や朝のニュースは確か副音声が英語なので、家のテレビは副音声に設定されると、その日のニュースが英語で聞けます。英会話は、ある程度は予測がききます。電話なり、会議なりのシチュエーションで、相手が自分に聞いてくるであろう質問を予測して、あらかじめ何パターンか、あなたが話したい内容を英作文しておくのはいかがでしょう。また、あなたから相手に聞かなきゃいけない事項も、あらかじめ英作文しておき、細かい部分が聞き取れなかったら、詳細についてはEメールの文書で回答ください、って言うようにすれば、あいまいなこともなく、確実に仕事ができますね。
英語の勉強について。Toeicのようなビジネス英語や受験の英語などではなくて純粋な英語力をつけるにはどうすればいいですか?留学はなしでお願いします
大学受験勉強でも、かなり基礎学力の養成にはなると思いますよ。センター試験9割以上取れる位までやればね。「純粋な英語力」をどの様に捉えておられるのか?分かりませんが、今からでもネイティブによる全て英語だけの幼児様のレッスン(最低週3+毎日家で)から始めれば、3年後には(子供には発音では負けるかも知れないけど)英語圏の4-5歳が話す英語は身に付くかも知れません。それを中学・高校コース迄やれば、英語ネイティブの中学生に近い所までは行けるかも知れません。そこまで出来れば大したものです。学校のテストや受験は一切無視してやるのです。
おすすめの情報