自己啓発

今さら訊けないビジネスマナー講座

今さら訊けないビジネスマナー講座



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

今さら訊けないビジネスマナー講座

■商品詳細:

人気ビジネスマナー講師による解説DVDでは次のようなことがわかります。

ビジネスマナーが生む「良いサイクル」とは?
マナーとルールの違いとは?
電話対応で相手の印象を良くする心得とは?
来客への対応は会社のイメージを左右する?
角が立たないお客様の帰し方とは・
お作法の席次とビジネスマナーの席次は違う?
お茶を出す時の大事なポイントとは?
大勢の人とスムーズに名刺交換をするときの持ち方とは?
受け取った後の名刺はどこに置けばいい?
客先への訪問のときに、どこに座ればいい?
接客時の持ち物について

■商品内容:

DVD1枚、テキスト21ページ

■ジャンル:

自己啓発

■販売価格:

9800円

■販売者名:

株式会社バレーフィールド
★自己啓発☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑


[su_accordion]
[su_spoiler title=”今さら訊けないビジネスマナー講座” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]
今さら訊けないビジネスマナー講座
「お客様からのクレームのうち、55%は接客対応に関するものである」
と言われています。
商品やサービス内容そのものではなく、 接客対応がクレームに繋がっているということは、
非常に勿体ないことです。
また、これからお仕事をいただくかどうかというような新規のお客様に対して、 きちんとした対応をしないと印象を損ねてしまい、お仕事を逃してしまう可能性もあります。
電話対応、来客時の対応、客先への訪問、外出先でのお客様との移動など、 あらゆる場面でビジネスマナーは必要になります。
多くの企業では、新入社員研修において基本的な「ビジネスマナー」を学びます。
しかし、新入社員時代は、そもそもビジネスの現場経験がほとんどないため、形式的なビジネスマナーに終始しがちです。
また、30代以降になると、研修で習ったことをすっかり忘れてしまっていて、自己流の解釈になってしまい、知らないうちにビジネスマナーで損をしているという方が非常に多いのです。
お客様に失礼のない接客、好感度を与えるビジネスマナーを再確認する機会としてご活用ください。
Le Ciel Support(ル・シェル サポート) 代表 大﨑 麻美子   
DVDの内容の一部をご覧いただけます。

■講義風景
第9回士業交流会「みらい」では、40名の士業の先生が参加されました。
Le Ciel Support(ル・シェル サポート)
代表 大﨑 麻美子
ビジネスマナー・接遇マナー講師として、様々な企業様へお伺いしております。
【講師になったきっかけ】
会社員時代、マンション業界で部下120人のスタッフの管理運営を行い、
いち会社員なのに、大崎商店の様に、人・物・お金の管理を全て行っておりました。
物件を管理運営していく中で、一般のお客様とお仕事を下さるクライアント様の
両方のお客様が何を望んでいるのかが見えてきた為、自分のスタッフに独自の研修を始めました。
その結果、スタッフの質が高まり、両方のお客様に満足してもらえ、
営業せずとも、仕事を頂ける様になりました。
会社は利益を上げる事が出来、スタッフのお給料を上げることが出来、
私の給料も上がる。という、社内ハッピーと共に、
一般のお客様からもスタッフの質を高く評価され、
クライアントからも「大崎に頼めば安心」という評価を受けることが出来ました。
それを機に研修の内容を良くしていきたいと考え、
大金を投じて様々なセミナーや講師養成講座に通いました。
幸運にも社内で研修部門を設立。
社内マニュアルを作成し、全スタッフ研修(約3000名)の研修行いました。
その後、研修会社に入社し2009年よりフリーの講師として、企業研修を行っております。
ビジネスマナー講師
接遇マナー講師
イメージコンサルタント
立ち居振る舞いインストラクター
不動産のコンシェルジュ・管理スタッフ請負業界にて、部下120 人の管理及びマンション・病院・商業施設等の 管理運営補助を行う。
マネジメントの基本「人・物・金」の管理を行うと共に、お客様に 喜んで頂ける仕組みを創る。
企業もスタッフもお客様も、皆が幸せになるハッピーサイクルを創り出し、 会社の利益が年間約1億増となる。社内に教育研修室を設立し、室長に就任。 全社員向けの研修を行う。
その後、会社は「人」で必ず変われるという信念のもと、人も企 業も幸せになるハッピーサイクルを広めるべく、人財育成業に専念。
不動産業界での現場マネジメント経験から、講師としては珍しい、現場感覚を持つ講師として、接客、ビジネスマナー研修・マネジャークラスの研修を得意とする。
マナーの『カタチ』だけではなく、『こころ』を、伝えることにより、より深く心に響く研修を心掛けている。
(順不同)
株式会社KDDI 「接遇マナー研修」「ハートフルスタッフ認定試験」
財務省 「プレゼンテーション研修」
東京都病院 「新入職員研修」
練馬区役所 「講師養成研修」
目黒区役所 「新入職員研修」
公正取引委員会 「秘書研修」
監査法人トーマツ 「新入職員研修」
香川証券株式会社 「新入社員研修」
花王カスタマーサービスセンター株式会社 「全国リーダー向け接遇マナー研修」
株式会社QNET 「新入社員研修」
アコム株式会社 「アセスメント研修」
株式会社ケーヒン 「アセスメント研修」
丸紅コミュニティ株式会社 「接客スタッフ向け印象アップ研修」
東急ビルメンテナンス株式会社 「接遇マナー研修」
世田谷サービス公社株式会社 「接遇マナー研修」
株式会社横浜岡田屋 「立ち居振る舞い研修」
順天堂医院 「接遇マナー研修」サブ講師
ちかざわレディースクリニック 「接遇マナー研修」
入間ハート病院 「OJT 指導」「ウォーキング研修」
株式会社クオリティライフコンシェルジュ  「OJT指導」
                             「接遇マナー研修」
                             「メイクアップ研修」
                             「ウォーキング研修」
                             「立ち居振る舞い研修」
株式会社アスク 「OJT指導」 「接遇マナー研修」
株式会社フジ医療器 「トレーナー研修」
株式会社三協運輸サービス 「コミュニケーション研修」
株式会社ラップタイマー 「女性から見た信頼出来る営業マン研修」
株式会社韋駄天 「新入社員研修」
株式会社サイバーコミュニケーション 「新入社員研修」
横須賀市訪問介護事業者連絡協議会 「ケアスタッフ向け接遇マナー」
ソーシャルネットワークス合同会社 「外国人向けマナー研修」
株式会社ケイ・ワイ・コーポレーション 「マネージャー塾」
ウィズサポートホームヘルパー友の会 「接遇マナー研修」
株式会社ブレイクスルーマネジメント 「ブレイクスルーセミナー:人に強くなる」
美UPサロン 「骨格診断セミナー」「訪問とおもてなしマナー」「公共マナーセミナー」
株式会社アイシービー  「ビジネスマナー研修」
                  「コミュニケーション検定対策講座」
                  「インストラクション研修」
定期開催 「ビジネスマナー講師養成講座basic クラス」
定期開催 「ビジネスマナー講師養成講座advance クラス」
定期開催 「接客接遇マナーインストラクター養成講座」
弊社にて定期開催 「ビジネスマナー講師養成講座」「接遇マナー講師養成講座」
新入社員向けビジネスマナー
ビジネスマナー
コミュニケーション
男女の心理の違いを知りコミュニケーション力UP
メイクアップ~べーシック編~
自分に似合うファッションを知る
パーソナルカラー診断
東村山西高等学校
和光高等学校 
相原高等学校 
上尾橘高校 
峡山経済高等学校 
春日部工業高等学校 
八王子北高等学校 
「進学・就職面接指導」
「就職模擬面接指導」
「就職指導・面接指導」
「面接指導」
「面接指導」
「面接指導」
「就職面接指導」
会社員時代、私の所属していた部署は、クレームが多発し、毎日電話が鳴りっぱなし、という状況でした。
最初は、なぜ、こんなにクレームがあるのか全く分かりませんでした。
実際に現場に行き確認したところ、スタッフのお客様応対が非常に悪かったのです。
この現状を目のあたりにして、私は次の考えに至りました。
ビジネスマナーの学び直し、スタッフの応対を改善しなければ、
どんなに良い商品・サービスを提供していてもお客様の信頼は得られない。
私が学んだことを他のスタッフに丁寧に伝え、実践してもらうことで、毎日生まれていたクレームを、ほぼゼロにすることが出来ました。
それだけではありません。
私の所属する部署のスタッフは、「対応が気持ち良い」というお褒めの言葉を沢山いただけるようになったのです。
そして、その対応の良さが認められ、営業部門ではないにもかかわらず、
お客様から直接、私に仕事の依頼が来るようになりました。
その額は、売上高で約1億円にも達しました。
会社の業績があがり、私も私のスタッフの給料もアップし、みんなが幸せな状態になりました。
「ビジネスマナーの見直しと向上は、会社の業績アップに貢献できる」 ということを身をもって体験したのです。
それから、私は、お客様からの好感度・信頼感をあげるビジネスマナーについて、より多くの人に伝えたいという思いから、ビジネスマナー講師として活動することに至ったのです。
このページを見ている方には、 お客様に接客態度・対応が悪いという印象を持たれてしまうために、大事な仕事を逃していただきたくない!
と強く思っています。
この機会に、ご自身および社員の方々のビジネスマナーを学び直し、業務に取り入れていただければ、きっとお客様に喜んでいただけると思います。
返品について
本教材が満足できる内容でなかった場合、お手元に着いてから30日以内に、
下記項目をメールでご連絡いただければ、事務手数料1,000円を差し引いた教材代金を、 ご指定の銀行口座にお返しいたします。
(商品返却後の返金となります)
《記載内容》
ご購入者様のお名前
ご住所
お電話番号
ご購入日
ご返金先情報(銀行名・支店名・口座番号・口座名義カタカナ)
特定商取引に関する法律に基づく表示 | プライバシーポリシー | お問い合わせ
Copyright c 2012 「今さら訊けないビジネスマナー講座」DVD. All Rights Reserved.
[/su_spoiler]
[/su_accordion]
[su_accordion]
[su_spoiler title=”今さら訊けないビジネスマナー講座” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]
ビジネスマナー、ビジネス用語。「ご苦労様です。』は目上の方には失礼と言われていますよね。でも、代わりになるちょうどいい言葉が見つからず、いつも「ありがとうございます。」「よろしくお願いいたします。」等でお茶を濁しています。何かいい言葉はありませんか?朝なら「おはようございます、ありがとうございます。」で結構いい感じなのですが、「こんにちは」は少し軽い感じがしますし、「いらっしゃいませ」も違うので。
ビジネスの言葉は当たり障りの無い言葉がベターだと思います。良い意味でも悪い意味でもビジネスライクと申します様に言葉に拘りは持たない方がいいなのではないでしょうか、どの様な時でも「ありがとうございます」がベターだと思います。余計なことに拘るよりも、多少は味気ない無い言葉でもビジネスはビジネスです、当たり障りの無い言葉でお茶を濁すのがビジネスマンだと思います。
ビジネスメールマナーについて。取引先とメールを複数回やり取りをする場合、一通目は●●会社●●様いつもお世話になっております。●●会社●●でございます。本題っと送っていますが、返信がありもう一度返す場合は、●●会社●●様本題でマナー的に問題ありますか?現在違和感をもちつつも毎回いつもお世話にのクダリをつけています。(自動で出るように設定している)つけた事により不快にさせるような事はないとは思いますが、文章的に無駄だと感じています。毎回、お世話にってつけるべきか、二通目送信以降は不要なのか正しいマナーを教えて下さい。
文章的に無駄であっても会話(メール)の緩衝材として機能します。二度目以降は「たびたび失礼します。」や「重ねて失礼いたします」など別の用語を足すこともあります。
ビジネスマナーについての質問です。新規商談先の先方担当がAさんという方で、役職は部長代理です。私はこれまで、部長代理や部長補佐という役職の方に対しても「○○部長」という呼び方をしておりました。そこでAさんに対しても「A部長、A部長」という呼び方をしていたのですが、何度目かの商談の時に突然「私は部長代理ではありますが、正部長ではありませんので、その呼び方はやめてください。」と言われました。マナーとして正しい呼び方は、以下の内どれなのでしょうか?A部長代理⇒『代理』や『補佐』まで呼称に付けるのは、不自然な気がする。A代理⇒社内・身内の場合には良いかもしれないが、相手方の場合には不適切な気がするA様⇒上記の件以来、この呼び方にしていますが、敬称も含むとされる役職名がないので、やはり不自然な気がする。A部長⇒やっぱりこれが、一番無難な気がするのですが。正しいのはどれでしょうか?よろしくお願いします。
マナーとして正しいのは相手に不快感を与えないことだと思いますよ。そのお客さんは部長じゃないのに部長と呼ばれることを不快に思われているのですから、その時点でマナー違反だと思います。もちろん、部長じゃないのに部長と呼ばれて嬉しい人もいるでしょうから、なんとも言えませんが。正しい呼び方ですが、今回の場合は「様」で良いと思いますが、気になるなら、なんとお呼びしたらよろしいでしょうか?と相手に聞くのも手ですね。要は、こういえば正しいとか、こうすればよいということではなく、お客様一人一人を見極めることが大切だと思います。大変だと思いますが頑張ってください。
ビジネスマナーを教えて下さい。取引先に年賀状出すのに来年から新会社に社名変更するのですが旧会社名で作ってしまいました。これは失礼になるのでしょうか?それとも裏面に一言新会社になる事書けば問題ないのでしょうか?よろしくお願いします
ビジネスマナーという形でのご質問ですがこれは誰に対するマナーを想定してのものですか?質問者様が気を遣うべき相手は誰でしょう?手紙の受取人となる相手の企業?違います。手紙の表面にある情報を必要としているのはその手紙を配達する郵便局員です。「今の会社名は歌舞伎町産業。来年から新宿産業に社名変更する。しかし差出人名は歌舞伎町産業で作ってしまった」質問者様が言っているのはそういうことです。「会社名が変わります」というのは手紙を受け取る人にとっては意味のある情報です。でも現在の社名が歌舞伎町産業である以上、それを差出人名とされても郵便局員が困ります。例えば宛先の住所に不備がある場合、その郵便物は差出人に戻されるわけですが、その住所にあるのは新宿産業ではありません。存在しない会社名を差出人にする方がよほど失礼だし迷惑だし意味がありません。表には「歌舞伎町産業」と書き、通信文の方に「本年4月より新宿産業に社名変更します」などと書くのが筋です。では仮に「投函する12月はまだ歌舞伎町産業だが、配達される1月1日から新宿産業になる」というならどうすればいいでしょうか?「差出人情報を必要としているのは誰で、どういう目的を持って書くべきなのか?」そういう意味を考えれば答えは見えてくると思います。
ビジネス実務マナー検定は、3級に合格しないと2級を受験することができないのですか?ちなみに1級、2級、3級しかないですよね?
カテゴリマスターいいえ、受験資格の制限はありませんので、3級に合格していなくても2級を受験することができます。もちろん、いきなり1級からでも可能です。級についてはご質問の通り、1級、2級、3級の、3つです。http://jitsumu-kentei.jp/BZ/guidelines/contents

[/su_spoiler]
[/su_accordion]