独立・起業・SOHO

創業融資最強マニュアル&ツール

創業融資最強マニュアル&ツール



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

創業融資最強マニュアル&ツール

■商品詳細:

創業を予定されている方、創業後1年未満の経営者必見!!現役の銀行員と元銀行支店長がお伝えする、銀行交渉、融資獲得の最強マニュアルになります。
実際に現場で審査をしている審査官と最終決裁者として様々な融資に取り組んでいた銀行支店長が不況の中、確実に融資を獲得するためにお伝えする全編156ページの最強融資マニュアルです。

マニュアルだけでなく、審査の肝となる事業計画書フォーム、資金繰り表・損益計画テンプレート、融資書類チェックリスト、実際に融資が出た7例の創業計画書の事例集(特定情報は変更)、断られた時の再審査依頼書フォームまでついた、これまでにないマニュアルです。

創業融資は1回勝負です。通常は保証協会と日本政策金融公庫の2回しか申し込めません。

これに失敗すると1年間は融資が出ません。そのためにも確率を上げることが必要です。

コンサルタントに頼むと着手金+成果報酬を取られ実際に手元に残るお金は少なくなります。

着手金で10万~20万、成果報酬で3%~5%とられますので1000万融資が出ても、コンサルタントには40万~70万程度支払うことになります。

こちらのマニュアルをご購入いただいた方には、そのような心配もなく著者が90日間無料のメールサポートをさせていただきますのでご不明点も解決できます。

もうコンサルタントなど必要なく、創業融資を獲得できますので50万以上コストメリットの出る商品です。

ぜひ創業をお考えの方はご検討ください。

■商品内容:

マニュアル156ページ、資金繰り表・損益表、事例集、チェックリスト、再審査依頼文

■ジャンル:

独立・起業・SOHO

■販売価格:

24900円

■販売者名:

株式会社ドリームホップ
★独立・起業・SOHO☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

創業融資最強マニュアル&ツール
見出しh1–>
はじめまして。
政府系金融機関で融資を担当している青木(仮名)と
大手銀行で
支店長として融資審査をしていた白木(実名)です。
いままで二人の累計で1500社以上の会社の審査に携わった嘘偽りのない
銀行マンです。
我々はこれまでの経験の中で、創業社長と会うことが多かったことは事実です。
そして、当然ながら、このような時代ですから、創業融資は特に難しくなっています。
たとえば、こんな相談をよくいただいております。
創業 A社長
景気低迷でリストラ候補になってしまいました。給与は前年度より10%カットです。
このまま会社に残っても先が見えないので、一念発起して起業することにしました。退職金を資本金に当て融資も調達したいのですが、創業融資って簡単に出るものなのでしょうか?
周りの税理士先生や中小企業診断士の友人に聞いても「銀行は金利で儲けてるんだから、貸さないと利益にならないし大丈夫だよ」と言われています。
でも、無料で受けた融資コンサルタントの人は「そんなに簡単じゃないよ」と言います。
日本政策金融公庫(略称:公庫)や保証協会の相談室に聞いても「審査方法は言えません」と言われて
何が正しいのか分かりません。
創業 B社長
FCに加盟し会社を設立しました。創業融資を申込みましたが断れました。どうしたらよいでしょうか?
公庫に申し込んだのですが、事業計画書が駄目とのことで融資を却下されました。このままでは開業できません。保証協会で融資を確保しないと倒産しそうです。500万の運転資金が必要です。保証協会を確実に通す方法を教えてください。
事業計画書ってそんなに重要なんですか?
創業 C社長
創業して地域経済に貢献しようと考えている我々に融資をする気があるのでしょうか?
保証協会の担当者の考えが分かりません。制度融資を活用して、役所の審査は通ったんですよ!役所がOKだしているのに保証協会がNGだと銀行もNGで全てNGってそんなことあるんですか・・・
保証協会って保証会社みたいなものですよね!?
銀行の担当者も『保証協会が駄目だと、我々も融資できないんですよね』
と言われました。
創業融資のハードルがこんなに高いと創業する人はどんどん減りますよ。
あなたもこのような経験はないでしょうか?
でも、そんなときに、本や雑誌、コンサルタントの言うことをそのまま聞いてしまうと、危険です。
「本・雑誌」「資金繰りコンサルタント」「税理士・会計士」
の情報を鵜呑みにしてはいけません。
現在の日本経済は、ビジネスを行っていくには非常に厳しい環境になっていることは何となく分かる方も多いと思います。
会社を閉鎖しない限り、売上を上げて、利益を出し続ける必要があります。 しかし、現実的にはすぐに結果が出ないことの方が多いでしょう。
そのために、「融資」が必要になるのです。創業時はほとんどの方が必要になると思います。
それと同時に、“融資を受けるための情報やコンサルティング”が世に溢れ出ていることはご存じだと思います。
あなたも、様々な情報を拝見されたと思います。
それが正確な情報であれば、問題ありません。
我々自身、本や銀行OBという方々の話や情報に目を通してみました。
しかし、「創業融資はこんなに甘くないぞ!」「こんな内容では貸せないぞ」という情報がほとんどだったのです。
融資を受けるための情報というと、裏技的なものが多いように感じます。
「とっておきのノウハウ」というような形で紹介されています。
しかし、真実でない情報も多いのです。
たとえば・・・
よく融資コンサルタントから「資本金をなるべく多くするために、一旦1000万円で会社を作って、その会社で出せば簡単に融資は出る」と言う浅はかなコンサルタントにだまされる経営者がいらっしゃいます。
これはいわゆる「見せ金」というもので銀行業界ではご法度です。融資面談の時に通帳を必ず見られますのでその時にバレます。バレると悪質経営者というレッテルを貼られ再度融資を受けるには最低でも1年以上かかります。
経営者の中には非常にまじめで、全て金融機関にありのままの情報を伝える方がいます。公庫には保証協会でいくらの融資を出している、保証協会には公庫でいくらの融資を出している・・・などです。ですが、この2つの金融機関は組織も違いますので一部を除いて連携は取っていません。馬鹿正直に何でも話してしまって、融資が出なかった・・・経営者が多すぎます。もちろん、故意に嘘をいうのは駄目ですが、言わないでいいことまでは言わなくて良いということです。
サラリーマンの方は一度、会社を退職しなければ融資は出ないということを言っている融資コンサルタントがいますが、明らかな間違いです。保証協会は退職することが必須ですが、公庫は現職の方でも創業融資はしています。副業でビジネスを考えられている人でも申込はできます。
少し厳しいことを言いますが・・・
実は、これらのことを気を付けているだけでは融資は下りないのです。
良く考えていただきたいのですが、“公庫や保証協会が知らない情報”を本やコンサルタントが知っていると思いますか?
当たり前ですが、そんなことはないですよね。 実際に融資マニュアルに則って融資を行っているのは、金融機関なのですから・・・。
「とっておきのノウハウ」と言ってチラつかせているのは、結局は“小手先のテクニック”なのです。
小手先のテクニックや間違った情報だけが出回り、“本質”が置き去りになっていると感じています。
実際はコンサルタントの人たちは、その“本質”を知らないだけなのかもしれません。
たまたま、実践したら融資が出たということをノウハウと言っている感がしています。
赤字の場合でも、実は、「経常利益+減価償却費」でキャッシュフローが回っていれば融資が受けられるのです。(後述します)
公庫も保証協会も利益を上げないと存在が危ぶまれます。企業に貸し出しを行って、金利や保証料などを獲得して利益を上げていく必要があるのです。
ただし、返済が危ない会社、事業計画の甘い経営者には融資をしません。
よく言われる「晴れの日に傘をさして、雨の日には傘を取り上げる」のが金融機関だと言われる所以です。この点も「貸し手」の理屈に立てば理解できます。
お金を貸す方は「返済の見込みがあるか」「計画の信憑性」を重視します。
あなたはお金の返ってくる見込みのない会社や人に貸しますか?
借り手の理屈ではなく貸し手の理屈も考える必要があります。
「貸す/貸さない」という判断をするために、 金融機関は個人信用情報を取得しています。
もちろん、どういう風になっているのかは教えてくれません。
申込の際に個人情報取得の同意書にサインを求められ、信用機関へ調査を行います。
金融機関は返済の期日をしっかり守っている人かどうかで判断しています。
信用情報に傷があると、融資のハードルは非常に高いものになります。
銀行の考え方・ルールを知った上で融資を申込まなければ、本質がつかめず意味のない情報に振り回されてしまいます。
財務状況を把握するために必要になるのが「資金繰り表」です。
資金繰り表とは、簡単に言ってしまえば、現金の流れを知るための表です。
金融機関が大変重要視している資料ですが、中小企業では、きちんと用意している方は、ほとんどいません。
特に創業の方は一体何のことか?という方も多いと思います。
アピールすべき材料や融資を引き出す「伝家の宝刀」なのに、アピール出来ていない方が大多数です。
税理士などに聞いても書き方は教えてくれますが、金融機関にどのように出せば融資が通りやすいかは教えてくれないことも多いです。
ですので、融資を受けたいのでしたら、税理士先生の言うことはあまり参考にする必要はないのです。
彼等は税務、経理のプロです。金融機関は財務のプロです。全く分野が違うのです。
つまり、金融機関にとって「貸しても良い企業(経営者)」と判断されればよいだけなのです。
現実的な確度の高い数字をいかに提示するかが重要なのです。夢物語や絵にかいた餅は一瞬にして見抜かれます。
自己資金がなくても融資を申し込める先があるのです。申込≠融資成功ではないのでその点はご注意ただきたいのですが、審査の土俵に乗るという点では画期的だと思います。
自己資金がなくても、融資を出す方法ももちろん存在します。
それにはしっかりとした事業計画と資金繰り表が必要になります。
このような情報をもっと知りたいですか?
わかりました。
ここまで、世間で意味のない情報が出回り経営者が混乱していることや、金融機関側の見方についてご紹介してきました。
私たち自身、20年を超える銀行員生活の中で日々思うことがあります。
「なんで貸し手側の理屈を考えないのだろう…?」
「融資書類が重要なのに。もったいないことしているなぁ…」
そんなことを窓口で面談に来られた方に対して思っていました。
はじめは、「なぜこんなこともわからないのか?」と疑問に思っていましたが、ついに答えができました。
「そうか! 融資審査の判断基準を知らないんだ…」
当たり前の答えですが、これが本質です。
銀行員は外部に転職することも少数なので、このような情報が出ることも少ないのです。
それに、知ったかぶりのコンサルタントや雑誌で都市伝説の様な情報しか出まわっていないので、金融機関側の考えがわからなくいのです。
「融資審査のやり方を知れば…」そう思い立って、私はこのサイトを作りました。
そして、金融機関がどのように融資判断をしているのか、融資を引き出すノウハウが詰まったマニュアルを作成したのです。
公庫や保証協会のことを良く知らない経営者は創業融資は簡単に借りれると思っています。実は創業融資こそが一般貸付の中で最もハードルが高いのです。その創業融資をクリアするためのコツとは?
1番知りたい箇所だと思います。貸すかどうかの判断を公庫や銀行員以外の人は知りません。実は、専門家と謳っているコンサルタントも知っている人はほぼいません。
このマニュアルでは審査基準もお伝えします。
創業融資でポイントとなるチェック項目があります。このチェック項目(審査マニュアル)から逸脱すると大幅な減額、NGになります。
行政書士や税理士に言われるままに、あることをしてしまって会社や開業届をしてしまった人は融資が受けることのできません。その後も数年間は融資が出ないでしょう。開業前から戦略を持って登記する必要があります。
希望額を調達するためでは公庫や保証協会の申込フォームだけでは絶対出ません。様々な書類や加える内容が必要になります。必要な準備とは何か?全てお伝えします。
一部の制度を活用することで、自己資金がほとんどなくても創業融資に申し込めることが可能です。
その制度についてお伝えします。
融資の面談は一発勝負で決まります。その1回を失敗すると二度と創業融資は申し込めません。失敗しないノウハウがあります。これを知っているとそうではないのでは全く異なった結果になります。
正直、借りやすい時期というのは存在します。それは公庫や銀行員のノルマに関係するところです。これを知っておくと創業融資だけでなく継続的に融資が出やすくなります。
よくこのことは聞かれます。みなさん多かれ少なかれ、クレジットローンやサラ金で借入があるのでしょう。巷では色々なことが言われていますが、その真意を根拠も示しながら説明します。
通常、創業融資は保証協会付きの制度融資と日本政策金融公庫(公庫)の2回のみですが、ある地域で創業するともう1回申込が出来ます。これは普通のコンサルタントではまず知らないでしょう。
これは銀行員でもほぼ知り得ない極秘情報です。普通は断られるとそれで終了です。ある条件に当てはまる場合においてこの裏技が活用できます。そして、再審査になった場合、ほぼ100%に近い確率で融資が出ます。
・・・といった内容がぎっしり書かれています。(全1 5 6ページ)
この最強マニュアルを創業を考える経営者にご提供したいと思います。
でも、ちょっと待ってください。
マニュアルだけでは不十分です。 なぜなら、「読んで満足して終わってしまう」からです。
そうならないために、次の特典をお付けします。
資金繰り表が大切だということは既にお伝えしました。
繰り返しになりますが、会計士や税理士も詳しく知らなかったりします。最近では行政書士も融資のコンサルティングをしていますが、ベテラン銀行員が見れば、プロが書いたものかどうかが一目瞭然です。
マニュアルだけ読んでも中々上手くいかないと思いますので、資金繰り表などの各種テンプレートを作成しました。実際、我々も使用しているフォームです。
ある経営者にとっては、マニュアルよりもテンプレートの方が価値のあるものかもしれません。
当てはめやすいように、注釈を付けて理解しやすいものをご用意させていただいております。ぜひ、活用してみてください。
<配布形式について>
資金繰り表、損益表はマイクロソフト「エクセル」形式のファイルにて配布しております。
演算式が入っておりますので大変便利です。(ダウンロード方法はマニュアル内に記載)
※このファイルは、エクセル97-2003,エクセル2007での動作を確認しております。
「融資マニュアル+資金繰り表テンプレート」
これだけでも、30万円以上の価値があると思っています。
コンサルタントに頼むだけでも30万円以上はかかります。
コンサルタントも知らない内容が網羅されていますので
これで事足りる経営者もいらっしゃるでしょう。
ですが、
「本当に大丈夫だろうか?」という不安は払拭できないと思います。
我々も逆の立場だと同じです。
そこで、
も合わせて行うことにしました。
普通、融資書類の添削まではしてくれませんよね。
資金繰りや事業計画書などポイントだけの添削はありますが・・・
しかも添削は、金融機関の審査官です。
最初にお伝えしました通り、我々は創業融資の審査が1番多くやってきました。
だからこそ、添削ができるのです。
コンサルタントの添削とは、内容や指摘事項が違うと思います。
我々は創業する中小企業者を応援したいという想いが強く、変なコンサルタントや士業に掴まって失敗する経営者を少なくしたいと思っています。
<添削について>
ご購入日(決済日)より90日以内に限り、3回まで添削致します。
通常、こういった情報は、マニュアルだけでも最低でも3万円以上で提供されようなものです。
さらに、「事業計画書、資金繰り表、裏技ツール」と「審査書類の添削」まで付いているので、10万円でも“普通の値段”だと思います。
実際に融資を担当している現場の銀行員の“本音”を知ることができるのであれば、10万円だとしても、とても安い金額だと私は思っています。
ですが、創業時でお金が必要なときに10万円というのは「ちょっと・・・」
となると思いますので、購入しやすい価格に設定しました。
では・・・いくらでしょうか?
78,000円?
いえいえ、
49,000円?
いえいえ、
なんと24,900円です。
正直、この値段でよいかどうか迷いました。
なぜなら、コンサルタントにたった1回支払う金額よりも安いからです。
ここまでの内容をもう一度ご覧いただければ、
どれだけ価値のあるコンテンツかお分かりになると思います。
しかし、我々にとっては至極当たり前の日々おこなっている業務の一環です。
そのため、付加価値があるからと言って高額な価格を提供するのは抵抗があります。銀行員なので、そこは事業会社の方とは感覚が違うのでしょう
我々が望むことは一人でも多くの経営者の融資がうまくいくことだけです。
マニュアルの受け取り方法はダウンロードとなります。
代金決済完了後に、ご記入いただいたメールアドレスへお知らせします。
net
【お支払方法】
各種クレジット・BitCash・銀行振込・郵便貯金・コンビニ払いに対応
【返品特約】
データが壊れている等、商品に欠陥がある場合には交換にて対応致します。
ノウハウを含む「教材」という商品性質上、それ以外の場合には、
いかなる理由がございましても返品・返金には応じられません。
■「ダウンロード販売(PDF版)」での受取方法について
ご購入時に設定したメールアドレス・パスワードをご利用の上でinfotopユーザーマイページへログインし、ダウンロードを行なってください。お支払いが確認できるまではダウンロード出来ませんのでご注意ください。尚、クレジット・BitCashでのお支払いの場合には、ご購入後すぐにダウンロードが可能です。
マニュアルは、PDFファイル形式です。通常のパソコンであれば、ファイル名をダブルクリックするだけで開くことが出来ますが、万が一開けない場合にはこちらからAdobe Reader(無料)をダウンロードしてから開いてください。ご購入後に 「受取方法が分からない」 等のご不明な点がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。
ここまででも充実した商品だと思いますが、融資を確実に調達するように、
以下の特典もお付けいたします。
銀行に行くにあたって、ポイントを押さえきれていないままになっている可能性があります。
そうならないためにも、銀行に行く前に確認するためのチェックリストをご用意させていただきました。
銀行に行く前に、必ずこのリストを見て、漏れが無いかを確認してください。
事業計画書は融資を実行する上で非常に重要な書類になります。実際、これまで実行された事業計画書のサンプルを特典としてお付けします。
個人が特定されないように修正は加えていますが、ここに記載されている内容にほぼ近いものが通過したとお考えいただいて問題ございません。
この計画書を参考にご自身の計画書作成の一助となれば幸いです。
ここまでは、基本的に「すでにある情報」を元に形成したツールをご紹介しました。
しかし、「マニュアルやツールだけでは、まだまだサポートできていないのではないか?」という疑問がふっと湧きました。
そこで、90日間のメールサポートを特典としてお付けします。
【回数】ダウンロード後90日間内であれば無制限
【連絡方法】メール
融資の審査官と直接やり取りができる権利ですから、本屋さんで売られている書籍では考えられないのではないでしょうか。
実際、我々の中には現役の金融機関の人間もおりますので即日ご返答することは中々難しいでしょう。しかし、あなたからいただいた質問には3日以内に必ず答えさせていただきます。
net
【お支払方法】
各種クレジット・BitCash・銀行振込・郵便貯金・コンビニ払いに対応
【返品特約】
データが壊れている等、商品に欠陥がある場合には交換にて対応致します。
ノウハウを含む「教材」という商品性質上、それ以外の場合には、
いかなる理由がございましても返品・返金には応じられません。
融資を受けられるかどうかということは、これから創業する経営者にとっては大きなポイントとなります。
だからこそ、今回、
■マニュアル
■資金繰りテンプレート
■3回までの添削
■【特典】融資チェックリスト
■【特典】事業計画書見本
■【特典】90日間のメールサポート
という内容で銀行の融資方法をご提供させていただています。
もし、あなたが融資を受けたいと思っており、銀行側の心理を知りたいのであれば、
今すぐマニュアルをご覧いただければと思います。
net
【お支払方法】
各種クレジット・BitCash・銀行振込・郵便貯金・コンビニ払いに対応
【返品特約】
データが壊れている等、商品に欠陥がある場合には交換にて対応致します。
ノウハウを含む「教材」という商品性質上、それ以外の場合には、
いかなる理由がございましても返品・返金には応じられません。
追伸;
公庫も銀行も保証協会も本音は言いません。だから、彼らへの発言および彼らからの発言にも十分、注意してください。
特定商取引法の表記/プライバシーポリシー|お問い合わせ
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
フッター文字
–>
創業融資最強マニュアル&ツール
資金繰り表についてです。小さな会社で経理を担当しております。今まで資金繰り表が無かったのですが新たに作成することになりました。毎月お客様の口座から売掛金を引落しします。会社の口座へは月末に入金されることもあれば、翌月月初に入金されることもあります。また社会保険料は月末が休日であれば翌月月初に引落されると思います。このように月をまたぐ場合の入力方法で正しい方法を教えていただければと思います。①月をまたいでいても当月分として入力し、実績では実際に動いた月に金額を反映させる。②月をまたぐとわかっている月は、翌月分に入力する。以上宜しくお願いいたします。
予算計上での大まかな試算表と毎月の現金収支を予測する資金繰り表を御社でどう捉えるかです。一般的に資金繰り表では毎月のある時点(月末日や御社の支払い日などどこに起点を置くのかで変わります)で、現金や売掛金の把握をするために作成・管理することになりますので、①の考え方ではなく②の捉え方が適しているかと思います。数千万円の純利がある会社で、毎月の収入が数万もしくは数十万の誤差はさほど影響ないレベルかもしれませんが、その規模が小さければ小さいほど正確性を高めることが必須になってきます。質問者様の会社の規模が不明ですので数値化してお答えすることは難しいですが、察するに月末日等が休日にかかる場合は、翌営業日での関係をしっかり管理し、支払いや借入の返済等も実際の実行日に合わせる必要はあるかと思います。
資金繰り表とキャッシュフロー計算書って何が違うんですか?
先に回答がついているとおり、キャッシュフロー計算書は財務諸表の一部で、損益計算書の利益に貸借対照表勘定の増減から計算する、「間接法」という手法で現預金の期中の動きを計算します。この方法は、損益計算書と貸借対照表があれば作成できる為、計算としては非常に簡便で、且つ「営業キャッシュフロー」「財務キャッシュフロー」「フリーキャッシュフロー」「財務キャッシュフロー」と事業特性を把握しやすい区分定義がきちんと為されているので、実績を評価するには非常に良い手法です。但し、将来の予測管理については、貸借対照表の将来の予測が非常に手間のかかるものなので、日繰りなどで作成するには無理があり、将来の予測管理には不向きという特徴も併せ持ちます。一方で、資金繰り表は、直接法という手法で作成されます。これは、入金項目として、手形期日到来分、手形割引による入金、売掛金の回収、借入等の項目を列記し、出金項目も買掛金支払、支払手形期日到来、給与支払い、経費支払、借入金金利支払、借入金返済などと項目を全て列記した上で、その実績及び予定を記載していくやり方です。これは、項目の漏れが無いかを確認する必要がありますが、そこが大丈夫であれば日繰り単位でも資金の入出金の実績や将来の予定が把握できるので、会社の資金繰り管理ではこちらが基本となって行きます。例えば来月20日の支払手形期日到来分の資金が足りないことを事前に把握し、販売先からの回収早期化の交渉を進めたり、金融機関との運転資金借入の相談なども全てこの資金繰り表が基本となってきます。又、事業部門ごとに貸借対照表を分けていない時は、資金繰り表であれば直接法で作成しているがゆえに、事業毎のセグメント別のキャッシュフロー管理が行えるメリットもあります。この辺りは実際のフォームを見比べながら、説明の内容を確認されると分かりやすいと思いますよ。
資金繰り表・資金運用表・資金移動表は大企業中小企業問わず作成するんですか?特に資金繰り表はキャッシュフロー計算書の言い換え表現しかに見えないのですが、全く同じものですか?キャッシュフロー計算書を作成している企業でも作成するのですか?補足キャッシュフロー計算書は決算開示書類として作っているが、資金繰り表は日々の業務の中で作成するものなのでしょうか?四半期キャッシュフロー計算書を作成しているので、あえて月単位で資金繰り表は必要ないように思えるのですがどうなのでしょうか?資金繰り表は中小企業向けで、キャッシュフロー計算書は大企業向けという認識でしょうか?
小さい会社で資金繰りをしていました。キャッフローに、似ていることは似ていますがあそまで細かいことはしませんでした。違うと思います。キャシュフロー計算書は上場会社の企業の実態をより株主債権者に開示するために義務づけられました。しかしそれは決算用で日常の資金繰りとは違うと思いますよ。現実に資金がショートしないかを考えるのが資金繰りなのですから私はそういう風に思います。キャッフローはその株式を買ってくれている方に提供するものです。現実はもっと簡素したもので資金繰りをしなければ、会社としての経営が成り立ちません。月単位で作る会社もありますが昨今の不景気で支払いを待って欲しいと言われたら、訂正もしなくてはいけません。お金がないならあらかじめ借入するとか、そんなことを考えおくのが資金繰りです。CFはもっと色んな角度から資料提供してます。開示するためだからです。資金繰り表とCFは違うとお考えください。
資金繰り表を作成するにはダウンロードして作成するのですかフリーソフトの資金繰り表がありましたただ会員登録をしなくてはいけないので大丈夫かと不安なのですがこのフリーソフトは安全だというものがあれば教えて下さいよろしくお願い致します。
会員登録をしないといけない資金繰りのフリーソフトというのが、ざっとググっても出てこなかったのでそのソフトについてはなんとも言えませんね。ベクターっていうサイトで検索すると、会員登録をしなくても使えるフリーソフトが沢山出てくるのでそちらを探してみてはいかがでしょうか。ベクターにあるソフトは安全性を保っているはずです。フリーソフトを使わずとも、excelで資金繰り表を作れるのですが、コレを使うわけには行かないのでしょうか?無料のテンプレートが揃っているみたいです。https://www.bizocean.jp/doc/category/67/
資金繰り表と財務諸表は全く別物なんですか?
財務諸表は、決算で1年間の経営状況を表す損益計算書と、工場や建設業等の製造原価を別建てして計算している会社の1年間の原価を表す製造原価報告書、決算日の財産状況を表す貸借対照表、剰余金や欠損金をどう処理したかを表す株主資本等変動計算書等です。銀行や株主に1年間の収益と費用を比べて幾ら儲かった(損した)かを示したり、決算日に何が幾ら残っているかを貸借対照表で見て、前年の貸借対照表よりどの項目が幾ら増えたり減ってるかを比べて、1年間の経営状況を示す通信簿の様なものです。資金繰り表とは、前月の現金・預金の残高に、今月のお客さんから売上や今までのツケ払いの代金が幾ら入金になり、問屋や公共料金、給与や税金や経費等で幾ら払う予定があり、今月末にはどれ位現預金が残るか、というのを見るのが、資金繰り表で、お金を銀行から借りるかどうか、中小企業なら、社長さんがお金を会社にいれるかどうかを判断する、内部的なものです。
おすすめの情報