独立・起業・SOHO

合同会社設立法わかりやすい合同会社LLCの作り方

合同会社設立法わかりやすい合同会社LLCの作り方



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

合同会社設立法 わかりやすい合同会社LLCの作り方

■商品詳細:

書籍を読んでも参考となる申請書類が付いてない ・・・
調べてみても難しいことばかり書いていてとまどってしまう ・・・
何を参考にすれば良いのだろうか???
そんなあなたの合同会社起業を応援します。

■商品内容:

PDF50ページ、特典書類13ファイル

■ジャンル:

独立・起業・SOHO

■販売価格:

1980円

■販売者名:

中島 貫行
★独立・起業・SOHO☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

合同会社設立法 わかりやすい合同会社LLCの作り方
合同会社設立法 わりやすい合同会社LLCの作り方
合同会社設立 LLC設立 起業 合同会社 合同会社LLCの作り方
起業するあなたを応援する ・・・
わかりやすい合同会社LLCの作り方
「合同会社設立方法」起業に最適な合同会社LLCを作ろう
書籍を読んでも参考となる申請書類が付いてない ・・・
調べてみても難しいことばかり書いていてとまどってしまう ・・・
何を参考にすれば良いのだろうか???
そんなあなたの合同会社起業を応援します。
合同会社の設立方法を調べてもどれも難しいことばかり。
この「合同会社設立法」があなたをサポートします!
「合同会社設立法 わかりやすい合同会社LLCの作り方」へのご訪問ありがとうございます。
この「合同会社設立法」はあなたがスムーズに合同会社を設立して起業ができるマニュアルです。
書籍には参考となる申請書類が付いていませんし ・・・
インターネットで検索しても、調べるサイトによって様々な情報が氾濫しているし ・・・
具体的にどうすればいいの???となってしまいます。
合同会社の設立って、専門家に任せた方がいいの???
いいえ!大丈夫です! 合同会社で起業したい ・・・
そんなあなたのために「合同会社設立方法」を作成しました。
合同会社設立を難しく考える必要はありません。この「合同会社設立法」の通りに申請書類を作成しその通りに提出すれば良いのです。
これであなたも合同会社(LLC)の設立法がわかります。
合同会社の設立が難しいと感じるのは当然、経験がないからだけでなく、
合同会社の作り方を調べれば調べるうちに、余計な情報まで入ってくる
ために、入って来た情報が整理できないからです。
もう、そのような余計な心配はいりません。
この「合同会社設立法」にまかせてください。
合同会社で起業したい。そんなあなたのためのマニュアルです。
合同会社設立法(LLC設立方法)の内容は ・・・
合同会社の設立(登記申請)時の費用
合同会社の設立(登記申請)前に必要なもの
合同会社の設立(登記申請)までの流れ
合同会社の設立(登記申請)前にしておかないといけないこと
合同会社の設立(登記申請)時の書類の内容
合同会社の設立(登記申請)時の書類の作成方法
合同会社の設立(登記申請)の方法
合同会社の設立(登記申請)後に行うべきこと
合同会社の設立(登記申請)後に行う法人銀行開設の手続き
合同会社の設立(登記申請)後に行う厚生年金・医療保険の手続き
合同会社の設立(登記申請)後に提出しないといけない書類の説明
合同会社の設立(登記申請)後に提出しないといけない書類の提出場所
合同会社で起業したいと思うあなたが困らない内容です。
流れや書類の意味がわからなければ始まりません。
合同会社(LLC)を作りたいと考えたあなたが、どの書類をいつのタイミングでどこに提出するのか。
合同会社(LLC)の設立途中で困らなくていいように。順序や流れ、前後の行動と全てにおいて説明しています。
全て説明しているからと言って、ややこしい内容ではなく、ポイントをおさえて簡潔な内容となっています。
安易に設立代行業者に任せることなく簡単に合同会社を設立することができます。
これから起業を考えるあなたのためのマニュアルです。
あなたが起業に困らなくて良い、無駄を省いた濃縮した内容です。
合同会社の設立方法がいまいち分からないなぁ?というあなたにはピッタリです。
設立代行業者にまかせようかなぁ?というあなたのお悩みを解決です。
合同会社設立法(LLC設立方法)のスペシャル特典です。
合同会社(LLC)の設立を考えるあなたが困らない特典をお付けします。
特典1 メールサポートをお付けします。
メールサポートサポート期間は購入から1年間とさせていただきます。
回数は基本的に1週間に2回とさせて頂きますが、会社設立に向けて動いている時はできる限りわかる範囲で返答をいたします。
ですので上記の範囲を超えることもあると思われます。*税務に関するサポートは行っていません。
特典2 法人登記に必要な書類(13書類)をお付けします。
法人登記(会社設立)時の申請書類をお付けします。
マニュアルの記載例を見ながら、ワード・エクセルで作成できるように書類様式をお付けします。
同梱のワード エクセルファイルはWindowsのみに対応しています。
Word / Excel2003以降で動作確認しておりますが OSの違いによりファイルが、
開けない際にはそのワード エクセルでのバージョンにてファイルを
提供させて頂きますので すぐにご連絡をお願いいたします。
特典3 最終サポート
マニュル購入者には最終サポートとして有料特典をお付けします。
この「合同会社設立法」だけで、合同会社の設立はできます。
が ・・・
時間がない。などの何かしらの理由がある方のみ安価で合同会社の代行設立を行います。
詳細は「合同会社設立法」のマニュアルの巻末に記載していますが、
具体的な条件や価格等が知りたい方は事前に必ずこのページ下部にある「お問い合わせ」よりお問い合わせください。
合同会社設立法 は頑張る「あなた」を応援します!
■商品内容
9,800円 → 特別価格 1,980円
ダウンロードPDFファイル50ページ
法人登記に必要な書類 13ファイル
パソコン内にデータとして、上記の商品をダウンロードできます。
ご注文方法が分かりにく場合には、下記より、ご確認ください。
→ 合同会社設立法 ご注文方法
■ この商品はダウンロード販売のみとなっております。
合同会社設立法があなたの夢や目標のお手伝いをさせていただきます♪
合同会社設立法は頑張るあなたを応援します!
0からのスタートで頑張る方や個人事業からの法人設立のあなた。もしくは、今後起業を考えているあなたかもしれません。
インターネットを通じてではありますが、そんなあなたを応援します。
「人の行く裏に道あり花の山、いずれを行くも散らぬ間に行け」 千の利休の言葉です。
あなたの「夢」や「目標」を聞かせて頂きますとわたしも明日への活力となることでしょう。
この「合同会社設立法 わりやすい合同会社LLCの作り方」は合同会社 設立のスタータキットとなっています。
合同会社の設立に力を入れるのではなく、その後の事業に力を入れるための「あなた」の労力と時間を最大限に少なくするための協力で強力なマニュアルなのです。
プライバシーポリシー
特定商取引に基づく表記
お問い合わせ
copyright 2011 合同会社設立法 わりやすい合同会社LLCの作り方 All rights reserved.
合同会社設立法 わかりやすい合同会社LLCの作り方
合同会社設立から開業届まで今年は起業を考えていますが、いま抱えている仕事を済ませるまでのタイミングが決まりません。事業に必要な申請などの前に、合同会社を先に立ち上げようと考えています。その場合、開業届けは、事業の認可等が進んでからでいいのでしょうか。事業が立ち上がらない限り、売上も発生しないし、法人化を先にした方が、仕事の片づけがスムーズな気がしているので。法的な根拠などあれば教えて下さい。
カテゴリマスター設立の日から2ヶ月以内に提出しないといけません。もし青色申告をしなくても良いのであれば構いません。青色申告を受けるには設立から3ヶ月以内に承認申請書を出さなければいけませんが、これには法人開設届けの控えも必要です。法人開設届けを出さないことによる罰則は無いので出さなくても良いが、青色申告を受けるには結局は遅くとも3ヶ月以内に出さなきゃダメということになります。法的根拠は法人税法第121条にある青色申告です。
登記申請書の代理人についてです。代理人は専門の知識や資格を有するものでなくてはなりませんか?たとえば、高齢の祖母は足腰も悪いため、法務局に行き来したりするのは大変なので孫が代理人ととして登記申請書を提出することはできますか?
登記の申請は,必ず本人がしなければならない性質のものではないので,代理人による申請も認められています。代理人によって申請する場合には,登記権利者又は登記義務者からの委任状を申請書に添付しなければなりません。
合同会社にしろ株式会社にしろ、法人を設立するのに何か欠格事由はあるのですか?例えば自己破産してから何年以内は法人化出来ないとか、懲役刑に服してから何年以内は法人化出来ないとか
カテゴリマスター会社法331条の規定により、以下の条件の方は役員になれません。成年被後見人もしくは成年被保佐人に該当する者会社法、証券取引法、破産法など会社に関連する法律違反の罪を犯し、刑の執行が終わり、または刑の執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者上記3以外の罪を犯して禁固以上の刑に処せられ、または刑を受けることがなくなるまでの者(執行猶予中の者は除く)株主として設立するのは大丈夫ですよ。ホリエモンも他の人を役員にして、会社を作りましたので。
合同会社設立の際の資本金以前は設立出資者が数人の場合、代表社員の銀行口座に各々が振込みその残高の載った通帳をコピーして法務局に提出するのが常識でしたが、先般友人が設立した際、法務局側では出資者が数人の場合でも、代表社員の銀行口座に資本金と同等の金額が残高として表示されていれば良いとの説明を受け、普通に入金して残高をコピーして提示したところ実際問題なく設立でき、現在稼働中とのことです。ちなみに資本金は300万発起人は2名です。質問は、私もこの度設立するのですが、実務上代表社員の口座に振り込みなどしなくても合計資本金を通常入金することで問題ないのでしょうか?
代表社員が作成した出資金額の領収書と預金通帳(表紙と該当ページ;名義は発起人を代表する者)の写しを合綴した書面でOKです。持分会社の設立の場合,出資に関する払い込を銀行等の払込取扱機関でしなければならないという制約はありませんので,上記の領収書のみでもOKです。
合同会社の設立についてです。会社を未成年が設立する場合は、保護者の承諾が必要との事ですが未成年って20歳以下ですよね。18歳以下(高校生を除く)ではないですよね?
今の法律では20歳ですね。法改正も叫ばれていますが、実現していないですね。
おすすめの情報