独立・起業・SOHO

合同会社(LLC)本店移転手続パーフェクトマニュアル

合同会社(LLC)本店移転手続パーフェクトマニュアル



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

合同会社(LLC)本店移転手続パーフェクトマニュアル

■商品詳細:

こちらのマニュアルでは、合同会社(LLC)の本店移転に関する

* 同一管轄内本店移転
* 管轄外本店移転
* 代表社員の住所変更

上記の手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。

 当合同会社(LLC)本店移転手続パーフェクトキットは下記のような方にお勧めです。

 少しでも安く合同会社(LLC)本店移転手続を済ませたい方
 時間があるので自分で動ける方
 自分自身も合同会社(LLC)本店移転手続に携わりたいという方
 超特急で合同会社(LLC)本店移転手続を完了させたい方

■商品内容:

マニュアル全32ページ:Word 11ページ / Excel 2ページ / PDF 19ページ

■ジャンル:

独立・起業・SOHO

■販売価格:

9800円

■販売者名:

株式会社 経営労務ブレイン
★独立・起業・SOHO☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

合同会社(LLC)本店移転手続パーフェクトマニュアル
【合同会社本店移転書式】合同会社LLC本店移転 様式書式雛形サンプル
マニュアル料金:9,800円 
一般の方でも穴埋め式ですべての書類が揃い、あっという間に手続が完了します。
                                  安心の解説マニュアル付
こちらのマニュアルでは、合同会社(LLC)の本店移転に関する
* 同一管轄内本店移転
* 管轄外本店移転
* 代表社員の住所変更
上記の手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。
これまで一般の方150名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいませんので、どうぞご安心ください。
※書式は穴埋め式ワードファイル、エクセルファイルになっていますので、
マニュアルに従って入力いただくだけで、10分もあれば完璧な書類の完成です。
 当合同会社(LLC)本店移転手続パーフェクトキットは下記のような方にお勧めです。
 少しでも安く合同会社(LLC)本店移転手続を済ませたい方
 時間があるので自分で動ける方
 自分自身も合同会社(LLC)本店移転手続に携わりたいという方
 超特急で合同会社(LLC)本店移転手続を完了させたい方
管轄内本店移転とは?
本店移転の内、同一の管轄法務局区域内に本店を移転する場合を管轄内移転と言います。
例えば、新宿区2丁目1番6号から新宿区3丁目4番5号への移転のように、例え本店所在地が変わっても、これまでの管轄法務局が変わらない場合の本店移転のことです。
管轄内本店移転手続きにかかる費用は?
登録免許税 3万円*
*別途専門家へ依頼する場合は報酬が必要になります。
管轄内本店移転手続きに必要な書類は?
必要書類一覧
合同会社本店移転登記申請書
総社員の同意書(定款変更がある場合)
業務執行社員の一致があったことを証する書面
別紙
管轄内本店移転手続きの流れは?
社員総会を開催し、定款変更、本店移転先及び移転時期を決議(定款変更が必要な場合)
業務執行社員の一致による本店移転先及び移転時期の決定(会社によっては省略可)
本店移転
必要書類を作成
登記申請(管轄法務局へ書類提出)
登記完了
諸官庁へ届出
管轄外本店移転とは?
本店移転の内、これまでの管轄法務局の管轄区域外に本店を移転する場合を管轄外移転と言います。
例えば、「新宿区」→「渋谷区」への移転や、「熊本県」→「福岡県」への移転など、これまでの管轄法務局が変更になる移転のことです。
管轄外本店移転手続きにかかる費用は?
登録免許税 6万円*
*別途専門家へ依頼する場合は報酬が必要になります。
管轄外本店移転手続きに必要な書類は?
必要書類一覧
合同会社本店移転登記申請書(旧登記所分)
総社員の同意書(旧登記所分)
業務執行社員の一致があったことを証する書面(旧登記所分)
合同会社本店移転登記申請書(新登記所分)
印鑑届書
別紙
印鑑カード交付申請書
管轄外本店移転手続きの流れは?
社員総会を開催し、定款変更、本店移転先及び移転時期を決議
業務執行社員の一致による本店移転先及び移転時期の決定(会社によっては省略可)
本店移転
必要書類を作成
登記申請(旧管轄法務局へ書類提出)
  ※旧管轄法務局へ全ての書類を提出しますと、新管轄法務局に提出すべき書類は旧管   轄法務局から自動的に移送されます。
新管轄法務局側にて登記完了
新管轄法務局にて印鑑カードの受け取り
諸官庁へ届出
代表社員の住所も変わるのですが・・・?
本店所在地と代表社員の住所を同一住所で登記している方は非常に多いですが、本店所在地移転に伴い、代表者の住所変更手続きも必要になります。
代表社員の住所変更手続きに関しては別途、登録免許税1万円がかかりますが、手続きは同時にできます。
もちろん、当本店移転マニュアルには、代表社員の住所変更手続きマニュアルも同封しておりますので、ご安心ください。
価格
 9,800円 
 内容
当合同会社本店移転パーフェクトマニュアルに含まれる内容は以下になります。
1.合同会社の本店移転手続書式【同一管轄内移転】フォルダ
合同会社本店移転登記申請書
総社員の同意書(定款変更がある場合)
業務執行社員の一致があったことを証する書面
別紙
※全書式(ワード)及び書き方マニュアル(PDF)を同封しております。
2.合同会社の本店移転手続書式【管轄外移転】フォルダ
合同会社本店移転登記申請書(旧登記所分)
総社員の同意書(旧登記所分)
業務執行社員の一致があったことを証する書面(旧登記所分)
合同会社本店移転登記申請書(新登記所分)
印鑑届書
別紙
印鑑カード交付申請書
※全書式(ワード)及び書き方マニュアル(PDF)を同封しております。
3.代表社員住所変更手続書式 フォルダ
代表社員住所変更登記申請書
※全書式(ワード)及び書き方マニュアル(PDF)を同封しております。
商品お届けまでの流れ
STEP01:お申し込み
お申し込みフォームより「本店移転手続きマニュアル【合同会社(LLC)版】」の申し込み(お客様)
   ↓
STEP02:お支払い
下記の方法によりお支払い頂けます。
クレジットカード、銀行振り込・郵便振替、コンビニ決済、BitCash(お客様)
   ↓
STEP03:本店移転手続きマニュアル【合同会社(LLC)版】のお届け(納品)
代金決算完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページよりダウンロードしてください。(お客様)
マニュアル全32ページ:Word 11ページ / Excel 2ページ / PDF 19ページ
ワード・エクセル共に2003、2007、2010で動作確認済
 書式は穴埋め式ワードファイルになっていますので、 10分もあればそれぞれの場合において、完璧な書類の完成です。
商品
番号
書式商品名
価格
クレジットカード・
コンビニ・
BitCash決済
034
合同会社(LLC)本店移転パーフェクトマニュアル
32ページ収録
9,800円
パーフェクト書式オンライン販売の書式は、「info top」にてクレジット即決済(※1)、コンビに決済、BitCash決済、銀行振込確認後にダウンロードが可能となります。お急ぎでご入用の方は、E-mailにてご連絡頂けましたら対応させて頂きます。
※1 クレジットカード決済の場合
・カード情報を入力後、所定のページからファイルをダウンロードして購入しますので、
24時間購入可能です。
尚、領収書は発行致しません。クーリングオフは受け付けておりません。
パーフェクト書式オンライン販売の書式は Word2003で作成し、Word2007、Word2010、Windows Vista、Windows7 の動作確認をしています。尚、ダウンロードする際のファイルは、圧縮されています
 「人事労務、法務のパーフェクト書式オンライン販売」の商品販売に関して、以下の通り定めます。
販売料金
商品ごとに定めた金額
代金のお支払い方法
■クレジットカードでのお支払い(1回払い)
クレジットカード決済
■コンビニ振替(前払い) ・BitCash決済
■銀行振込
申込有効期限・領収書
申込有効期限は、14日とさせて頂きます。
14日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます
領収書は、各クレジットカード会社が発行する領収書となります。銀行振り込みの場合、振込明細書を領収書としてご利用ください。
当社からは領収書を発行致しません。
お届け方法・商品引渡し時期
お届け方法は、代金決済完了後、infotopユーザーマイページよりダウンロード又はメールによる送付となります。商品引渡し時期は、代金決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページよりダウンロード
商品代金以外の必要金額
銀行、コンビニ振込の場合、手数料
返品・交換
理由の如何を問わずキャンセル不可です。ダウンロード販売につき、返品・交換はありません。
※ダウンロードに失敗、またはダウンロード期間を過ぎてしまった場合はご連絡下さい。直接データをE-mailにて送付致します。
表現、及び商品に関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、 必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
販売者・販売URL
株式会社経営労務ブレイン(遠地経営労務法務事務所)
〒730-0012広島県広島市中区上八丁堀4番1号 アーバンビューグランドタワー10F
TEL:082-222-8801
http://www.ml-brain.co.jp/LLC-honteniten-online.html
責任者
代表取締役遠地謙介
商品・サービス等に関する問合せ先
株式会社経営労務ブレイン(遠地経営労務法務事務所)
〒730-0012広島県広島市中区上八丁堀4番1号 アーバンビューグランドタワー10F
TEL:082-222-8801FAX:082-222-8802
E‐mail:brain@ml-brain.co.jp
対応地域:パーフェクト書式オンライン販売は全国対応しております。
【地方】
北海道・東北地方・関東地方・東海地方・北陸地方・近畿地方・中国地方・四国地方・九州地方
【都道府県】
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・群馬県・栃木県・埼玉県・千葉県・
東京都
・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・岐阜県・長野県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・奈良県・鳥取県・島根県・広島県・岡山県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・熊本県・佐賀県・大分県・沖縄県
【都市】
札幌・盛岡・青森・仙台・秋田・山形・福島・水戸・宇都宮・前橋・さいたま・千葉・東京・横浜・新潟・富山・金沢・福井・甲府・長野・岐阜・静岡・名古屋・大津・大阪・京都・神戸・奈良・和歌山・鳥取・松江・岡山・広島・山口・徳島・高松・高知・松山・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・那覇
【近隣地域】
広島市中区、広島市西区、広島市南区、広島市東区、広島市安佐南区、広島市安佐北区、広島市佐伯区、広島市安芸区、安芸郡府中町、安芸郡海田町、安芸郡坂町、安芸郡熊野町、呉市、東広島市、廿日市市、大竹市、江田島市、竹原市、安芸高田市、三次市、庄原市、三原市、福山市、府中市、豊田郡大崎上島、山県郡安芸太田町、山県郡北広島町、世羅郡世羅町、神石郡神石高原町、岩国市
(c)2006 株式会社 経営労務ブレイン All rights reserved.
合同会社(LLC)本店移転手続パーフェクトマニュアル
法務局の不動産登記簿のネット検索を利用していますが、マンションの場合、部屋番号はどのように入力するのでしょうか?例えば13階24号又は1324などとなるのでしょうか?宜しくお願いします。
私が知っている法務局では,住居表示番号から地番や家屋番号を教えてくれます(ただし,その法務局の管轄内の分)。全国の法務局でそれをやっているかどうかわかりませんが,まずは,管轄の法務局に電話で聞いてみてはどうでしょう。また,登記事項証明書をオンライン請求する場合,「オンライン登記情報検索サービス」というものがあるようなので,利用するのも1つの方法だと思います。法務省のHPにマニュアルが掲載されていました。http://t-k-download.moj.go.jp/application/manual/kani_johokensaku.p…
法務局というところは、管轄するところ又は、担当者で対応が異なるのでしょうか?抵当権の抹消をしようと、先ほど、法務局に行ってきました。(雪の為に、お客さんは誰もいませんでした)受付の方に、銀行から送られてきた書類一式を渡しましたが、・申請書類に記載がなければ受付けできない。・申請書は、自身で作成して作成して下さい。・わからなければHPで確認して下さい。(法務局では作成しない、ひな型も渡さない)・それでも、わからなければ、費用はかかるが司法書士さんにお願いしたほが良いと言われ、全くの無駄足でした。以前に、この知恵袋で、法務局に書類一式を持参すれば、簡単にできると親切にご回答を頂いたのですが、受付の方は、アルバイトなどで何も知らないのでしょうか?このような場合、何度か足を運んで、今回の受付の方がいない時を狙って行くしかないでしょうか?
>以前に、この知恵袋で、法務局に書類一式を持参すれば・・・書類一式とは登記申請“書類一式”=登記申請書、登記原因証明情報、委任状等々を指しての回答だと思います。>全くの無駄足でした。貴方の側に不備があるのですから何度通っても同じ無駄足です。>受付の方は、アルバイトなどで何も知らないのでしょうか?登記申請を受け付ける窓口の人間はバイトではなく職員です。>今回の受付の方がいない時を狙って行くしかないでしょうか?法務局の当該窓口は申請書の受付窓口です。それを銀行から来た書類だけを持って行ってこれで登記して下さいでは日本全国どの法務局でも通用しません。言われ様は違っても最終的な扱いは同じ。次に法務局に行くときは、登記申請書類一式を準備して下さい。但しそれを窓口の職員や登記相談でこれで合ってますかと言うのは聞けません。申請するだけして間違いがあれば後日補正となります。
法務局に供託とは、どういう事でしょうか?出来れば、その流れを教えて頂けませんか?
法務局にお金を預ける手続きです。供託にはいくつか種類があるのですが、相手がこちらの支払うお金を受け取ってくれなさそうなときに、法務局にお金を預ければ支払ったことになる、というのが典型的な場面です。この場面は支払い(弁済)のための供託なので、「弁済供託」と呼びます。手続きとしては、管轄の法務局に預けるお金を持参し、誰に対する何のための供託なのか書類に書いて、預けるお金と一緒に窓口に提出します。(他にも必要書類があるので、実際に供託する際は法務局のホームページ等でご確認ください)すると、法務局から、相手に「供託がありましたよ」という通知が郵送されます。相手がそのお金を受け取りたい場合には、受け取る手続きを法務局に出向いて行います。
法務局の人権相談ってパワハラも相談できるってあるのにそれを人権侵害だ、みたいに相談したら、それは労働局管轄だからそっちに行け的な事言われて終わりでした。調査に乗り出して欲しいんですけど。もちろん強制力伴わなくてもいいから。何のための相談か分かりませんね。ここはどのような相談が受けつけてもらえるのでしょうか?
権限を利用した嫌がらせは都道府県労働局や労働基準監督署が得意にしているでしょう。一応管轄権は法務局にもありますけど。法務局というと他の行政庁が専門にしていない人権になるでしょう。外国人、刑の執行を終えた人、ゲイやレズなど性的少数者への差別や侮辱行為、障害者に対する差別や侮辱行為など。
法務局へ出向いて法人登記を確認しましたら「登録されてません」と言われました。実は、当方の居住マンションの管理会社(不動産屋)の職務があまりにもいい加減です。今後、何か大きなトラブルが起きたときに備え、時間が許す限り、コツコツと証拠固めの行動を起こしてます。そのひとつとして、法務局に出向いて法人登記の確認をしました。ところが…結果は「この会社は登記されてません」との答えでした。不動産屋と言う会社(業界)では、法人登記する必要(義務)は無いのでしょうか?素人の浅知恵としては(仮にも家賃や建物の管理をしてる以上)営利があるわけですし、営利が発生すれば納税義務が発生するわけですから、法人登記(もしくは、同様な登録?)の義務が必要かと思うのですが。今回、私が知りたいコトは①規模は大なり小なり、不動産業を営む際、法人登記の義務は有るのか?②法人登記以外(同様の機関)の、会社(企業)として登録する行政機関は有るのか?③不動産業界にとって(いい加減な職務をしてた場合)通報されたら怖い機関(もしくは団体)以上の3つです。一番知りたい事は①です。②は解る範囲で結構です。③は今回の趣旨から外れますので、オマケ程度(もしくは回答無し)で結構です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
参考サイトはこちらhttps://www.zentaku.or.jp/about/flow.html法律上①個人での経営は可能で法人登記義務はないとのこと宅建協会のサイトより引用宅地建物取引業は個人での開業も可能ですが、ビジネスを積極的に展開させようと考えている場合には、会社として法人格にした方がメリットは大きいといえます。会社を設立する場合は株式会社になりますが、いくつかの要件を整えた上で設立の手続きを行うことになります。②ないはず法人登記に関しては法律で定められているようです法務省HPより引用手続名商業・法人登記申請手続根拠商業登記法第17条ほか手続対象者商業・法人登記を受けようとする会社その他の法人の代表者提出時期一定の期間内に申請をすることが義務付けられています。提出方法申請書を作成して,所要の添付書類を添付の上,申請人又はその代理人が,登記を申請する会社又はその他の法人の本店若しくは支店又は主たる事務所若しくは従たる事務所の所在地を管轄する登記所(法務局若しくは地方法務局若しくはこれらの支局又はこれらの出張所)に提出してください。提出先登記を申請する会社又はその他の法人の本店若しくは支店又は主たる事務所若しくは従たる事務所の所在地を管轄する登記所(法務局若しくは地方法務局若しくはこれらの支局又はこれらの出張所)が提出先となっています。管轄登記所については,法務局ホームページ「管轄のご案内」をご覧下さい。③都道府県庁の宅地建物取引業担当課ここが免許の発行してるとこらしいのでここじゃないでしょうか
おすすめの情報