スポーツ

進化型バレーボールコーチングオンラインクリニック総集編DVD(5クリニック開催分)

進化型バレーボールコーチングオンラインクリニック総集編DVD(5クリニック開催分)



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

進化型バレーボールコーチングオンラインクリニック 総集編DVD (5クリニック開催分)

■商品詳細:

足立龍哉:日本における新たなバレー指導の形を提言する
FIVB公認インストラクターによるオンラインクリニック

昨年より大好評実施してきたオンラインクリニック。
これまで数百名の方にご参加いただきました。
これまでオンライン上でのみの配信をしてきましたが、
「DVD媒体でもっとゆっくりと何度も確認したい・・・」
というご要望を数多くいただきました。
今回第3回から第7回までの5回分をセットにして販売させていただきます。

「もっと早くこういったクリニックを受けたかった!」
「これまで勝てない相手に勝てるようになりました!」

参加者より満足の声・具体的な成果報告をいただいています。

足立が知っている知識や実例を出し惜しみせず、精一杯分かりやすく、
そしてあなたが即、実行可能な形でお話し、
また、出来る限りの質問にお答えすることで実施してまいりました。

これは足立が多くの方々の協力を得ながら磨いてきたノウハウのご提供です。
通常であれば5000円から10000円をいただいて実施するセミナーの内容ですが
今回DVD1本あたり、非常に安価でご提供をさせていただくので、
本当に前向きにチームの戦績を伸ばしたいと思っている人にのみ、
申し込んでいただきたいと思っています。

是非足立の総括ノウハウを学んでいただき、今後の指導に活かしていただければと思います。

進化型バレーボールコーチング事務局

■商品内容:

DVD10枚セットバレーボール指導

■ジャンル:

スポーツ

■販売価格:

14800円

■販売者名:

合同会社貢献力
★スポーツ☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

進化型バレーボールコーチングオンラインクリニック 総集編DVD (5クリニック開催分)
進化型オンラインクリニック総集編DVD発売のお知らせ | 究極のバレーボール指導方法。足立 龍哉の進化型バレーボールシステム
ログイン
大きくする 標準 小さくする
進化型オンラインクリニック総集編DVD発売のお知らせ
2012/06/04
「過去のオンラインクリニックを観たいのですが・・・」
という多くの皆様のご期待にお応えして発売が決定!
進化型コーチングオンラインクリニック
総集編DVD(5クリニック開催分)
昨年より大好評実施してきたオンラインクリニック。これまで数百名の方にご参加いただきました。
これまでオンライン上でのみの配信をしてきましたが、
「DVD媒体でもっとゆっくりと何度も確認したい・・・」
というご要望を数多くいただきました。
今回第3回から第7回までの5回分をセットにして販売させていただきます。
「あのとき参加しておけば良かった・・・」
とお考えの方はこの機会に是非ともご購入ください!
足立龍哉:日本における新たなバレー指導の形を提言する
FIVB公認インストラクターによるオンラインクリニック
  「もっと早くこういったクリニックを受けたかった!」
  「これまで勝てない相手に勝てるようになりました!」
参加者より満足の声・具体的な成果報告をいただいています。
実際に指導した際の動画を使いながらポイントを解説していく形式がこのクリニックの特徴です。
【オンラインクリニック実施の意義】
これまで数多くの指導を行ってきましたが、このような
オンラインでの取り組みをしてきたのには理由があります。
それは指導者は皆「誰しも時間に制限がある」ということです。
日々の業務に追われている、遠隔地からの旅費もバカにならない、
という声を良く耳にします。
そこで、インターネット環境があれば全国の指導者の方に誰でも
参加いただけるオンラインクリニックでの指導を企画してきました。
これは日本バレーボール界でも新たな試みとなり新たな価値をもたらすのではないかと考えています。
DVD1巻:第3回クリニックの内容
(2011年11月6日実施分)
第1部 バレーボールデータ(スピード)について
サーブ(ジャンプスパイクサーブ、ジャンプフロートサーブ)のスピードとは
トス(クイックトス、平行トス、等)のスピードとは
ペネトレーション(セッター)にかかる時間とは
反応時間 等についてのデータ
第2部 セッター(育成)について
セッターが必要とする動きと姿勢
フォーム
コンタクトの種類
タイミングの取り方
練習方法 等
DVD2巻:第4回クリニックの内容
(2011年12月21日実施分)
第1部 特別Q & Aについて
パワーをつけるサーブの練習方法とは
ブロックのタイミングの取り方とは
リベロのトレーニング方法とは
速い攻撃を防ぐためには
体育館が使用できない時の練習方法とは
左利きのアタッカーがレフトで打つ場合の注意点とは
第2部 基本的なシステムと戦術について
システムについての基本的な考え方
バレーボールで使われているシステム
サーブのシステム
サーブ・レシーブのシステム
ブロックのシステム
システムとフォーメーションの関係
システムと戦術の関係
基本的な戦術の考え方
特殊な戦術
「海外映像分析・解説」
DVD3巻:第5回クリニックの内容
(2012年1月21日実施分)
第1部 特別Q&Aセッション
リバウンドプレイについて
ラリー中の攻撃とカウンター攻撃について
アタックのパワーを増すトレーニングについて
バックアタックのトスについて
第2部 アタックの基礎について
姿勢と助走(アプローチ)
基本的な踏切と技術的な踏切
手・腕の動き(アームスイング)
ボール・コンタクト
基本的なタイミング
V字アプローチ
特殊なアプローチ方法
セミ・サークルアプローチ
ポジション4(レフト前衛)でのアタック準備と動作
サーブ・レシーブからの基本的なアタック動作
バック・アタック
第3部 チームフォーメーション(守備)について
チームフォーメーションの基本(役割分担)
サーブレシーブのシステムとフォーメーション
海外映像分析
ブロック・ディフェンスのシステムとフォーメーション
ベースポジションとシステム
「海外映像分析・解説」
DVD4巻:第6回クリニックの内容
(2012年3月4日実施分)
第1部 特別Q&Aセッション
アタックの踏切とは
ペネトレーション、トランジッション、カウンターアタック 等の意味
チーム指導で共通して行う事
第2部 サーブ・レシーブの基礎 基本的な練習方法について
サーブ・レシーブの基本的なエリメンツ
姿勢と動き
サーブレシーブの段階的練習方法
動きを加えたサーブ・レシーブ練習方法
コンタクト、入射角と反射角、返球位置、返球軌道、役割分担
オーバーハンドレシーブ
第3部 サーブ・レシーブからの攻撃(レセプション・アタック)
レセプション・アタックの基本的な準備
ポイント移動における注意点
レセプション・アタック レフト・センタープレイヤーの場合
バック・アタックの動きと攻撃
レセプション・アタックのシステム
「海外映像分析・解説」
DVD5巻:第7回クリニックの内容
(2012年4月14日実施分)
第1部 特別Q&Aセッション
ネットプレイについて(練習方法/動画使用)
ブロック後のセンタープレイヤーの動き(移動方法・移動ポイント)について
サーブを打つタイミングは、8秒間のどのタイミングで打つと良いか
アタッカーがフェイントする際に、相手のどこにフェイントすることが有効的か
第2部 ディフェンスの基礎 基本的な練習方法について
アタック・レシーブの基本的なエリメンツ
レシーブに関するスピードデータ
動き/フットワーク
レシーブ前のアップ
両膝を使ったタイミングの取り方
ステップを使ったタイミングの取り方
特殊なステップを使った練習
反射力を高めるトレーニング
ワン・マン レシーブの考え方
スイッチ・カバーリング動作
2選手による繋ぐ動作
反射力を高める練習
アタックカバーの練習
オーバーハンド・レシーブ
第3部 レシーブからの攻撃について
レシーブからの攻撃/基本的な準備
守備に必要なターゲット
レシーブ後の移動ポイント
「海外映像分析・解説」
足立式トレーニング
(例)効果的な方法
K様
配信当日は視聴する事ができなかったので、録画で拝見しました。
個人的にバレーの技術に関して説明を受ける機会がなかったので
非常に新鮮に視聴することができました。
サーブは初心者でもできる重要な攻撃なので、今回教えていただいた事を
参考にして練習に取り入れていこうと思います。
S・S様
普段なかなか得ることのできない情報を手軽にできたことは大変有意義であった。
次回もまたエントリーしたい。希望としては休みの日の開催をお願いしたい。
N・M様
斬新な企画でした。費用も安くてよかったです。
M・I様
足立さん、今回はどうもありがとうございました。普段、授業が忙しくなかなか
まとまった時間を取ることが難しいので自身のスキルアップを行う機会が
ありませんでした。
若干資料を映したときの画像が見えにくいこともありましたが、
別途資料をお送りいただいたので問題ありませんでした。
また、後からも再度閲覧できたので、復習をすることで理解が深まりました。
ありがとうございました。
また参加させていただきます。
●FIVB公認インストラクター
●1988~FIVB公認インストラクター
●2007~ACP CEO/代表
2009~2010
UAEナショナルチームを指導
1996~2007
JVAに従事
1995
バーレーンナショナルチームを指導
1988~1994
フランスナショナルチームを指導
1986~1987
プロ選手としてヨーロッパでプレー
1982~1985
米・NCAAでプレーオール・アメリカンに選出(2回)
500ページを越える解説用資料のご提供
足立氏がこれまでの英知を結集させて作った解説用資料もプレゼントいたします。
クリニックの中で使用したものですが全5回分は計500ページにも及びます。
(DVD内ファイルでのご提供をさせていただきます。)
解説書になりますので、普段なかなか得ることのできない資料となります。
これだけでも参加する十分なメリットとなること間違いないでしょう。
配送版 動画720分
14,800円(税込)
+送料500円
「第3回以前の第1回・第2回のクリニックは販売
しないのでしょうか?」
申し訳ございません。第1回・第2回につきましては、映像の状態などを加味し、
現在のところ販売する予定がございません。
別途特典や教材として進化型コーチング登録者様にはご提示させていただく予定です。
これまでに7回のセミナーを実施いたしました。
限られた時間の中ではありましたが、回を重ねるごとに
非常に多くの方に参加いただきありがとうございました。
多くの方から終了後絶賛のお言葉を頂戴しています。
オンラインクリニックでは足立が知っている知識や実例を出し惜しみせず、精一杯分かりやすく、
そしてあなたが即、実行可能な形でお話し、
また、出来る限りの質問にお答えすることで実施してまいりました。
 これは足立が多くの方々の協力を得ながら磨いてきたノウハウのご提供です。
通常であれば5,000円から10,000円をいただいて実施するセミナーの内容ですが
今回DVD1本あたり、非常に安価でご提供をさせていただくので、
本当に前向きにチームの戦績を伸ばしたいと思っている人にのみ、
申し込んでいただきたいと思っています。
是非足立の総括ノウハウを学んでいただき、今後の指導に活かしていただければと思います。
進化型バレーボールコーチング事務局
配送版 動画720分
特定商取引法に基づく表示
100%満足保障いたします。
【返品対象】
30日間、DVDをご覧いただきもしご満足
いただけなかった場合は教材購入時の価格で全額返金致します。
【返品時期】
ご購入後 90 日以内にご連絡があった場合に返金可能となります。
【返品方法】
メールにて返金要請いただき、商品を返送ください。
その際の送料はご購入者様負担となります。
30 日以内にご購入代金を指定の口座へお振込いたします。
足立龍哉プロデュースプログラムのご紹介
様々なバレー理論がある中で、足立氏の理論は、世界標準となっているバレーに対応できる唯一のものであると考えられる。世界とのレベル差を考えるにあたって、体力・スキル以外の部分もかなり多いことに気づかされる。今まで身につけてきたものが生きない内容ではなく、それらも効果的に発揮できるような、いわば考え方の「幹」となりうる。
現在の日本の指導者のバレーボール理論は世界標準であるのか?世界で勝つために、選手の能力だけで勝敗が左右しないためには、指導者のコンセプトと選手に納得させる確かな裏付けが必要である。この進化形オリジナルDVDは「一貫指導の極み」ともいえよう。足立氏の理論の総まとめが進化形オリジナルDVDなのである。
前作T&Hから出されたDVDと重複している箇所があるが、より深く追求された内容は、十分なエビデンスをもとに丁寧に紹介されている。モデルチームは初心者を含めた県立学校の高校生である。(県大会出場レベル)今までに見たことがない練習方法や初めて耳にする理論があるが、それらは決して「特定の人」「特別なトレーニングを受けた人」しかできないような限定されたものではない。各選手のレベル、チームのレベル、もしくは指導者のレベルに準じて段階的に実践できる。そこには科学的なデータに基づいた確かな証拠があるために、無理なく怪我なく、合理的な技術・戦術がマスターできる。理論→方法→実践が体系化されており、モデルチームの高校生が足立氏のコーチングを受けながら、確実に上達している姿も見られる。
トップレベルの指導から学校での部活動、そして体育の授業での指導に即役立つ内容が満載である。Vol.1~Vol.5まであるが、単にバレーボールの技術の紹介のみではない。フィジカルそしてメンタル面で選手を鍛え、さらに各スキルの相互作用から、スパイラル的に技術が伸びていくため、マスターしていくと、練習と実践での極端な違いがなくなる。パフォーマンス的な練習は一切なく、それだけ、実践に即した、実践場面で必要な選手目線の指導がなされている証拠である。革命的なDVDであると言える。
指導者のバイブル的存在として、手元において置きたいものである。しかし内容を踏まえた上で実際に指導を行い、さらに繰り返し観ることにより、指導理論の深化や各スキルのとの繋がりが鮮明になることから、二度三度と観る事の重要性に気づくと思われる。完璧に理解しより成就感を得るためには、この繰り返し観ることが非常に大切なのである。
特定されたテーマをもとに限られた時間の中で、理論とその実践を紹介している。
毎回、現場指導者のリアルな声をもとにQ&A形式を取り入れ、さらにオンライン中の視聴者の生の声も採用されている。
日本バレーボール界の指導普及のために、熱く語られる内容もある。
過去実施のオンラインクリニックの総集編DVD。
足立先生に一定期間、指導方法についてコンサルティングしてほしいのですが何か方法はないですか?」
はじまりはそんな1本のお電話がきっかけでした。
もしあなたがチームの目標を確実に達成したいという強い想いを持っている指導者なら、足立が3ヶ月間かけて確実に成果の上がる、あなたにあった指導方法を伝授いたします。
managed by RCMS
進化型バレーボールコーチングオンラインクリニック 総集編DVD (5クリニック開催分)
卓球のナックルロングサーブのレシーブの仕方ってどうすれば良いですか?
少し小さいスイングでドライブを打つといい感じに返せます。あとは慌てずに自分のタイミングで打つことですね。
ペネトレーションテストとはなんですか?
ペネトレーションテストとは、コンピュータやネットワークのセキュリティ上の脆弱性を発見するために、システムを実際に攻撃して侵入を試みる手法のことです。特に、ネットワーク接続された情報システムが外部からの攻撃に対して安全かどうか、実際に攻撃手法を試しながら安全性の検証を行います。不正に侵入できるかどうかだけでなく、DoS(サービス拒否)攻撃にどの程度耐えられるかを調べたり、侵入された際にそこを踏み台にして他のネットワークを攻撃できるかどうかなどを調べる場合もあります。
速いサーブに対するサーブレシーブ。2週間後に大会があり、リーグ戦で1位を争うであろうチームはサーブが武器で、他の要素は負けていないと思うのですが、練習試合でもサーブでやられてしまいました。ジャンピングフローターはスピードがあるし、フローターもバックのレシーバーの間や、サイドラインとの間を狙うコントロールがあり、いい流れでリードしていても連続得点でひっくり返されてしまいます。チーム全体としてはサーブレシーブは悪くないと思うのですが、スピード系が苦手なのかもしれません。サーブレシーブを得意とする選手が1人いるのですが、きっちりはずして打ってきます。あと2週間で個人のスキルが飛躍的に向上することはないと思うので、あくまでも応急処置としてでも結構ですので、スピード系のサーブレシーブで、どんなアドバイスなり練習をするといいでしょうか。よろしくお願いします。
他の回答者様の仰っていることはどれも正解だと思います。そのうえで、あと2週間ないのですよね。技術は急に伸びないので、現在持っている技術で何とか対処しようとしたら。。。私が緊急処置でたまに使う手段を1つ提案します。3-2のW型の基本どおりのフォーメーションを、2-3のM型にしてみてはどうでしょう?中学女子の低いネットすれすれにスピードのあるサーブは、前のレシーバーだとオーバーキャッチになると思うので、それが出来るのならばそれでいいのですが、バックレシーバーが処理することが多いのではないでしょうか。前衛中央の選手は自分がとるべきか後に任せるべきか、その判断が難しいのですが、難しいのであればいっそのこと前衛中央を後ろに下げてしまう。ランニングセッターの出所とか、アタッカーの配置とかいろいろ考えないといけませんが、2週間なら何とか間に合うぎりぎりかなと思います。私は試合中に「2-3」と指示をするとバック3人でサーブレシーブするように決めてあります。スピードサーブ対策の一つです。いつも使い慣れたフォーメーションではないので、逆効果になって崩れてしまう可能性もあることを十分にご理解いただいたうえで検討してください。
卓球歴10年以上のシェークドライブ型です。私はサーブレシーブが昔から苦手です。サーブはツーバウンドするぐらいの上回転サーブからの展開が多いのですが、あまりこっちから打つ展開にもっていけず、ブロックからのカウンターみたいな流れになりやすいです。やはりドライブ主体であればサーブは下回転主体でいったほうが良いのでしょうか?
カテゴリマスターサーブレシーブはたいていはダブルス様式(来るコースを限定させる)で練習するのが手っ取り早い。また、考えとしては古いが、両ハンドではなく、どちらか得意な側を徹底して高めておきたい。少々回り込んでも強打ができると得点になったり、展開が有利になるのと、弱い側があることで、油断や来るコースが読みやすくなるのもある。足元を安定させしっかり踏み込むのがいい。以下の順番で高めていく。1、中途半端なバウンドにはフルスイングのドライブないしスマッシュ2、短い切った下回転サーブにフリック3、ハーフロングに対して低くループドライブ4、不意に来たロングサーブに対してミート打ちやはり、レシーブに費やす時間を多くしていくほうがいい。戦術や戦略として、ドライブマンだからと言って下回転からの展開でもなく、相手も様々なので、実戦で使うサービスやレシーブは、相手によって異なる。知らない相手には前半の1~2セットを様々試して特徴をつかみたい。というか、自分がドライブマンという制約もあっていいのだが、悩むなら、そうした「こだわり」は相手攻略だけでなく上達の邪魔にしかならない。臨機応変が大切である。
ペネトレーションテストとは何ですか?
カテゴリマスターペネトレーションテストとは、ネットワークで外部と接続されているシステムの安全性をテストする手法のひとつです。既知の技術を用いて実際にシステムへの攻撃や侵入を試み、システムにセキュリティ上の脆弱性がないかどうかを調べます。別名「侵入実験」や「侵入テスト」などとも呼ばれます。
おすすめの情報